« KIWANIKU Burger 2 | トップページ | AS Classics Standard Burger »

2011年9月19日 (月)

インドネシア料理

出張で一週間インドネシアのジャカルタへ。一応カメラを持って行ったけれど、外で撮るような雰囲気でなかったので料理の写真を撮ってみました。基本的に人と一緒に食べに行く時は現地の食べ物を食べるようにしています。その方が会話が進むし、打ち解けられるような気がするので。頑に日本料理しか食べない人も居るみたいですが、それだと現地の人に失礼じゃないのかな。

20110912_1

初日の夜は疲れていたので、ホテルのルームサービスでハンバーガーを。宗教的な問題があるので、メニューには豚のベーコンとターキーのベーコンから選べた。今回は豚のベーコンを頼んでみたけれど、ターキーのベーコンっていうのも試してみたかったな。お国柄なのか、パティは十分過ぎるくらい火が通っているウェルダン状態。バンズは少し重たいタイプ。驚いたのはケチャップで、トウガラシが混ぜられているらしく少し辛味が効いている。

20110913_1

次の日のランチは付近の飲食店専門のモールに連れて行ってもらった。歩いて数分の距離でも、車を使っての移動。これはインドネシア風の焼き鳥で、ピーナッツベースのソースに絡めて食べる。程よい甘さと香ばしさで何本でも食べられる。横にはペースト状のトウガラシがあるので、味の変化も楽しめる。

20110913_2

牛肉のスープ。意外に薄味でコクを楽しむタイプのスープ。出張前は氷を含む水物は敬遠するように言われたけれど、頼んだココナッツジュースには見事に氷が入っていたけれど気にせずに全部飲んでしまった。このスープも然り。台湾で免疫を付けていた結果なのか、全然大丈夫でした。

20110913_3

こちらはココナッツベースのスープ。見た目とは裏腹に、意外と辛い。スープとして飲んでも、ご飯(白米)に掛けて食べても良かった。

20110913_4

インドネシア風のフライドチキン。チキンそのものとは別に、衣が乗っかっているのが特徴的。これにはトウガラシの辛いペーストを絡ませて食べる。トウガラシペーストも料理によって全然辛さが違うので、食べるまで激辛なのかマイルドなのかが分からない。そういう所も含めて異国の料理は楽しい。

20110913_5

夜ご飯はホテル内のレストランで。炒めご飯とチキンの組み合わせ。何故か炒め飯の上には卵焼きが乗っているみたい。

20110913_6

豆腐の厚揚げのような一品。中身には野菜が詰まっています。ピーナッツベースのソース、トウガラシが浸してある甘醤油っぽいソース、そしてトウガラシそのものの
三つの味付けが楽しめます。

20110913_7

こちらが追加のソース。基本的に全部辛いです。

20110914_1

次の日の夜は、ちょっと高級なインドネシア料理を食べに行く事に。揚げ物のサンプラー。サンプラーなのに、料理は盛りだくさん。

20110914_2

串料理の盛り合わせ。鳥に加えて牛、そして豆腐もあったり。後ろに見えているのがほうれん草のサラダ。ニンニクで味付けされていて、とても食べやすい。

20110914_3

牛肉をココナッツベースのソースで絡めた逸品。トウガラシが目立っているけれどとてもコクのある一品。味が強めなので、ライスと一緒に食べました。ちなみに、ライスはココナッツライスを選択。ココナッツの風味が最高でした。

20110914_4

揚げた魚料理。顔と尾の部分以外は全部食べられる。一緒に添えてあるピーナッツベースのソースが美味しく、魚のパリパリとした食感と一緒にグイグイ食べられる。

20110914_5

締めはドリアンのブリュレ。器はドリアンのものらしい。一口目は普通のクリームブリュレのようだけれど、後味でドリアンが入っている事が分かる。独特のドリアンの味を堪能できた逸品。匂いは全然ありません。

20110915_1

最後の夜、現地の人に連れて行ってもらったシーフード系のレストラン。ここでも炒めご飯を頼んだ。やはり卵焼き登場。炒め物がピリっと辛い。

20110915_2

イカの甘いソース絡め。これは辛くなく、マイルドな一品。イカの中身には他の魚がフィリングされていた。

20110915_3

海老の唐揚げ、マヨネーズ和え。

20110915_4

またトビウオの唐揚げ。今回のソースは前日とは違い、かなり辛いソース。インドネシアの揚げ料理は衣を多めに付ける傾向があるのかな(さっきの海老の唐揚げもしかり)。

最終日のお昼は地元の食堂へ。

20110916_1

店内はこんな感じ。店内には大きな水槽があり、シーフード系の食堂らしい。
20110916_2

唐揚げ。

20110916_3

魚のスープライム風の酸味がポイント。魚のダシが出ていて美味しい。

20110916_4

店の外はこんな感じ。渋滞が激しく、帰りのタクシーを拾うのに10分くらいかかった。

帰りのフライトは5時発なので2時に事務所を出たけれど、大渋滞に巻き込まれて焦る。高速に乗るまで40分位殆ど車が進まず焦るけれど、高速に乗ったら意外とスイスイ動いて、出発90分前に空港に到着。今回もインターネットチェックインをしたので待ち時間無しで荷物を預けられた。出国税の15万ルピアもチェックインカウンターで支払い。国際空港なのに、どこか民家っぽい建物だったのが印象的。シンガポールで乗り換えて、無事に早朝の羽田に到着です。シンガポールの免税店の規模にびっくり。

20110916_5

これはシンガポールのバーガーキングで食べたトルティーヤワッパー。やっぱりバーガーを食べると何故か安心する。ちょっと甘いBBQソースが使われていたけれど、いつもそうだったけ?できたての筈なのに、なぜかアツアツでなかったのがちょっと残念。

なんか色々食べ過ぎたな。

|

« KIWANIKU Burger 2 | トップページ | AS Classics Standard Burger »

43. 旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/52764297

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシア料理:

« KIWANIKU Burger 2 | トップページ | AS Classics Standard Burger »