03. ベーコン系ハンバーガー

2012年7月22日 (日)

A&G Diner Bacon Cheeseburger

今日は、かなり久しぶりにA&G Diner。都内には色々なお店があるけれど、ハンバーガーの積み方の美しさでは今でも1、2位を争うと自分では考えている。数年前はハンバーガーを扱うブログなどのメディアは少なかったけれど、今は色々な人が取り上げているから「別に自分が行かなくてもいいかな」と考えていたのが正直なところ。

久しぶりに入店し、悩みに悩んだ末に定番のベーコンチーズバーガーをオーダー。写真は撮っていないけれど、ハンバーガー前にはガンボスープを。相変わらず美味。

20120721lowrez_1_1

相変わらず美しいハンバーガー。特に、ベーコンが歯車というか、ファンの羽のように反っている状態で積まれているのは芸術的。このように立体的なベーコンは初めて見るかもしれない。素材のクセを知り尽くしているからこそ出来る、焼きの技術。ヒール部分がやや厚めに切ってあることで、一発でA&Gのハンバーガーだと認識できる独特のフォルムもいつも通り。味わいについても、いつも通り。今までたくさん述べてきたので、「いつも通り」と言えば分かるでしょう。(たぶん)

マンスリーバーガーへのプレッシャーがあるのか、A&Gの最近のマンスリーは正統派のハンバーガーとは違う、奇抜なものが多いような気がする。「フュージョン系ハンバーガー」として、ブログネタとしてはアリかと思うけれど、A&Gの神髄はキレイに積上った、美味しいハンバーガーだと自分は信じてる。今回のベーコンチーズバーガーもそうだけれど、通常のハンバーガーが美しく、美味しいのだから、マンスリーもその延長線で正統派を攻めて欲しいな、というのが正直なところ。周りの声に惑わされて、お店の軸を見失っていそうな気がして、少し心配だったけれど、今回のベーコンチーズバーガーを食べて、軸はしっかり残っていることが確認できたから、今後の展開に期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

Shake Tree

新規開拓。少し前から「両国に美味しい店がある」と聞いていたものの、普段の行動範囲からは外れている地域だったので、全然行けてなかった。いつもオフィスの窓から見えているスカイツリーが間近で見ると予想以上に大きいことに驚きながらお店に向かう。(ドバイのブルジュ・ハリーファは更に200メートルも高いのか・・・改めて凄い)

店内はテーブル席とカウンター席がメイン。空いていたのでカウンター席に着席。オススメを聞いてみると、珍しく「ベーコンチーズバーガー」という応えが。アボカドチーズ、と返ってこなかったことに好感しつつ、オススメの一品をオーダー。すごい偶然だけれど今日でオープン半年記念、とのこと。

20120512_01

運ばれてきたベーコンチーズバーガーはこちら。一目でベーコンチーズバーガーと分かる外見。付け合わせはピクルスとフレンチフライ。

早速持ち上げて食べてみると、BBQソースの味わいが口に広がる。不意打ちを喰らった。オーナーが人形町のお店出身ということを知りながら行ったのに、BBQソースの存在を忘れていた。この感触、初めて人形町のお店に行った時と同じ感覚かも。基本的に甘さを中心としたソースだけれど、適度のコクで意外とアッサリしていてパティを含めた他の素材と馴染んでいるのが良い。

BBQソースによる味わいが中心のバーガーだけれど、パティもしっかり作ってあり、焼き加減も絶妙。表面がパリっとしているバンズ、折り畳まれたレタス、キレイな具材の積みなど、随所に出身店のコダワリが見える。バランスよく積み上げられているから食べやすく、BBQソースの旨さもあって、一気に食べてしまった。

このお店、接客がとてもフレンドリーなのが印象的。カウンター席に座ったら気さくに話し掛けられ、気がついたらニューヨークのハンバーガーについて話が及んでしまった。まさか日本のお店で店員さんとJ.G. Melonの話で盛り上がれるとは思っていなかった。オーナーもニューヨークのハンバーガーを食べていて、本当に食べて欲しいのは野菜抜きのバーガー、とのこと。次回はそれで。

今の日本のハンバーガーはガラパゴス化というか、日本国内で独自進化を遂げているものだと思う。有名店のオーナーであっても本場のハンバーガーを食べたことが無い方が多いように思う。ただ、それが良い方向に作用してアメリカには無い独創的なハンバーガーが出来上がっていると思う。今後のトレンドとしては、アメリカの(この場合、ハワイや西海岸ではなく東海岸)ハンバーガーを食べてインスピレーションを得たオーナーのお店が台頭してくるんじゃないかな。参宮橋のバーもそうだし、三田のお店もその部類に入るんじゃないかな。大いに期待です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月30日 (月)

Sun2Diner

ハンバーガー店の新規開拓のため、中目黒へ。自分の住んでいるところから中目黒は電車だと少し行きにくいところにあるので、バスで池尻大橋まで行った後、徒歩で中目黒へ。目指すお店はSun2Diner。中目黒の商店街の先にあるお店。この日は暖かかったので、お店の扉は開放されていて、とてもオープンな雰囲気。通常のメニューに加えて追加のメニューを渡されたけれど、結局はベーコンチーズバーガーをオーダー。ドリンクはジンジャーエールで。

20120430_1

見た目がとてもキレイなハンバーガー。面食い、ってわけじゃないけれど、新規に入ったお店は特にハンバーガーの見た目って重要だと思う。はじめから崩れていたりするとテンションが下がるし・・・。バーガーの大きさは標準サイズで、ベーコン、チーズ、パティと野菜がバランスよく積上っている。炭火によるスモーキーな香りがいい感じ。

やや厚めの茶色いバーガー袋をそのまま持ち上げて一口。スモーキーでコクのある味わいのベーコンがいい感じ。好み。ビジュアル的にはやや控えめに見えるチーズも結構コッテリとした強めの味わいのものを使用している。好み。パティの味わいもソースに頼ること無くシンプルで、「肉を食べている」感がある。好み。自分好みのバーガーのパーツは全て揃っているのに、残念だったのは肉の焼き加減。かなり火を通してしまっているため、パティの柔らかさ、ジューシーさが殆ど無かった。味わい的にはかなり満足しているのだけれど、その硬い食感のパティが本当に惜しい。

このご時世、パティをレアっぽくするとクレームが来てしまうため、慎重になってしまうのも分かる。ただ、焼きすぎで硬くなってしまったパティに魅力は殆ど無いので、是非ともジューシーさを残す焼き加減/テクニックを追求して欲しいな、と。せっかく「毎日、ブロック肉を手挽きでミンチ」にこだわっているのだから、牛脂過多のパティに変更するのではなく、焼きのテクニックでジューシーなハンバーガーを作って欲しい。バーガーを構成する素材は全て揃っているのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

W.P.GOLDBURGER

今日は久しぶりにハンバーガーを食べに渋谷へ。以前から気になっていたけれど行けていなかったW.P.GOLDBURGERが目的地。宮益坂を登って行く左手に小さな白い看板があるので、そこを左折して少しすると目的地を発見。小さなテラス席とカウンター席がメインのお店。お店の周りはチャコールで焼いた肉の匂いが。

早速メニューを見て、通常で言うところのベーコンチーズバーガーである「ケビン・ベーコン」をオーダー。お供はジンジャエールで。

20120325_1

分厚いベーコン(十勝産とのこと)が目立つハンバーガー。バンズはサクサクしていて軽めの食感。それほど高さのあるハンバーガーではないので、バーガー袋への収まりは良好。全体的な味付けは濃い目でスパイス群の香りや味わいを楽しむハンバーガー。肉が本来持つ旨味や味わいは消されてしまっているので好みが分かれそう。ただ、このような味わいを好む層は確実にいるはず。(肉の旨味とか言う層に比べて大多数かも)こういうのは中途半端が一番良くないので、お店の戦略として正解なのかも。

ベーコンはプリプリでジューシー。ビーフパティは意外に薄め。バーガー袋に残る肉汁は少なめなのが好印象。一応ベーコンチーズバーガーなのだけれど、チーズの存在感がちょっと薄いので、エキストラチーズのトッピングをした方がバランスが良くなるかもしれない。

それにしても、渋谷〜表参道(外苑前)〜原宿はバーガー激戦区のトライアングル。敢えてこの地域に新しくお店を出したということは、相当自身があるのだと感じた。今後の展開が楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

ミコラソ ベーコンチーズバーガー

今日は久々の新規開拓という事で、中目黒近くのミコラソへ。場所は目黒市役所のすぐ目の前、緑と黄色を使った看板が目印。店内は天井が高く、かなり開放感のあるお店。カウンター席とテーブル席があり、テーブル席の方に着席。

店員さんのオススメを聞くと、男性にはダブルチーズ、女性にはアボカドチーズ、とのこと。申し訳なく思いつつも、結局はベーコンチーズバーガーをオーダー。お店のオススメでダブルパティ系を聞く事はあまり無いので、ちょっと新鮮。パティに自信があるみたい。メニューには国産牛100%、の文字が。

20120129_

運ばれてきたハンバーガーがこちら。フレンチフライが鮮やかな黄色なんだけれど、どうやってこの色を付けているんだろう?人形町の有名店で修行した方が新規オープンさせた、との事前情報を聞いていたけれど、出てきたハンバーガーはちょっとイメージが違った。どちらかというと、人形町というよりかは本郷のお店っぽい外見のハンバーガー。具材の積み方も「うーん・・・」。もう少し高さのある、キレイに積んであるハンバーガーを期待していました。

まぁいいや、と思い一口。濃厚なチーズとパティが合わさるところは良いけれど、パティにはかなりの塩胡椒が効いていて、肉の味わいが消えてしまっていた。パティの表面には硬めのクラストがあるのは良いのだけれど、焼き過ぎてしまっているため、中央部分の水気も飛んでしまい結果的には残念な焼き上がり。個人的には表面にクラストを作りつつ、中身も柔らかな広尾のお店のバランスが好きなので、焼き加減を調整した方が良いかも。あと、チーズバーガーを頼んだのかな、と錯覚してしまうくらいベーコンの存在感が皆無。これは本当にどうにかして欲しかった。

ランチタイムの最後の方に入ったからかもしれないけれど、フレンチフライが完全に冷えきっていて硬かったのも気になった。値段も高めなのに、全体的にこのクオリティはちょっと厳しいんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

Aged Bacon Cheeseburger

新年2個目のハンバーガーを食べに、駒沢のAS Classics Dinerへ。昨年から徐々に取り入れてきた牛肉のドライエージング、2012年も続けて行く模様。嬉しい。今年第一弾はパティだけでなくベーコンもエージングを施したベーコンチーズバーガー。メニューにある正式な名前は「Aging Burger」だけれど、この名称だと言葉のニュアンスが違ってしまうので、熟成を意味したいのなら「Aged」の方が正しいと思います。

20120114_1

重ねてみたところ。

20120114_2

登場時はオープンスタイルで。先月のマンスリーとは熟成に使った肉の部位が違い、熟成の対象をベーコンまで含めた。チーズはゴーダを使用。先月は生のオニオンを使っていたけれど、今月はグリルされたものに変更。焼き台が網から以前のロストルに戻っているのも大きな違い。そのせいか、バーガーが運ばれてきた時には炭火焼の香りが漂っていていい感じ。

ASのベーコンと言えば、脂身の多い、柔らかいベーコンをイメージするけれど、今回のベーコンはちょっと硬めな、歯応えのある食感。コクのある味わいが広がり、熟成肉のパティのコクと合わさり、旨味たっぷりのバーガー。前回のオニオンは生であるためピリっと存在感を主張していたけれど、今回はグリルされているのでベーコンとパティの旨味をサポートするためにバーガーに馴染んでいる。バーガーが運ばれてきたときに漂っていた香り、食べた時にも程よいスモーク風味を味わえる。

近年のトレンドとして多彩な工夫を施されたトッピングによって差別化を図るバーガーが多いけれど、やっぱり基本のシンプルなバーガーは大事だと思う。トッピングが多くなるとどうしても食べにくくなってしまうし、本来ハンバーガーはシンプルなのが美味しい食べ物だと思う。(ベーコンチーズバーガー自体、十分トッピングが多いハンバーガーだ、という意見もあると思うけれど)今年はできるだけシンプルなバーガーを食べていきたいと思います。

20120114_3

トマトクリームスープ。寒い時期なので、体を温めるためにバーガー前に頼んだ一品。

20120114_4

デザートに頼んだPecan Nuts Pie。メープルシロップの甘さとナッツの香ばしさが良くマッチしたデザート。濃厚な甘さがあるので、コーヒー系のホットドリンクと合わせるといいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

Blue Smoke Burger

実質的にNY最終日。向かったのは、24日に行くも閉まっていたBlue Smoke。場所は27thストリート、ParkとLexingtonの間。大きな「BARBECUE」と「JAZZ」のサインが目印。

20111226_4

店内はカジュアルなバーダイニングな感じ。席に座り、早速バーガーをオーダー。サイドメニューにコールスローをオーダーして、メインのハンバーガーにはベーコンとチーズをトッピング。チーズは迷う事無くアメリカンを選択。

20111226_3

テーブルに置かれていたソース類一式。バーベキューソースは二種類。Magic Dustという、万能調味料も置いてある。使ってみればよかったな。

20111226_2

運ばれてきたハンバーガーはこちら。パリパリのベーコンと、パティを覆い隠すようにメルトされたアメリカンチーズが印象的。このお店のコールスローはマヨネーズ系を使っていない、酢と胡椒で味付けされたサッパリとしたタイプ。

20111226_1

パティにはBBQソースで味付けがされている。ただ、クドい味付けでなく肉の味を楽しめるように軽めの味付け。写真からは分かりにくいけれど、バンズのクラウンの下には大量のピクルスが隠れている。何も考えずに野菜類とバンズを持ち上げてハンバーガーを一体化させたので、食べてみてビックリ。それでも、肉がレアで柔らかく、とても纏まっていた味わい。パリパリのベーコンもいいアクセントになっている。メニューによると、このベーコンはお店で熟成されたものらしい。パリパリなのに味わい深いのは熟成によって生まれた味わいなのかも。

今回の旅行の中で、ここのお店のハンバーガーが一番好みかも。ハンバーガーのビジュアルはもちろんのこと、噛んだ時の満足感、味わい、そして、かなりヘビーな重さ。それらが凄く高い次元で組み合わさっている。

ウェイターにモノを頼むと「持ってきたぜ、ボス」みたいな感じで話しかけてくるのが何か楽しかった。バーガーも美味しかったので、チップはふんだんに付けておきました。

このお店はBBQをウリにしているだけあり、メインはスペアリブなどのBBQ料理とのこと。今回はハンバーガーしか食べられなかったけれど、BBQ料理も試したかった。まぁ、ここら辺が一人旅の辛いところですな。

20111226_5

20111226_7

買い物をして過ごした後は、最後の一食という事でShake Shackへ。Theater District店は夜の11時過ぎているというのに、店外まで行列ができているのは流石。流石に店内では食べられないので、テイクアウェーで。ホテルとお店の間は4ブロック程度だったので、助かった。実は、Shake Shackと前出のBlue Smokeの経営は同じ会社です。

20111226_8

チーズバーガー、野菜入り。若干冷めていても、安定した若干の焼き目による硬さ(クラスト)のあるパティに、若干甘めのポテトロールの組み合わせは最高。野菜を抜いてパティをダブルにしたら更にストレートなチーズバーガー感を味わえたかも。

20111226_9

ホットドッグにトッピングしたShack Cago-Dog。意外にもピリっと辛い一品。どうやらSport Pepperがその辛さの原因。甘酸っぱいレリッシュ、マスタードとの組み合わせは抜群。ハンバーガー屋として超有名なこのお店だけれど、このホットドッグもオススメです!

今回の旅行での発見としては、パティの厚さというのは重要だということ。同じグラム数の肉を使うのであれば、ハンバーガーの直径を長くする事にこだわって薄く伸ばすのではなく、直径をある程度犠牲にしてもパティの厚みにがある方が良いように自分は感じた。厚みがあれば、表面にコゲが出来るくらい焼いても中心部はレアになるし、噛み応え、食べ応えが違う。厚さが2センチくらいあるハンバーガー店、どこかにないかな…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

開幕戦

今日はロックアウトによって延期されていたNBAの開幕戦。どうしても見に行きたくなって、Stubhubのサービスを使ってチケットを入手。

20111225_01

かなり混雑しているMadison Square Garden。チケットを使って、いざ中へ!開幕戦ということで、Tシャツが配られていた。

20111225_02

結構良い席で、選手の表情とかもバッチリ確認できた。一応写真機はNGってことになっているけれど、ミラーレスのカメラを持っている人が居た。でかいズームレンズ付けていたら入れてくれないんだろうなぁ。試合展開は前半はニックスが圧倒するも3Qにボストンが一気に攻勢をかけて逆転、突き放す。4Qは10点差からアンソニーによる猛攻によって残り16秒で逆転、そのまま抑えてニックスの勝利という痺れる展開。アンソニーの勝負強さは数年前のコービーを見ているようだった。別にニックスが好きな訳じゃないけれど、ボストンが嫌いという事でニックスを応援するために叫んでいたら、喉が枯れて痛くなった。

夕方は、ロックフェラーセンター近くのバーガー店、Bill's Bar & Burgerへ。観光地のすぐ横という事で、店内は超混雑しているけれど、その分席数も多いので、少し待てば座る事が出来た。

20111225_04

まずはシーザーサラダにクリスピーチキンを追加。サラダはかなりアッサリとした味わい。チキンもアッサリした味わいなので、塩胡椒をもう少し追加したい。

20111225_05

ウェイターにオススメを聞くと、Bacon & Cheddar Burgerにスペシャルソース追加、ということだったので、それをオーダー。ウェイターが一つ一つのバーガーについて「これは個人的には好きでない」などコメントしてくれたのが印象的。

6オンスのビーフパティはまたもや厚みがあり、中身はちゃんとミディアムレアでしっとり。ベーコンはジューシーさを残しつつ、カリカリに焼かれていた。レタスは刻み、トマトは薄く切られたものがパティ下に。まずはそのまま食べてみると、レタスと同じく薄味。肉の味わいがするけれど、薄味。そこで、追加したスペシャルソースを掛けると、丁度いい感じに。もしかすると、スペシャルソースを追加した分パティの味付けを控えめにしたのかもしれない。スペシャルソースはケチャップとマスタードを混ぜたような味わい。これだったら最初からスペシャルソースを掛けた状態で出して欲しかった。スペシャルソースを追加した後のハンバーガーはとても美味しかった。

このハンバーガーも思ったよりも小ぶりな一品。パティに同じグラム数の肉を使うとして、バーガーの直径を大きくするために薄くするのと、パティを厚くするために直径を犠牲にするのを比べるとすれば、自分は断然パティを厚くする方が良いと思う。ペラペラのパティよりも、厚いパティの方が食べ応えの満足感が違うし、ミディアムレア時の美味しさが違うと思う。

20111225_06

締めはチーズケーキ。チーズケーキ自体はこってり甘いけれど、添えてあるホイップクリームは甘くなくアッサリ。

20111225_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

Fireside Burger

魔の三連休を避けるために、23日からNYCへ。この時期のNYCは観光客がいつにも増して多く、5番街付近は人が多く歩くのも大変。初日は、52th StreetにあるOmniホテルにあるFiresideまで行ってみる。5thとMadisonの間。

ソファ席に座って、頼んだのはFireside Burgerとクランベリーモヒート。最初に渡されたメニューにはスライダーしかなくて焦るも、バーガーが食べたい旨伝えると別の(ランチ用?)メニューを持ってきたので一安心。どうやらデフォルトでベーコンチーズバーガーである模様。

20111223_2

こちらがFireside Burger。焼き加減はミディアムレアで。バーガーと一緒にピクルスとチリパウダーが振ってあるフレンチフライ付き。早速食べてみると、厚み1センチ以上あるパティからは赤くサラサラしている肉汁が滴る。成形がしっかりしているからか、肉汁滴っても形が崩れる事無く綺麗に食べる事ができる。パティ自体には程よい塩加減になっていて、ベーコンのピリっとした味わいがアクセントになっている。オニオンはグリルされてベーコンの下に隠れていて、甘み担当。

バーガーからは直火焼きの独特の香りが漂っていた。今回の初バーガーとしては上々の滑り出し。

20111223_3

デザートにチーズケーキを。プレーン、ストロベリー、ピスタチオの三種類。やっぱり個人的にはプレーンのが一番好き。満足してお店を出た後は、マンハッタン内のライトアップを撮影。

20111223_1

20111223_4

20111223_5

20111223_6

20111223_7

20111223_8

20111223_9

20111223_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

コルビーチーズバーガー+ベーコン

今日は会社帰りにハンバーガー。会社からほど近い田町/三田のMunch's Burger Shackへ。テレビに出てから人気が出てきていて、ハンバーガーが売り切れしまうこともあるらしい。売り切れが怖くて、事前に予約をして仕事後に行ってみた。何を頼んでも外れが無いと思っているこのお店、前から気になっていたコルビーチーズバーガーにベーコンをトッピングしたハンバーガーをオーダー。

20111125_1

ベーコンの存在感が強烈なハンバーガー。コルビーチーズがほとんど隠れてしまっているけれど、白と黄色の混じり方がいい感じ。一口目からベーコンのスモーク風味、甘さが直球的に味わえる。写真を見るとビーフパティが隠れてしまっているように見えるけれど、しっかりとズッシリと入っています。今日の焼き加減はかなりレアに近い焼き上がりで、肉の赤身の旨味が堪らなく美味しい。コクのあるチーズ、スモーキーさを演出しているプリプリのベーコンと合わさって、かなり美味しいベーコンチーズバーガー。チェダーチーズを使ったベーコンチーズバーガーに比べてマイルドでありつつも味わいの深みがあるハンバーガーでした。

最近のお店の中ではかなりオススメできるこのお店。アクセスが決して良くない場所にあるのにも関わらず、知名度が上がっているという事は、このお店の出すハンバーガーが認められている証拠。これからも、どんどん進化して行って欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧