« Munch's Chili Cheese Burger | トップページ | YORONIKU »

2011年10月 2日 (日)

Special Plain Burger

昨日から十月。マンスリーバーガーが一新されているので、早速駒沢のASまで。今月のマンスリーバーガーは二つ。一つ目はこの時期定番(?)のパンプキンを使ったパンプキンベーコンチーズバーガー。今月はもう一つ用意されている。「スペシャルプレーンバーガー」、生野菜を抜いてある、トマトソースが使われているハンバーガー。パンプキンベーコンチーズバーガーは去年も食べたので、今回はスペシャルプレーンバーガーの方をオーダー。

20111002_1

味付けはマヨネーズとタルタルソース、トッピングはトマトソースだけというとてもシンプルなハンバーガー。外苑前のA&G Dinerのキラーバーガーと同じ構成。ただし、自慢のパティは手切りの荒々しい180グラム、先月に続き炭火で網焼き。網焼きによって、外側が引き締まり中身がレアっぽく仕上がっているため、肉を引き裂く感じを楽しみながら食べられる。特筆すべきはミートソース。マッシュルームによるコクと、ベーコンの旨味が味の決め手。このミートソースを他の料理に使って食べてみたい。

このハンバーガーは開店直後のAS苦肉の逸品で、オリジナルは数十食しか出なかった模様。いわば、自分の知らない時代のASの幻の一品。生のトマトを有効活用するためのトマトソースなど、苦肉の策が詰まっている。もちろん、シンプルにそのまま食べるのが一番だと思うけれど、一応トッピングも可能。ただ、ミートソースの味わいを邪魔するテリヤキやチリなどの一部トッピングは不可。個人的にはチーズとハラペーニョと一緒に食べてみたい。

20111002_2

今月はマンスリーのサラダが無かったので、コブサラダのハーフサイズ。

20111002_3

こちらがパンプキンパイ。スライスされたパンプキンのトッピングが印象的。メープルシロップとクローブ、ジンジャーで味付けされている一品。見た目以上にサッパリしたデザート。

|

« Munch's Chili Cheese Burger | トップページ | YORONIKU »

01. プレーン系ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/52894113

この記事へのトラックバック一覧です: Special Plain Burger:

« Munch's Chili Cheese Burger | トップページ | YORONIKU »