« ドバイ出張とラクダバーガー | トップページ | Fellows Gorgonzola Burger »

2011年11月12日 (土)

Spicy Joe with Sour Cream Burger

スケジュールの関係で行くのが遅くなりましたが、今月も駒沢のAS Classics Dinerに行ってきました。気付ばもう11月、今年のマンスリーバーガーも今回を含めてあと二つ。今月のマンスリーバーガーは寒くなってきた季節に良さそうなスパイシーなバーガーとのこと。

20111111_1

そのSpicy Joe with Sour Cream Burgerはこちら。今月も生野菜抜きのバーガー。ビーフパティの上には、いつもと違うサクサクの衣のオニオンリング。オニオンリングを埋めるような形でSpicy Joeがトッピングされている。締めにはサワークリーム。

ハラペーニョ、グリーンペッパー、チポトレとスパイシーな素材を使ったSloppy Joeは食べているとジワジワとエネルギーが溜まってくるような感じ。そして、このスパイシーさにはAS定番の組み合わせのサワークリーム。このサワークリームによって味わいを辛すぎる方向から若干マイルドな方向に引き戻している。先月末から何かと疲れていたけれど、この味わいによって元気が出た。

あと、特筆すべき事は見た目以上に食べやすいハンバーガーであること。パティはいつも以上に火を通してあり、流動性の高いJoeとの食感の対比で存在感を示している。流動性の高いトッピングに柔らかいパティだと食べにくい傾向があるけれど、その心配は無し。あとは、オニオンリング。これが上手く作用して、食べる時にJoeが飛び出すのを防いでいる。バーガー袋を使って食べたけれど、過剰な肉汁が出て水っぽくなる事無く、キレイに食べられる気持ちのいいバーガーでした。

20111111_2

サーモンとパプリカのマリナードサラダ。こちらは色合いのキレイなサラダ。マリネされたパプリカとオニオン、サーモンと自分の好きな食材が組合わさったサラダだったので迷わずにオーダー。ハンバーガー自体で摂れなかった野菜分をこのサラダで補いました。

20111111_3

柿のタルト。柿の果肉を並べ、その筋がキレイな模様になっている。一瞬、アプリコットか、と思うような色合いだけれど、一口食べると柿の甘さを全面に引き出しているタルトである事が分かる。敷かれたバルサミコソースの酸味とホイップクリームを合わせて食べる事で、柿の持つ独特の甘みを楽しめる一品。

|

« ドバイ出張とラクダバーガー | トップページ | Fellows Gorgonzola Burger »

05. 特製ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/53224860

この記事へのトラックバック一覧です: Spicy Joe with Sour Cream Burger:

« ドバイ出張とラクダバーガー | トップページ | Fellows Gorgonzola Burger »