« 関西遠征その他 | トップページ | イタリアンラムチーズバーガー »

2011年4月17日 (日)

Nick & Renne

大阪遠征最終日。昨日の雑談の中でも出てきた、Nick&Renneに行くことに。今まで行きたいと思いつつ、スケジュールのタイミングが合わずに伺えていなかったお店。梅田駅に荷物を預けて、御堂筋線で北里中央まで行った後、大阪モノレールで少路駅下車。初めてだったので、そこからはタクシーで東豊台小学校を目指す。緑色の看板が目立っているお店。

カウンター席に着席し、オススメを聞いてみる。厚めにカットされたベーコンを使った「グルメベーコンバーガー(一日10個限定)」が一番のオススメ、ということなのでそれにチーズをトッピングしたものを頼む。ランチタイムはお得なドリンクセットもあるようなので、+150円でミディアムサイズのジンジャーエールを追加。

20110417_1

少しして運ばれてきたハンバーガーがこちら。バンズの色ツヤが美しい、キレイに積み上がったハンバーガーが登場。ヒール部分を若干厚めに残してカットしたバンズにより、持ち上げても安定感がある(A&G風?)。厚切りのベーコンは粒マスタードで味付けがされている。バーガー袋に入れて一口。黒毛和牛100%というパティは噛み応え十分のハード目の食感。厚切りのベーコンも若干強めの塩気と粒マスタードと合わさってバーガーに旨味を与えている。軽くグリルされたオニオンと下の野菜も余計な味わいで邪魔すること無く、バランスよく重なっている。皮付きのポテトも、ホクホクした食感でホームメード感たっぷり。

肉の食感、味わいを大切に生かしたハンバーガー。お店の外には、肉の美味しさを全面にアピールしている看板が立っていたような。最近、高級ブランドの牛肉を使用していることをアピールしているハンバーガーほど、肉本来の味わいを前面に出さず、ソースで濃く味付けされている傾向があるように思う。逆に、そういうことを謳っていないお店ほど牛肉のクセを上手く利用して、特徴のあるハンバーガーを出しているように思う。このお店のハンバーガーは後者。シンプルな味付けで肉を食べさせてくれるハンバーガー。機会があれば、違うハンバーガーも食べてみたい。

|

« 関西遠征その他 | トップページ | イタリアンラムチーズバーガー »

02. チーズ系ハンバーガー」カテゴリの記事

03. ベーコン系ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/51417397

この記事へのトラックバック一覧です: Nick & Renne :

« 関西遠征その他 | トップページ | イタリアンラムチーズバーガー »