« 2012 Kiwaniku Burger Vol.2 | トップページ | 芝浦 三宿店 »

2012年2月 4日 (土)

焼肉ジャンボ本郷

今日は久しぶりに本郷三丁目の焼肉ジャンボへ。清潔感ある店内は相変わらず。通常メニューに加えて早速裏メニューのリストも貰う。「裏」と言いつつも、今となってはメジャーになっている希少部位。一回しか行ったこと無いけれど、篠崎の本店が希少部位の人気の火付け役、ってことでいいのかな?メニューからは生肉系のユッケや牛刺が消えていた。生肉、食べたいなぁ・・・。

20120204_1

まずは野菜焼き。ロースターの火加減をチェックするのに丁度いい。結構簡単に焼き目が付く。このお店は肉類は「軽めに焼く」ことを推奨されるので、その分火力が肉に伝わりやすいロースターにしているのだろうか。

20120204_2

これが「普通の」カルビ一人前(タレ)。やっぱり安定して美味しい。甘くニンニクの味わいが強めのタレと良く合う。

20120204_3

裏メニューの肩カルビ。「カルビ」と「肩」っていうのは矛盾するような気もするけれど、まぁ、ロース系の部位なのだろう、と勝手に解釈。先ほどの並のカルビに加えて脂身のサシが多め。これはタレではなく塩にしているので、肉本来の旨味を楽しめた。タレの後に塩モノを焼いたのだけれど、その都度鉄板を変えてくれるのが嬉しい。写真は撮らなかったけれど、レバーがかなり美味しかった。強火のロースターで焼くと焼き目がパリっと付き、新鮮だからか中身はトロリした食感にコクがあり、臭みは皆無。昔はレバーは食べられなかったのだけれど、最近は好きな部位の一つに昇格しています。(昔食べていたのは出来の悪いレバー、ってことなのかも)

20120204_4

途中で凄く食べたくなる、ジャンボのカレー。ルゥの中には肉が仕込まれているので、かなり濃厚な味わい。通常はご飯系は締めにしか食べないけれど、美味しいのでこのカレーは頼みたくなる。

20120204_5

裏メニューの野原焼き。焼肉屋ですき焼きを楽しむという変わった一品。サーロインの一枚肉を豪華に一気に焼いてタマゴと一緒に食べる。このタマゴは埼玉県から取り寄せた品で、黄身の部分がかなり濃厚で、殆どオレンジ色に近い色合い。

20120204_6

タマゴを溶いて用意すると、お店の人が焼いてくれる。ロースター一杯に肉を広げて、軽く炙る程度両面を焼いた後、タマゴに漬けて食べる。肉は巻いた状態で食べるので、かなり贅沢な食べ方。肉の甘みとタマゴの旨味、そしてジャンボ特製のタレの味わい合わさって、幸せな気分になれる。

ステーキでもハンバーガーでも、肉料理の一番の醍醐味は「厚めの肉を噛み切る」ところにあると思う。もちろん一枚肉であることがベストだけれど、挽肉のパティを厚く成形したり、薄切りの肉を巻いて食べることでもそれぞれ違った肉の持つ魅力、醍醐味を楽しめると思う。すき焼きだと、恐らくここまで大きい一枚肉が出てくることは無いと考えると、「焼肉屋のすき焼き」というコンセプトはとてもオリジナリティがあり、なかなか味わえない品なのかと思う。

20120204_7

締めはサブトンを塩で。締めはミスジかザブトン、と決めていたけれど、塩系の肉で締めたかったのでザブトンを指名。白とピンクの色合いが綺麗。片面を焼いていると肉汁が浮かび上がってくる。これをひっくり返すことで下に落とすのは勿体ないので、ひっくり返さず巻くように焼いて片面焼きに近い焼き方で焼いた。小籠包的な、アツアツの肉汁の風味が口の中で広がる食べ方を楽しめた一品。

|

« 2012 Kiwaniku Burger Vol.2 | トップページ | 芝浦 三宿店 »

31. 焼肉系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/53911224

この記事へのトラックバック一覧です: 焼肉ジャンボ本郷:

« 2012 Kiwaniku Burger Vol.2 | トップページ | 芝浦 三宿店 »