02. チーズ系ハンバーガー

2012年7月22日 (日)

A&G Diner Bacon Cheeseburger

今日は、かなり久しぶりにA&G Diner。都内には色々なお店があるけれど、ハンバーガーの積み方の美しさでは今でも1、2位を争うと自分では考えている。数年前はハンバーガーを扱うブログなどのメディアは少なかったけれど、今は色々な人が取り上げているから「別に自分が行かなくてもいいかな」と考えていたのが正直なところ。

久しぶりに入店し、悩みに悩んだ末に定番のベーコンチーズバーガーをオーダー。写真は撮っていないけれど、ハンバーガー前にはガンボスープを。相変わらず美味。

20120721lowrez_1_1

相変わらず美しいハンバーガー。特に、ベーコンが歯車というか、ファンの羽のように反っている状態で積まれているのは芸術的。このように立体的なベーコンは初めて見るかもしれない。素材のクセを知り尽くしているからこそ出来る、焼きの技術。ヒール部分がやや厚めに切ってあることで、一発でA&Gのハンバーガーだと認識できる独特のフォルムもいつも通り。味わいについても、いつも通り。今までたくさん述べてきたので、「いつも通り」と言えば分かるでしょう。(たぶん)

マンスリーバーガーへのプレッシャーがあるのか、A&Gの最近のマンスリーは正統派のハンバーガーとは違う、奇抜なものが多いような気がする。「フュージョン系ハンバーガー」として、ブログネタとしてはアリかと思うけれど、A&Gの神髄はキレイに積上った、美味しいハンバーガーだと自分は信じてる。今回のベーコンチーズバーガーもそうだけれど、通常のハンバーガーが美しく、美味しいのだから、マンスリーもその延長線で正統派を攻めて欲しいな、というのが正直なところ。周りの声に惑わされて、お店の軸を見失っていそうな気がして、少し心配だったけれど、今回のベーコンチーズバーガーを食べて、軸はしっかり残っていることが確認できたから、今後の展開に期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

Shake Shack Dubai

ニューヨークで、その名前を知らない人は居ないくらい有名なShake Shack。基本的にアメリカの東海岸のみにしか店舗を展開していないけれど、国外第一号店は中東のドバイにある(二号店はクウェート)。このたびドバイに出張することになったので、仕事が終わった後に行ってみることに。

夜になっても蒸し暑いドバイ。移動手段はタクシーかメトロになる。今回はメトロを利用してMall of the Emirates(通称MOE)に。メトロのチケットは無線IC方式で、改札にかざすだけで通過できる。外は蒸し暑いけれど、屋内は適度に冷房が効いていて快適。モール内の店舗も、こことDubai Mallに行けば何でも揃ってしまいそうな勢い。

Biz7

ニューヨークの店舗と同じ雰囲気の店舗。自分が行った時はたまたま空いていたけれど、内部で調理を担当している人数が多いので、ランチなどのピーク時は凄いんだろうなぁ。

Biz8

ここは本当に中東なのか?と思って見渡すと、現地の方々も普通にハンバーガーを食べている。

Biz9

オーダはシャックバーガーのダブルをダブルチーズで。本店と同じく、渡された端末が震えるまで待つ。空いていたので、5分もしないうちに震えた。テーブルにはShake Shackのロゴが刻印されている。

Biz10

シャックバーガーダブルのダブルチーズ。よく考えると、ダブルチーズバーガーにチーズをダブルにしたので、クワッドチーズになる。ニューヨーク本店で食べた時よりもキレイなビジュアル。綺麗なビジュアルを見せるために最初からトレイの端にバーガーを乗せていたのが印象的。ビジュアルがキレイなのは、空いていた分、盛りつけに手を掛けられたから、かな?

早速一口・・・やっぱり美味い。ポテトバンズの甘さといい、アメリカンチーズの歯や舌に絡み付く食感、適切にジューシーな絶妙の焼き加減のパティ、それぞれがニューヨーク本店のもの。クワッドチーズについては賛否両論だと思うけれど、疲れ果てていてチーズの食感/風味に飢えていたので大満足。まさか、このハンバーガーをドバイで食べられるなんて!

ドバイ店は2011年の5月にオープンして、今がちょうど1周年。1周年記念のTシャツを買いたい、と客引きしている女の子に相談したらTシャツはキャンペーン品らしく、特定のオーダーの組み合わせで貰える品であることが判明。お金を払って買いたいと行ったら、(日本人が珍しいのだろうか)店長に掛け合ってくれて、一枚サービスしてくれた。申し訳ないので、二枚目を定価で買う。

Biz11

Shake Shackの横には、インドアのスキー場が。外は30度を軽く超えているのに、完全防備してスキーを楽しんでいる人たちが居ることに驚き。

Biz12

Biz13

ちゃんとリフトもあります。

極上のハンバーガーを食べた後向かったのは、ブルジュ・ハリーファ。前回のリベンジです。ドバイでは面白い逆転現象があって、室内から屋外に出るとメガネが一気に曇る。カメラのレンズも曇るので、注意が必要です。

Biz14

Biz15

ドバイモールの入り口。

Biz16

展望台のチケットを買って、いざ上空へ!予約チケットでないので、一枚400UAEディルハム(約9000円)という値段。高い。

Biz17

Biz18

Biz19

Biz20

エレベーターで展望台のある124階へ!

Biz21

展望台から見上げてみた。天井裏が完成していないということは、入居者は居ない?サーバールームは何処だ?笑

Biz22

ドバイの夜景。

Biz23

基本的に発展途上の地域なので、建物の密度にばらつきがある。

Biz24

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

Shake Tree

新規開拓。少し前から「両国に美味しい店がある」と聞いていたものの、普段の行動範囲からは外れている地域だったので、全然行けてなかった。いつもオフィスの窓から見えているスカイツリーが間近で見ると予想以上に大きいことに驚きながらお店に向かう。(ドバイのブルジュ・ハリーファは更に200メートルも高いのか・・・改めて凄い)

店内はテーブル席とカウンター席がメイン。空いていたのでカウンター席に着席。オススメを聞いてみると、珍しく「ベーコンチーズバーガー」という応えが。アボカドチーズ、と返ってこなかったことに好感しつつ、オススメの一品をオーダー。すごい偶然だけれど今日でオープン半年記念、とのこと。

20120512_01

運ばれてきたベーコンチーズバーガーはこちら。一目でベーコンチーズバーガーと分かる外見。付け合わせはピクルスとフレンチフライ。

早速持ち上げて食べてみると、BBQソースの味わいが口に広がる。不意打ちを喰らった。オーナーが人形町のお店出身ということを知りながら行ったのに、BBQソースの存在を忘れていた。この感触、初めて人形町のお店に行った時と同じ感覚かも。基本的に甘さを中心としたソースだけれど、適度のコクで意外とアッサリしていてパティを含めた他の素材と馴染んでいるのが良い。

BBQソースによる味わいが中心のバーガーだけれど、パティもしっかり作ってあり、焼き加減も絶妙。表面がパリっとしているバンズ、折り畳まれたレタス、キレイな具材の積みなど、随所に出身店のコダワリが見える。バランスよく積み上げられているから食べやすく、BBQソースの旨さもあって、一気に食べてしまった。

このお店、接客がとてもフレンドリーなのが印象的。カウンター席に座ったら気さくに話し掛けられ、気がついたらニューヨークのハンバーガーについて話が及んでしまった。まさか日本のお店で店員さんとJ.G. Melonの話で盛り上がれるとは思っていなかった。オーナーもニューヨークのハンバーガーを食べていて、本当に食べて欲しいのは野菜抜きのバーガー、とのこと。次回はそれで。

今の日本のハンバーガーはガラパゴス化というか、日本国内で独自進化を遂げているものだと思う。有名店のオーナーであっても本場のハンバーガーを食べたことが無い方が多いように思う。ただ、それが良い方向に作用してアメリカには無い独創的なハンバーガーが出来上がっていると思う。今後のトレンドとしては、アメリカの(この場合、ハワイや西海岸ではなく東海岸)ハンバーガーを食べてインスピレーションを得たオーナーのお店が台頭してくるんじゃないかな。参宮橋のバーもそうだし、三田のお店もその部類に入るんじゃないかな。大いに期待です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月30日 (月)

Sun2Diner

ハンバーガー店の新規開拓のため、中目黒へ。自分の住んでいるところから中目黒は電車だと少し行きにくいところにあるので、バスで池尻大橋まで行った後、徒歩で中目黒へ。目指すお店はSun2Diner。中目黒の商店街の先にあるお店。この日は暖かかったので、お店の扉は開放されていて、とてもオープンな雰囲気。通常のメニューに加えて追加のメニューを渡されたけれど、結局はベーコンチーズバーガーをオーダー。ドリンクはジンジャーエールで。

20120430_1

見た目がとてもキレイなハンバーガー。面食い、ってわけじゃないけれど、新規に入ったお店は特にハンバーガーの見た目って重要だと思う。はじめから崩れていたりするとテンションが下がるし・・・。バーガーの大きさは標準サイズで、ベーコン、チーズ、パティと野菜がバランスよく積上っている。炭火によるスモーキーな香りがいい感じ。

やや厚めの茶色いバーガー袋をそのまま持ち上げて一口。スモーキーでコクのある味わいのベーコンがいい感じ。好み。ビジュアル的にはやや控えめに見えるチーズも結構コッテリとした強めの味わいのものを使用している。好み。パティの味わいもソースに頼ること無くシンプルで、「肉を食べている」感がある。好み。自分好みのバーガーのパーツは全て揃っているのに、残念だったのは肉の焼き加減。かなり火を通してしまっているため、パティの柔らかさ、ジューシーさが殆ど無かった。味わい的にはかなり満足しているのだけれど、その硬い食感のパティが本当に惜しい。

このご時世、パティをレアっぽくするとクレームが来てしまうため、慎重になってしまうのも分かる。ただ、焼きすぎで硬くなってしまったパティに魅力は殆ど無いので、是非ともジューシーさを残す焼き加減/テクニックを追求して欲しいな、と。せっかく「毎日、ブロック肉を手挽きでミンチ」にこだわっているのだから、牛脂過多のパティに変更するのではなく、焼きのテクニックでジューシーなハンバーガーを作って欲しい。バーガーを構成する素材は全て揃っているのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

Triple Aged Patty Cheeseburger

気がつけばもう三月。最近時間が経つのが早く感じる。三月に入ったので、早速駒沢へ。今月のマンスリーバーガーは薄めに形成した熟成肉パティを三枚重ねにしたチーズバーガーらしい。焼き上がり過程を見ていると、三枚のパティを同じように焼くのではなく、三枚のうち2枚は片面焼き、そして残りの一枚を鉄板で焼いている。程よく焼き上がった後三枚重ねにして、チーズを乗せて蒸し焼きにして完成。

20120302_1

写真では見づらいけれど、パティはしっかり3枚重ね。一枚80グラムということなので、肉の重量としては先月のマンスリー並みということらしい。 まず一口。三枚重ねということなので、ちょっと食べにくいかと思ったけれど全体的に積み上げのバランスが良いので、食べやすい。2枚のパティを炭火焼にしていることもあり、表面積的に一枚の大きいパティよりも炭火焼きの香りは強めに感じられた。上下のパティは片面焼きで強めに焼いているので、コゲの香りとちょっと硬めの食感を楽しめる。

旨味の凝縮された熟成パティと、しっかりと脇役に徹しているチェダーチーズ。しっかりとバーガーの基本である「肉」を大事に組み立てられているハンバーガー。結構重量のあるハンバーガーだけれど、ペロリと食べてしまった。毎月違う形で提供される熟成肉シリーズ、一度は食べてもらいたいです。

相変わらずしっとりとしているのに肉汁がほとんど落ちないハンバーガー。今日もキレイに食べられたので、食後のプレートの写真も。現在は熟成肉を使ったマンスリーバーガーは夜限定のハンバーガーだけれど、もしかすると一番相性が良いのはテイクアウトなんじゃないかな、と思ったり。

20120302_4

20120302_2

ハンバーガーを食べる前には、Shrimp & Hot Veggie Saladを。サラダというか、野菜炒めといった感じ。ただ、ガーリックの香りが効いていて、ツマミ的にグイグイと食べられる。しっかりと野菜を摂ることの出来る一品。 

20120302_3

最後に、キウィを使ったチーズケーキ。キウィとベリーの二種類の酸味とチーズケーキの組み合わせが楽しい。チーズケーキのクラスト部分にはオレオを使っているので、チョコレート的な味わいとサクサク感を楽しめる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

ミコラソ ベーコンチーズバーガー

今日は久々の新規開拓という事で、中目黒近くのミコラソへ。場所は目黒市役所のすぐ目の前、緑と黄色を使った看板が目印。店内は天井が高く、かなり開放感のあるお店。カウンター席とテーブル席があり、テーブル席の方に着席。

店員さんのオススメを聞くと、男性にはダブルチーズ、女性にはアボカドチーズ、とのこと。申し訳なく思いつつも、結局はベーコンチーズバーガーをオーダー。お店のオススメでダブルパティ系を聞く事はあまり無いので、ちょっと新鮮。パティに自信があるみたい。メニューには国産牛100%、の文字が。

20120129_

運ばれてきたハンバーガーがこちら。フレンチフライが鮮やかな黄色なんだけれど、どうやってこの色を付けているんだろう?人形町の有名店で修行した方が新規オープンさせた、との事前情報を聞いていたけれど、出てきたハンバーガーはちょっとイメージが違った。どちらかというと、人形町というよりかは本郷のお店っぽい外見のハンバーガー。具材の積み方も「うーん・・・」。もう少し高さのある、キレイに積んであるハンバーガーを期待していました。

まぁいいや、と思い一口。濃厚なチーズとパティが合わさるところは良いけれど、パティにはかなりの塩胡椒が効いていて、肉の味わいが消えてしまっていた。パティの表面には硬めのクラストがあるのは良いのだけれど、焼き過ぎてしまっているため、中央部分の水気も飛んでしまい結果的には残念な焼き上がり。個人的には表面にクラストを作りつつ、中身も柔らかな広尾のお店のバランスが好きなので、焼き加減を調整した方が良いかも。あと、チーズバーガーを頼んだのかな、と錯覚してしまうくらいベーコンの存在感が皆無。これは本当にどうにかして欲しかった。

ランチタイムの最後の方に入ったからかもしれないけれど、フレンチフライが完全に冷えきっていて硬かったのも気になった。値段も高めなのに、全体的にこのクオリティはちょっと厳しいんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

Fireside Burger

魔の三連休を避けるために、23日からNYCへ。この時期のNYCは観光客がいつにも増して多く、5番街付近は人が多く歩くのも大変。初日は、52th StreetにあるOmniホテルにあるFiresideまで行ってみる。5thとMadisonの間。

ソファ席に座って、頼んだのはFireside Burgerとクランベリーモヒート。最初に渡されたメニューにはスライダーしかなくて焦るも、バーガーが食べたい旨伝えると別の(ランチ用?)メニューを持ってきたので一安心。どうやらデフォルトでベーコンチーズバーガーである模様。

20111223_2

こちらがFireside Burger。焼き加減はミディアムレアで。バーガーと一緒にピクルスとチリパウダーが振ってあるフレンチフライ付き。早速食べてみると、厚み1センチ以上あるパティからは赤くサラサラしている肉汁が滴る。成形がしっかりしているからか、肉汁滴っても形が崩れる事無く綺麗に食べる事ができる。パティ自体には程よい塩加減になっていて、ベーコンのピリっとした味わいがアクセントになっている。オニオンはグリルされてベーコンの下に隠れていて、甘み担当。

バーガーからは直火焼きの独特の香りが漂っていた。今回の初バーガーとしては上々の滑り出し。

20111223_3

デザートにチーズケーキを。プレーン、ストロベリー、ピスタチオの三種類。やっぱり個人的にはプレーンのが一番好き。満足してお店を出た後は、マンハッタン内のライトアップを撮影。

20111223_1

20111223_4

20111223_5

20111223_6

20111223_7

20111223_8

20111223_9

20111223_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月18日 (金)

Frisco@福岡

今週末は珍しく休みを取って福岡へ。目的はいろいろあるんだけれど、まずはハンバーガー。以前下北沢で営業していたFriscoが福岡で営業再開したという事なので行ってみる事に。宿を博多駅近くに取って荷物を置いた後、雨の中iPhoneのナビに従って歩いて行く。国体通りにあるアップルストアを曲がってしばらく歩いたところに目的のお店を発見。下北沢の時のお店も建物の奥の方にひっそり営業している感じだったけれど、新しいお店も同じような雰囲気。

メニュー構成、値段ともに昔と同じ。とりあえず、チーズバーガーのセットをオーダー。カウンター席では、ハンバーガーを出来上がる過程をじっくりと見る事が出来て面白い。

20111118_1

出来上がったハンバーガーはこちら。炭火でじっくりと焼かれたパティの下には予想以上に野菜類がたっぷり。ピクルス、生オニオン、トマトそしてレタス。運ばれた時にはそれほど感じなかったけれど、一口食べるとツンとした炭火焼の香りが。都内には炭火を使って焼かれたハンバーガーは数多いけれど、このツンとする香りはこのお店独自のもの。恐らく、弱めの炭火を至近距離でじっくりと焼く事によってこの独特の味わいが出るのだと思う。肉汁が滴る感じではないけれど、かなりジューシーなパティ。自分が知る限り、東京でも食べる事の出来ない味わい。

個人的には、野菜類が予想以上に多いので、パティはシングルではなくダブルにした方がバランスが良いような気がする。大胆にカットしてパティ下に配置されているピクルスがいい感じ。一応カウンターにはケチャップが置いてあるけれど、せっかくの香りを消してしまうので絶対に使わない方が良いと思います。

炭火の香りは好き嫌いがハッキリしそうだけれど、素朴だけれど力強いバーベキュー的な趣のあるハンバーガーを食べたいなら、このお店だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

Fellows Gorgonzola Burger

今日は表参道のFellowsへ。ふとお店のブログを見ていたら、11月14日までは期間限定でゴルゴンゾーラバーガーをやっているとのこと。14日はお店の6周年記念とのこと。自分は仕事で行けなさそうなので、急遽今日行く事にした次第。階段を上がったところのカウンター席に座り、お目当てのゴルゴンゾーラバーガーを頼む。

20111113_1

焼き上がる過程を見ながら待つ。そして、完成されたバーガーがこちら。適度に溶かした塊のゴルゴンゾーラがトッピングされたハンバーガー。ゴルゴンゾーラは香りの強い素材なので、ゴルゴンゾーラの部分に当たるとその濃厚な香り、味わいに圧倒される。かなりの分量を使っているので、ほぼゴルゴンゾーラの味わいなのだけれど一部ゴルゴンゾーラの乗っていない部位を食べるとフェローズらしい「コゲ」の風味とレリッシュの甘さが良いアクセントが存在を現す。

パティはかなり表面にコゲを付けてあり、炭火の風味を存分に味わえるタイプ。以前は焼き加減を聞かれたけれど、表参道に移転してからはデフォルトでミディアム的な焼き上がりで、表面はこんがり焼きつつも、中身は適度な水分を残しつつ柔らかく食べやすく仕上がっている。

マンスリー的な、「毎月何か」というペースではないけれど、ゲリラ的に面白いハンバーガーを出しているフェローズ(少し前は、辛い素材を使ったバーガーを出していたみたいだし)。お店の公式ブログを見ていないと見逃してしまいそうだけれど、今後注目です。最後に、6周年おめでとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

BBQ CheeseBurger

今日は三田のMunch's Burger Shackへ。今日で三回目。初回訪問時から自分好みのバーガーを出しているお店なので、今日も期待しながらお店に向かう。今日はベーコンが売り切れてしまったけれど、お目当てのバーガー、BBQチーズバーガーをオーダー。前回はソースが売り切れていたのでオーダーできなかったのでリベンジ達成。

201108203

これがBBQチーズバーガー。このお店はオニオンがトッピング扱いなのでオニオントッピングで。パティにはトロトロに溶けたチーズ、その上にBBQソースは使われている。

BBQソースはスパイシーかつ甘めのタイプのを使用。スモーキーさは少ないかな。スモークの匂い担当はベーコン専任、ということなのだろうか。チーズに隠れてしまっているが、パティはかなり肉々しい。明らかにこのハンバーガーの中心はこのパティ。一回目、二回目ともにバンズが硬いイメージだったけれどど、今日はそれほどハードさはなく、肉汁を吸い、バーガーを纏め上げる役割を果たしている。トッピング扱いのオニオンにより水分が足され、またBBQソースと絡み甘さを演出。ドライなハンバーガーを好むのであれば、オニオンは無い方が食べやすくていいかも。

フライドチキンも頼んでみた。450円という価格からは想像しなかったビッグサイズのフライドチキンが登場。

201108204

お店オリジナルブレンドのスパイスを使い、カリっとクリスピーな厚めの衣で揚げられている。衣が厚く冷めにくいので、ナイフとフォークでザクザクと切って食べて行くのがいい。これもやみつきになりそう。

一回目の訪問で「おおっ」となり、二回目で「これは!」となり、今回の三回目で「これはいい」と、期待に応えてくれるハンバーガーを提供してくる Munch's。自分の中では株がどんどん上昇しています。次は何を食べようかなぁ。チリを勧められていつも違うのを頼んでいるので、チリ系かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧