« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

Sun2Diner

ハンバーガー店の新規開拓のため、中目黒へ。自分の住んでいるところから中目黒は電車だと少し行きにくいところにあるので、バスで池尻大橋まで行った後、徒歩で中目黒へ。目指すお店はSun2Diner。中目黒の商店街の先にあるお店。この日は暖かかったので、お店の扉は開放されていて、とてもオープンな雰囲気。通常のメニューに加えて追加のメニューを渡されたけれど、結局はベーコンチーズバーガーをオーダー。ドリンクはジンジャーエールで。

20120430_1

見た目がとてもキレイなハンバーガー。面食い、ってわけじゃないけれど、新規に入ったお店は特にハンバーガーの見た目って重要だと思う。はじめから崩れていたりするとテンションが下がるし・・・。バーガーの大きさは標準サイズで、ベーコン、チーズ、パティと野菜がバランスよく積上っている。炭火によるスモーキーな香りがいい感じ。

やや厚めの茶色いバーガー袋をそのまま持ち上げて一口。スモーキーでコクのある味わいのベーコンがいい感じ。好み。ビジュアル的にはやや控えめに見えるチーズも結構コッテリとした強めの味わいのものを使用している。好み。パティの味わいもソースに頼ること無くシンプルで、「肉を食べている」感がある。好み。自分好みのバーガーのパーツは全て揃っているのに、残念だったのは肉の焼き加減。かなり火を通してしまっているため、パティの柔らかさ、ジューシーさが殆ど無かった。味わい的にはかなり満足しているのだけれど、その硬い食感のパティが本当に惜しい。

このご時世、パティをレアっぽくするとクレームが来てしまうため、慎重になってしまうのも分かる。ただ、焼きすぎで硬くなってしまったパティに魅力は殆ど無いので、是非ともジューシーさを残す焼き加減/テクニックを追求して欲しいな、と。せっかく「毎日、ブロック肉を手挽きでミンチ」にこだわっているのだから、牛脂過多のパティに変更するのではなく、焼きのテクニックでジューシーなハンバーガーを作って欲しい。バーガーを構成する素材は全て揃っているのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

AS Aged Burger No.4

4月ももう中旬。少し遅れてしまったけれど、今月も駒沢大学近くのAS Classics Dinerへ。今月のマンスリーバーガーはランプ肉の熟成パティにシークレット部位が組み合わさった、とのこと。まぁ、今月のスペシャルメニューを見れば、大体どこの部位かは分かるのだけれど。

20120411_1

運ばれてきたスペシャルバーガーはこちら。パティの上には存在感たっぷりの謎の肉が。チーズはエメンタールを使っているので、ほんのり良い香り。早速一口。意外にフワっとした食感に驚く。謎の部位は牛タン。てっきり弾力のある牛タンがトッピングされていると思ったら真逆の食感。牛タンの脂身の多い上タンの部位を煮込んだものを使用していたので、肉繊維のほろほろと溶けていく。そして、熟成パティの弾力ある噛み応えを楽しむ。パティの中にも牛タンが含まれているらしいけれど、熟成パティの香りの中に埋もれていたので気づきにくい。

牛タントッピングのバーガーだけれど、味わいはシンプルにタルタルソースの味わいで食べていく一品。エメンタールチーズの香りと若干の塩味がアクセントになっている。焼肉店などでは、ジューシーで弾力のある味わいが魅力の牛タンだけれど、煮込んでフワフワになった牛タンの魅力を再確認できるバーガー。野菜を煮込んだ系のバーガーはよく見るけれど、煮込んだ肉を挟んだバーガーはかなり珍しいんじゃないかな。

20120411_2

ジューシーで弾力のある牛タンを楽しむのであれば、この牛タンとオニオンのサラダ。このピンクの見た目通りの柔らかくてジューシーな牛タンを楽しめます。適度にシャキシャキしてピリっとしているオニオンやパプリカがいい感じ。

20120411_3

今日一番ツボに入ったのが、最後のティラミス。こちらのフワフワなクリームが絶品。チーズ好きの自分としては、チーズの香りが強めの方が好き。フワフワした食感が堪らなく、コーヒーさえあれば何皿でも食べられそう。ベリーのソースで味わいに変化を付けつつ、食べるのが勿体なくて少しペースを落として食べていた。

牛タンといい、最後のティラミスといい、今月は結果的にフワフワで統一された月だった。ティラミスを食べにもう一回行きたいなぁ。今月だけ、というのが勿体ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »