« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月29日 (日)

ミコラソ ベーコンチーズバーガー

今日は久々の新規開拓という事で、中目黒近くのミコラソへ。場所は目黒市役所のすぐ目の前、緑と黄色を使った看板が目印。店内は天井が高く、かなり開放感のあるお店。カウンター席とテーブル席があり、テーブル席の方に着席。

店員さんのオススメを聞くと、男性にはダブルチーズ、女性にはアボカドチーズ、とのこと。申し訳なく思いつつも、結局はベーコンチーズバーガーをオーダー。お店のオススメでダブルパティ系を聞く事はあまり無いので、ちょっと新鮮。パティに自信があるみたい。メニューには国産牛100%、の文字が。

20120129_

運ばれてきたハンバーガーがこちら。フレンチフライが鮮やかな黄色なんだけれど、どうやってこの色を付けているんだろう?人形町の有名店で修行した方が新規オープンさせた、との事前情報を聞いていたけれど、出てきたハンバーガーはちょっとイメージが違った。どちらかというと、人形町というよりかは本郷のお店っぽい外見のハンバーガー。具材の積み方も「うーん・・・」。もう少し高さのある、キレイに積んであるハンバーガーを期待していました。

まぁいいや、と思い一口。濃厚なチーズとパティが合わさるところは良いけれど、パティにはかなりの塩胡椒が効いていて、肉の味わいが消えてしまっていた。パティの表面には硬めのクラストがあるのは良いのだけれど、焼き過ぎてしまっているため、中央部分の水気も飛んでしまい結果的には残念な焼き上がり。個人的には表面にクラストを作りつつ、中身も柔らかな広尾のお店のバランスが好きなので、焼き加減を調整した方が良いかも。あと、チーズバーガーを頼んだのかな、と錯覚してしまうくらいベーコンの存在感が皆無。これは本当にどうにかして欲しかった。

ランチタイムの最後の方に入ったからかもしれないけれど、フレンチフライが完全に冷えきっていて硬かったのも気になった。値段も高めなのに、全体的にこのクオリティはちょっと厳しいんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

I-Kousya GM Mushroom Burger w/o Cheese

かなり久しぶりに水道橋のi-kousyaへ。このブログの初期から登場している、今となっては老舗と言って良いお店。最近はいろいろ新しいお店がオープンしているけれど、昔から営業しているお店がしっかりと営業しているのは嬉しい限り。野球を見る時に何回かテイクアウトして食べているけれど、店内で食べるのは久しぶり。頼んだのは、看板メニューのGMマッシュルームバーガーのチーズ抜き。以前も頼んだことのある組み合わせ、今回はパティをラージで。

20120128_

こちらが運ばれてきたハンバーガー。しっかりと焼き目の付いたパティの上には、マリネされたマッシュルームが。酸味の香りが漂う。早速野菜類を全部載せて食べてみる。やっぱり、バルサミコ酢の酸味が強烈に強いハンバーガー。これがしっかりと焼かれたパティと合わさって、独特の食感、味わいになっている。ラージの150グラムパティはウェルダンに焼かれていて、炭火焼ほどの香りは無いけれど、程よいコゲがアクセントになっている。今の自分の好みだと少しミディアム寄りの焼き加減だともっと良いんだけれどなぁ。

メニューを見たら、やっぱりブルーチーズのハンバーガーが食べたくなった。最初に食べた時のブルーチーズとフライドオニオンの組み合わせには驚いたなぁ。今でこそ色々なお店がそれぞれ趣向を凝らしたトッピングを考案しているけれど、このお店のブルーチーズ+フライドオニオンの組み合わせは、「元祖・創作トッピング」と言っても良いんじゃないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

Aged Bacon Cheeseburger

新年2個目のハンバーガーを食べに、駒沢のAS Classics Dinerへ。昨年から徐々に取り入れてきた牛肉のドライエージング、2012年も続けて行く模様。嬉しい。今年第一弾はパティだけでなくベーコンもエージングを施したベーコンチーズバーガー。メニューにある正式な名前は「Aging Burger」だけれど、この名称だと言葉のニュアンスが違ってしまうので、熟成を意味したいのなら「Aged」の方が正しいと思います。

20120114_1

重ねてみたところ。

20120114_2

登場時はオープンスタイルで。先月のマンスリーとは熟成に使った肉の部位が違い、熟成の対象をベーコンまで含めた。チーズはゴーダを使用。先月は生のオニオンを使っていたけれど、今月はグリルされたものに変更。焼き台が網から以前のロストルに戻っているのも大きな違い。そのせいか、バーガーが運ばれてきた時には炭火焼の香りが漂っていていい感じ。

ASのベーコンと言えば、脂身の多い、柔らかいベーコンをイメージするけれど、今回のベーコンはちょっと硬めな、歯応えのある食感。コクのある味わいが広がり、熟成肉のパティのコクと合わさり、旨味たっぷりのバーガー。前回のオニオンは生であるためピリっと存在感を主張していたけれど、今回はグリルされているのでベーコンとパティの旨味をサポートするためにバーガーに馴染んでいる。バーガーが運ばれてきたときに漂っていた香り、食べた時にも程よいスモーク風味を味わえる。

近年のトレンドとして多彩な工夫を施されたトッピングによって差別化を図るバーガーが多いけれど、やっぱり基本のシンプルなバーガーは大事だと思う。トッピングが多くなるとどうしても食べにくくなってしまうし、本来ハンバーガーはシンプルなのが美味しい食べ物だと思う。(ベーコンチーズバーガー自体、十分トッピングが多いハンバーガーだ、という意見もあると思うけれど)今年はできるだけシンプルなバーガーを食べていきたいと思います。

20120114_3

トマトクリームスープ。寒い時期なので、体を温めるためにバーガー前に頼んだ一品。

20120114_4

デザートに頼んだPecan Nuts Pie。メープルシロップの甘さとナッツの香ばしさが良くマッチしたデザート。濃厚な甘さがあるので、コーヒー系のホットドリンクと合わせるといいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

Teriyaki KIWANIKU Burger

2012年初バーガーを食べに、昨年末は殆ど伺う事の出来なかったA&G Dinerへ。行くまではマンスリーバーガーが何か分からない、というリスキーな事をしてみました。メニューを見ると、マンスリーは二つある模様。コラボバーガーを取り上げる気はさらさら無いので、KIWANIKUバーガーをオーダーする事に。今月はテリヤキをKIWANIKUと組み合わせるという、チャレンジングな試みに挑戦している。前菜には定番のガンボスープを頼み、体を温めて主役の登場を待つ。

20120107_1

こちらが運ばれてきたテリヤキバーガー。

20120107_2

以前よりも肉厚になったビーフパティ。ゴーダチーズが豪華にトッピングされた一品。テリヤキソースはクラウンの裏側に塗られている。パティの下には通常のタルタルソースではなく、薄く切ったピクルスが隠れている。まずは野菜抜きで一口。その後、野菜を挟んで二口目。テリヤキソースとビーフのパティの共存、両者の良い部分を引き出すには、野菜類を入れて食べた方がバランスが丁度いいような気がする。ビーフパティはジューシーで柔らかいのに肉汁少なめのリーンな感じ。バーガー袋を使って食べたけれど、ほとんど肉汁が落ちなかったのがいい感じ。以前に比べて肉厚で重量感が増しているので、この新しいVerを基にしたクラシックバーガーが食べたくなった。

ただ、お店の意図は分かるのだけれど、やっぱり自分は野菜を途中から挟むという食べ方にはネガティブ。クラウンと一体化しているチーズを手で離し、野菜を挟むという作業が生理的に受け付けない。薄くスライスされたオニオンとテリヤキソースの絡みは抜群なので、最初から野菜を挟んで食べた方が美味しいと思います。このテリヤキソースは少ししたら別の形で味わえるようなので、その展開についても楽しみです。

20120107_3

最近のA&Gの名物となっている、ストロベリーパフェ。

20120107_4

注文してから丁寧に作り上げていく一品。ほどよい酸味の苺シャーベットをまずは単独で味わい、その後濃厚なホイップクリーム、アイスミルクと混ぜながら食べる事で味わいの変化が楽しめる。そういう意味では、パフェもハンバーガー的なベクトルを持った食べ物なのかも。こちらもマンスリーということで色々なフルーツを月替わりで提供しているみたいなので、こちらも楽しみ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »