« コルビーチーズバーガー+ベーコン | トップページ | 12月の熟成肉 »

2011年12月 2日 (金)

Dry Aged Beef Patty Burger

今年ももう12月。歳をとったせいか、一年が凄く早く過ぎて行くような気がする。ってことで、今月も駒沢のAS Classics Dinerへ。注目の今月のマンスリーバーガーは、以前、試験的に作って頂いた熟成肉パティを使ったチーズバーガー。使っている材料が材料なだけに、超数量限定。確実に食べたいのであれば、予約をしておいた方が無難。

20111202_2

こちらが運ばれてきたときの姿。チーズは通常のチェダーではなく、スモークゴーダチーズを使用。オニオンも通常とは違い生タイプ。

20111202_1

重ねてみた姿がこちら。重量感のあるパティにトロリと溶けているスモークゴーダチーズ。通常の炭火焼に加え、バーナーで一気に焼き上げている。早速一口食べると、甘みが凝縮されたプリプリのパティが美味しい。チーズバーガーというシンプルなハンバーガーなのに、独特の旨さがある。中央部に隠れているガーリックベースのソースにより、中盤以降は味わいが変化し、最後まで飽きずにグイグイ食べられるように配慮されている。

どうしても以前食べた特製の熟成肉バーガーと比べてしまう。プロトタイプ的な特製品と量産品を比べるのは邪道だけれど、個人的に気になったのは焼き台の違い。ASはいつも炭火焼でありながら、以前は鋳物のグリルを使っていたのに対し、今は網焼きに変更されている。当然火の通りが違い、今の方がカチっとした焼き上がりだったのに対し、昔のグリルは柔らかくパティが焼き上がる。ただ、一番違うのは炭火焼の香りの付き方で、昔の方がより炭火焼の風味を味わえた。そして、その炭火焼の風味と熟成肉の味わいがベストマッチだったと思う。なので、この熟成肉のハンバーガーについてはミディアムレアの焼き上がり+炭火焼がもっと強く感じられる焼き上がり、つまり、以前の鋳物のグリルで焼いたものを食べたいと思った。

20111202_3

キャラメルオニオンクリームスープ。オニオンの甘さを感じられるスープ。歯応えもよく、オニオンの繊維質を感じながら食べることができるスープ。

20111202_4

彩り綺麗なストロベリーパイ。苺以外のベリーを贅沢に使ったソースが敷かれていて、ベリー類の持つ甘さや酸味を感じられる。マンスリーのハンバーガーも楽しみだけれど、気づいたらいつもマンスリーデザートも頼んでいる自分がいる。

|

« コルビーチーズバーガー+ベーコン | トップページ | 12月の熟成肉 »

05. 特製ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/53398119

この記事へのトラックバック一覧です: Dry Aged Beef Patty Burger:

« コルビーチーズバーガー+ベーコン | トップページ | 12月の熟成肉 »