« インドネシア料理 | トップページ | Munch's Chili Cheese Burger »

2011年9月24日 (土)

AS Classics Standard Burger

今月は試験的にグリルがロストルから網焼きに変更になっているAS Classics Diner。もしかすると9月を過ぎると網焼きのパティを使ったハンバーガーが食べられないかと思い、再訪。過去の履歴を見てみると、なんとスタンダードのハンバーガーを食べてない事が判明、その流れでスタンダードのハンバーガーをオーダー。トッピング無し。

20110924_1

こちらがスタンダードのハンバーガー。ヒール裏のマヨネーズに網焼きのビーフパティ、微量のBBQソースにぐるりオニオン、トマト、レタスにタルタルソース。早速一口、パティの焼き加減が違っていて、表面を炭火の強い火力で直接焼かれているので表面は硬めに、中身は柔らかく仕上がっている。噛み応えという意味では、こちらのパティの方が好みだし、肉汁が落ちている分食べやすい。ただし、こちらのパティが完璧か、というと決してそうではなく、ASの特徴の一つである「炭火焼の香り」がかなり薄まってしまっている。余計なクセが抜けたので一般受けはしそうだけれど、炭火焼のスモーキーなクセを期待している人にはちょっと物足りないと感じるかもしれない。この部分については今後試行錯誤して改良される、という事なので期待したいです。当面は網焼き継続なのかな?

ハンバーガーそのものは肉中心であるものの、それ以外の素材が上手く立っていて「これぞハンバーガー」といった出来。トッピング偏重型のマンスリーバーガーが上手く成り立っているのも、この基本のハンバーガーがしっかりしているから、と勝手に納得。特に中央部の主張しすぎないBBQソースのバランスが絶妙。

20110924_2

前回食べようと思って食べられなかったフライドチキン。スパイシーな衣にジューシーな肉部分。衣はそれほどクリスピーでは無いタイプ。敢えてナイフとフォークを使わずに手を汚しながら食べるのが醍醐味。添えられているサワークリームも美味。

20110924_3

これもずっと食べたかったアップルパイ。セットにするとコーヒー付き。とても家庭的な味わい。アメリカのアップルパイというともっと甘みが全面に出てきているけれど、このアップルパイは甘さ控えめのさっぱりとしたタイプ。

|

« インドネシア料理 | トップページ | Munch's Chili Cheese Burger »

01. プレーン系ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/52823727

この記事へのトラックバック一覧です: AS Classics Standard Burger:

« インドネシア料理 | トップページ | Munch's Chili Cheese Burger »