« 開幕戦 | トップページ | Teriyaki KIWANIKU Burger »

2011年12月26日 (月)

Blue Smoke Burger

実質的にNY最終日。向かったのは、24日に行くも閉まっていたBlue Smoke。場所は27thストリート、ParkとLexingtonの間。大きな「BARBECUE」と「JAZZ」のサインが目印。

20111226_4

店内はカジュアルなバーダイニングな感じ。席に座り、早速バーガーをオーダー。サイドメニューにコールスローをオーダーして、メインのハンバーガーにはベーコンとチーズをトッピング。チーズは迷う事無くアメリカンを選択。

20111226_3

テーブルに置かれていたソース類一式。バーベキューソースは二種類。Magic Dustという、万能調味料も置いてある。使ってみればよかったな。

20111226_2

運ばれてきたハンバーガーはこちら。パリパリのベーコンと、パティを覆い隠すようにメルトされたアメリカンチーズが印象的。このお店のコールスローはマヨネーズ系を使っていない、酢と胡椒で味付けされたサッパリとしたタイプ。

20111226_1

パティにはBBQソースで味付けがされている。ただ、クドい味付けでなく肉の味を楽しめるように軽めの味付け。写真からは分かりにくいけれど、バンズのクラウンの下には大量のピクルスが隠れている。何も考えずに野菜類とバンズを持ち上げてハンバーガーを一体化させたので、食べてみてビックリ。それでも、肉がレアで柔らかく、とても纏まっていた味わい。パリパリのベーコンもいいアクセントになっている。メニューによると、このベーコンはお店で熟成されたものらしい。パリパリなのに味わい深いのは熟成によって生まれた味わいなのかも。

今回の旅行の中で、ここのお店のハンバーガーが一番好みかも。ハンバーガーのビジュアルはもちろんのこと、噛んだ時の満足感、味わい、そして、かなりヘビーな重さ。それらが凄く高い次元で組み合わさっている。

ウェイターにモノを頼むと「持ってきたぜ、ボス」みたいな感じで話しかけてくるのが何か楽しかった。バーガーも美味しかったので、チップはふんだんに付けておきました。

このお店はBBQをウリにしているだけあり、メインはスペアリブなどのBBQ料理とのこと。今回はハンバーガーしか食べられなかったけれど、BBQ料理も試したかった。まぁ、ここら辺が一人旅の辛いところですな。

20111226_5

20111226_7

買い物をして過ごした後は、最後の一食という事でShake Shackへ。Theater District店は夜の11時過ぎているというのに、店外まで行列ができているのは流石。流石に店内では食べられないので、テイクアウェーで。ホテルとお店の間は4ブロック程度だったので、助かった。実は、Shake Shackと前出のBlue Smokeの経営は同じ会社です。

20111226_8

チーズバーガー、野菜入り。若干冷めていても、安定した若干の焼き目による硬さ(クラスト)のあるパティに、若干甘めのポテトロールの組み合わせは最高。野菜を抜いてパティをダブルにしたら更にストレートなチーズバーガー感を味わえたかも。

20111226_9

ホットドッグにトッピングしたShack Cago-Dog。意外にもピリっと辛い一品。どうやらSport Pepperがその辛さの原因。甘酸っぱいレリッシュ、マスタードとの組み合わせは抜群。ハンバーガー屋として超有名なこのお店だけれど、このホットドッグもオススメです!

今回の旅行での発見としては、パティの厚さというのは重要だということ。同じグラム数の肉を使うのであれば、ハンバーガーの直径を長くする事にこだわって薄く伸ばすのではなく、直径をある程度犠牲にしてもパティの厚みにがある方が良いように自分は感じた。厚みがあれば、表面にコゲが出来るくらい焼いても中心部はレアになるし、噛み応え、食べ応えが違う。厚さが2センチくらいあるハンバーガー店、どこかにないかな…?

|

« 開幕戦 | トップページ | Teriyaki KIWANIKU Burger »

03. ベーコン系ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/53648372

この記事へのトラックバック一覧です: Blue Smoke Burger:

« 開幕戦 | トップページ | Teriyaki KIWANIKU Burger »