« Munch's Burger Shack 2 | トップページ | 横須賀ベース内二連発 »

2011年7月 2日 (土)

Double Patty Burger

今月もマンスリーバーガーを提供しているAS Classics Diner。今月のマンスリーバーガーはダブルパティバーガー(Double Patty Burger)。通常のパティに加え、アメリカのアンガス牛のパティが乗っているダブルバーガー。このハンバーガーに関しては、トッピングは受け付けていない模様。

20110702_1

見た目は飾りっ気のないバーガー。ビーフパティ以外には味付け用のカナディアンベーコンと刻みオニオンとピクルスのみ。通常入っているグリルドオニオンや生野菜類は一切無し。パティには味付けはされておらず、パティとパティの間に挟まっているベーコンの塩気で食べるハンバーガー。職人気質。

二種類のパティについて。通常のパティがタイト目に締まっているのに対し、アンガス牛のパティはぶつ切りで肉の塊の集合体、といった感じ。アンガス牛のパティの方が食感が柔らかく、二つの違う噛み応えのパティを楽しめる一品。焼き加減も、アンガス牛の方が若干ミディアムレアで、中身は綺麗なピンク色。通常パティの方はやや赤味掛かっている。

味付けは挟まれたベーコンの塩気と、(珍しく)ケチャップのみ。ダイスされた生オニオンとピクルスは清涼剤。肉の味わい、肉の持つ食感の違いという直球で勝負しいるハンバーガー。肉好きには堪らない一品。トッピングは一切受け付けていないというハンバーガー。確かに、アボカドやチリなどはこのハンバーガーの良さを打ち消してしまうけれど、チーズなら許容範囲かな。チーズも、通常の半分のサイズで、チーズ有り/無しで味の変化をつければより一般受けするかと。

他に頼んだものはこちら。ヴィシソワーズはジャガイモベースのとろみがあるスープ。

20110702_2

パンプキンアイスクリーム。メープルと黒糖のシロップとカボチャの相性がバッチリの一品。

20110702_3

|

« Munch's Burger Shack 2 | トップページ | 横須賀ベース内二連発 »

01. プレーン系ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/52105222

この記事へのトラックバック一覧です: Double Patty Burger:

« Munch's Burger Shack 2 | トップページ | 横須賀ベース内二連発 »