20. 銀座・汐留ランチ(和食)

2008年5月21日 (水)

八丈島 ゆうき丸

今日は最近銀座に出来たスワロフスキーのビルの横にある八丈島ゆうき丸に行ってみる。とても分かりにくいところにエレベーターがあるので、お昼時に道でチラシを配っている。自分もそのチラシ配りで初めてお店の存在に気がついた次第。

エレベーターで7階へ。カウンター席に座る。オススメの一品は毎日変わるみたい。今回は名物と銘打ってある「カジキマグロと大根のあら煮」を頼む(1,260円)。カウンター席から見える厨房からは絶えずコツコツと包丁の音がする。きっと夜の仕込を行っているのだろう。お茶を飲みながら待っていると、料理が運ばれてくる。かなりのボリューム。

Yuukimaru1

コンニャクと茄子の煮物、ライス、茶碗蒸し、お吸い物、そしてメロンが付いてくる。品目が多くて豪華。

Yuukimaru2

メインのカジキマグロと大根のあら煮。カジキマグロと味が完全に染み込んでいる大根が美味しそう。細かい骨に注意しながら食べる。背骨の周りに付いている肉の部分が柔らかく甘くて美味しい。かなり食べられる部分が多いのでかなり満足。品目が多いので食べていて飽きない。最後に残る背骨の形が面白い。食べ応えがあってかなり満足でした。あら煮以外にも海鮮丼や鰻も扱っているみたい。ランチは手ごろな価格だけれど、夜は結構いい値段するんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

叙々苑 牛丼

銀座コリドーに叙々苑が出来たので、行ってみる。お目当てはランチ限定メニューの牛丼。店内に入り、早速牛丼を頼む。1,200円で牛丼、サラダ、キムチ、スープにドリンク一杯が付いてくる。コストパフォーマンスはそれほど悪くないかも。

Jyojyoen1

運ばれてきた牛丼セットがこれ。自分は使わないけれど、紅生姜もついてくる。

Jyojyoen2

 

タマネギはちょっと硬めに煮込んである。個人的にはトロトロに溶けた状態のタマネギよりも若干芯が残っている方が好みなのでよかった。ツユはかなり多めでつゆだく状態。味付けはすき焼きのようなちょっと甘めの味付け。恐らく焼肉には使えない形状のお肉を牛丼用に使っているんだろうけれど、牛丼としては中々じゃないかな。

半個室状態なので、ドリンクを食後に持ってきてもらうように頼んだ場合、意外と時間が掛かるので、食べ終わったら呼び出しベルを押したほうが無難かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

焼肉割烹松阪

今日のランチは銀座の焼肉割烹松阪へ。お目当ては限定のハンバーグランチ(1,000円)。実は先週にチャレンジしてみたものの、売り切れていたため今日再チャレンジする運びに。お店の階段を降りていくと先週張り出されていた「売り切れ」の告知が無い。どうやら、今日はお目当てのハンバーグにありつけそうだ。

奥の席に案内され、少し待っていると松阪牛のハンバーグが登場。ちなみに、入店してすぐにハンバーグランチは売切れてしまった模様。12時前だったので、ハンバーグを食べるためにはかなり早めに入店しないといけないのかも。

Matsuzaka

予想以上にボリュームがある。周りのソースはポン酢。添えてあるのは温野菜。ハンバーグ自身はお箸で簡単に切り分けることが出来る位緩いハンバーグ。挽き加減はやや粗挽きかな。肉の持っている自然な甘みとポン酢の酸味が嫌味なく融合して、スルスルと食べられてしまう。松阪牛のハンバーグで1,000円はお値打ち感がある。お店を出ると、ハンバーグ以外にも売り切れのメニューがあるみたい。ここのお店は早めの入店が吉です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

BUNGO洋食 方寸 MURATA

今日は新年会として、銀座のBUNGO洋食 方寸 MURATAへ。場所は銀座二丁目のベルビア館8階。年末年始ということで、ランチタイムもコースメニューのみ(5,000)。メインディッシュを選べるので、自分は豊後牛ハンバーグを選択。さて、どうなるか。

Bungomurata1

前菜の御節。真ん中は子持ち昆布、後ろの筒の中には黒豆が入っていた。

Bungomurata2

三種類のサラダの盛り合わせ。

Bungomurata3

里芋とカニクリームのコロッケ。里芋のホクホク感がそのままコロッケになっていたのに驚く。カニクリームコロッケはカニ肉の味と食感をしっかりと味わえた。コロッケは美味しいのに、ソースがコロッケの味わいと合っていないような気がした。

Bungomurata4

メインのハンバーグステーキ。焼き加減はウェルダンで中身までしっかりと火が入っている。気持ちレア気味に仕上げて、滴る肉汁を味わいたかったけれど、こういう焼き方なんだろね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

伊勢廣

久しぶりの銀座ランチの写真です。(ランチ自体は食べているけれど、お店選びがマンネリ化して、写真を撮っていませんでした)

撮影に使用したのは、昨日購入したIXY Digital 910IS。今日食べたのは、伊勢廣の焼き鳥丼3本、1,100円。

Isehiro

Isehiro2

さて、明日から一週間留守にします。PCは持っていくので、現地で更新できる環境が整ったら更新します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

マリアージュ

今日は久しぶりにラ・ソース・古賀へ。今日は気温もそれほど高くないので、かなり快適。久しぶりに行ったので、軽く道を間違えそうになったけれど、無事に到着。最初のころはランチタイムは2種類しかなかったけれど、いつの間にかにメニューが増えていた。迷った挙句、マリアージュをオーダー(1,350円)。このお店のメインメニューのソースキュリーとソースアッシュのハーフアンドハーフ。前菜のサラダとドリンクのセットはそのまま。

Mariage

ライスの部分で綺麗にカレーの部分とハヤシライスの部分が分けられている。途中まではそれぞれの味を楽しんで、最後は二つのソースを混ぜて食べるので、三種類の味わいを楽しむことができる。今気づいたけれど、マリアージュって、そういうことなのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

銀座 古川

今日のランチは今まで入ったことが無い、という理由でニューメルサビルの中に入ってみる。お店の選択肢は沢山あるけれど、料理の写真をみていると無性に普通の日本のカレーが食べたくなったので、銀座 古川へ。本当はシチューが有名なお店みたいだけれど、カレーを食べると決めて入店したので、カレーを選ぶ。カレーだけでもかなりの種類があるので、どれにするか迷ったけれど、隣に座った方が食べていたポークカツカレーが美味しそうに見えたので、それを頼む(1,800円)。サラダがついてきて、麦茶はサービスでどんどん注いでくれる。

200705012

お皿からこぼれそうになる位盛られたルーが特徴的なカレー。カツも大量で、カレールーの下にもさりげなく隠れている。まずは一口・・・美味い!33種類のスパイスとチキンブイヨンで煮込まれたカレーはとてもコクがあって、適度な辛さも重なってグイグイ食べることが出来る。

しかし、量が多い。値段も高めの設定だけれど、ハイクォリティ+ハイボリュームなカレー。普通のお店では大盛り以上の量なので、このお店に行く時は、お腹をかなり空かしてから行ったほうがいいかも。店から出る時は、ちょっと食べすぎて、とても身体が重く感じた・・・。

でも、カレーは間違いなく美味しいので、銀座で美味しい和風のカレーが食べたくなったら、是非ココへ。今度行く時は、自慢のシチューを頼んでみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

梅林 銀カツ

最近かなり疲労気味で朝も寝坊気味。今日は朝ごはんも食べなくてガッツリとお昼が食べたかったので、梅林へ。初めて行った時に周りが「銀カツ」を頼んでいたので、同じく銀カツを頼んでみる(1995円)。

200705006

ミックスランチと同じく、キャベツと簡単なスパゲッティが付いてくる。衣は、まだパンの匂いが漂っている。心地の良いサクサクとした衣は相変わらず。中身の豚肉はトロトロに柔らかい訳ではないので、しっかりとした噛み応えとサクサクの衣の食感の差を楽しむことが出来た。混雑店なので、食べ終わったらすぐに退店。

でも、メニューには別にロースカツがあるので、それと銀カツの違いは何なんだろう・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

古窯

午前中は、気の抜けない会議。普通の会議だと、発言を殆ど求められないから、周りの人間が言っていることを聞いているだけでOKだけれど、今日の会議は自分の発表資料に対して各方面からツッコミという名のヒアリングをされるので、色々な質問に対して準備をしておかなければならない。始まる前は焦っていたけれど、いざ話し出すとそれほどは激しい追及は受けずに終了。今日はツイてる。気分を良くして、ランチに繰り出す。

今日のお店は、古窯。最近、名物のビーフシチューを値上げしたので、どのように変わったのか確かめに行く。最初からビーフシチューを頼むことを決めていたのに、メニューの「山形名物いも煮」の写真を見ると、無性にそれが食べたくなった。しかし、ビーフシチューも捨てがたいので、ビーフシチュー+いも煮のセットをオーダー(1,900円)

200704057

カウンター席だったので、目の前で手際よく作られていくビーフシチューの中の一つが自分の前に運ばれてくる。山形牛と野菜が煮込まれていて、最後にタマゴが乗って完成。今日のシチューは、トロトロの山形牛が満載。様々な具材が溶け込んでいるビーフシチューは相変わらず絶品。

200704059

真ん中奥にあるのが、いも煮。

200704060

ネギで隠れてしまっているけれど、綺麗な形の里芋に、ちょっと甘めのタレで牛肉と一緒に煮込まれている。とても品のあってアッサリしているけれどコクのある一品。肉じゃが的な、ホッとする安心できる家庭料理的。最後に乗せてあるネギの歯応えと、ホクホクの里芋の食感のコントラストが素晴らしかった。

美味しい料理を食べて、明日の打ち合わせに備えて午後はハイペースで仕事をこなした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月11日 (水)

むぎたん

今日のランチはアテもなく、フラフラと銀座を歩いた。有楽町のマツキヨの近くまで歩いていってしまい、流石にそろそろ決めないと、と思ったときに目に留まったのがむぎたん。牛タンと、とろろで元気を付けたかったので、このお店にすることに。メニューをみると、むぎたん定食が復活した、とのことらしいので、それをオーダー(1,000円)。このお店は牛タン以外にもハラミとハンバーグを出しているみたい・・・って、オーダーしたあとに確認してどうする!?

200704019

薄切りの牛タンに麦飯。写真には写っていないけれど、とろろとお吸い物、そしてデザート(牛乳プリン)で構成された定食。麦飯ととろろは一回だけお代わりが出来る模様。牛タンは薄切りだけれど、程よい噛み応えがあって適度にジューシー。とろろは出汁醤油を適度に掛けて味を調えてから食べる。しかし、何で牛タンととろろってセットみたいな扱いなんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧