« Bacon Cheeseburger with Aged Beef Patty | トップページ | BBQ CheeseBurger »

2011年8月18日 (木)

KIWANIKU Burger

今日は外苑前のA&G Dinerへ。目的はマンスリーバーガーの極肉(きわにく)バーガー。夜の時間帯はお客さん少なめのイメージだったけれど、ほぼ満席。平日夜限定のマンスリーバーガー。

20110818_1

こちらがKIWANIKUバーガー。このお店としては珍しく分割された状態での登場。お店からは、「まずはパティだけで」次に「野菜を入れて」そして「好みでソースをかけて」食べる、味の変化を楽しむバーガーとのこと。

20110818_2

通常のバーガーに比べて厚みのあるビーフパティ。腕肉(ミスジ)を使った手切りで作られているビーフパティ。その上にはエメンタールチーズ。横に重ねてある野菜類はピクルス、トマト、生オニオンそしてレタス。付け合わせにはマッシュドポテト。

まずはパティだけで一口。いつものA&Gとは違う、ゴロゴロとした肉の食感がいい感じ。噛んだ部分からは肉汁がジュワっと溢れてくるが、バンズに吸収されて意外とお皿には肉汁は落ちない(今回はバーガー袋無しで食べてみた)。いつも通り、肉の中心部までしっかりと焼かれている。次に野菜を載せて食べる。野菜を載せた方がハンバーガーとしてのバランスがいい感じ。普段の味付けとは違う、シンプルな味付けのみなので肉の甘み、野菜類の旨味が味わえる。

個人的にはセパレート型にして野菜後乗せにするのではなく、最初から野菜アリかナシを選ばせて、一気にそのまま食べさせる方が良かったと思う。粘着性のあるエメンタールチーズのため、一回クラウンでフタをしてしまうと、野菜を入れる時にチーズがクラウン裏について伸びてしまい、美しくなく、残念な気持ちになってしまう。また、食べ口の分だけ野菜類が余ってしまい、少々食べにくい。最後に、ソースは個人的にはナシ。素材感を求めているハンバーガーにこのソースは強すぎる。折角いい直球があるのに、何故か変化球を投げて失投してしまった感じ。ソース自体は美味しいので、付け合わせのマッシュポテトと絡めて食べるのが良いかと。

いろいろ書いてしまったけれど、もう一回、野菜が重なった状態でソース無しで食べたいハンバーガー。味のバランスで勝負するA&Gが肉に本格的に取り組んだらどうなってしまうんだろう、と期待させてくれる今月のマンスリーバーガー。来月以降のマンスリーに期待したいです。

|

« Bacon Cheeseburger with Aged Beef Patty | トップページ | BBQ CheeseBurger »

02. チーズ系ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/52508817

この記事へのトラックバック一覧です: KIWANIKU Burger:

« Bacon Cheeseburger with Aged Beef Patty | トップページ | BBQ CheeseBurger »