« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月29日 (土)

サロン・デュ・ショコラ 2011

新宿伊勢丹で開催されているサロン・デュ・ショコラに行ってきました。去年と同じく、かなりの混雑で目的のブースに歩いて行くのも難しい状況。目標は、去年買えなかったファブリス・ジロットのアクアカオ。それ以外に、Les Abeillesのチョコレートも購入。オーナーのシャクマンデスさんのサインを箱に入れてもらいました。

20110129_1

20110129_2

これが去年買えなかったアクアカオ。今年の新製品の日本風味のショコラは殆ど残っていなく、逆にアクアカオは大量に残っていた。これから、堪能します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

BBQ Smoked Bacon Cheeseburger

今日は外苑前のA&G Dinerへ。オーダーしたのは前々回のハンバーガーと同じネーミングのBBQ Smoked Bacon Cheeseburger。AS Classics Dinerの同名のマンスリーバーガーとは素材は基本的に一緒だけれど、パティの焼き方(炭火vsグリドル)が違ったり、細かい構成が違ったり。6時から提供されるところは同じなのでランチタイムには食べられません。1月のマンスリーバーガーなので、食べられるのは来週の月曜日まで。

20110128_1

いつも写真はフルサイズの一眼レフで撮っているけれど、今日は急遽ハンバーガーを食べに行くことにしたので、iPhone4で撮った写真です。写真が汚くて、すいません。

基本構成はAS Classics Dinerと同じ。上にはオニオンリング、厚切りのロイヤルポークを使ったベーコン、そしてチーズにパティ。生野菜系は皆無。見た目で違っているのは、こちらはケチャップを使わずに自慢のBBQソースで味を整えていること。グリドルで焼いているけれどスモークの匂いがするハンバーガー。焼いている時もテーブルのところまでスモークの匂いが漂ってくる。グリドルのみで炭火が使えない分、仕込み時の工夫によって成り立っている。

食べてみると、フワフワのバンズにカリっと揚がったオニオンリングの対比する歯応え。前回はしっかりと噛み切らなかったためにベーコンがスルリと抜けてしまったけれど、今日のはバンズが柔らかいので、しっかりと噛む力がベーコンに伝わって行き、確かな満足感とともにベーコンが切れる。パティ上の甘めのBBQソースによって、グイグイ食べていける。そういえば、こちらのはヒールの上にピクルスが入っていなかった。

さて、普段は「どちらのほうが美味しい」的なことは書かないけれど、同じ素材を使って、AS ClassicsとA&G Dinerが独自の技術・手法で仕上げたハンバーガー、どちらの方が自分好みかというと・・・A&Gの方に軍配が上がります。

「肉を食べている」感はASの方が断然強いのだけれど、どうしても味が単調になってしまう感じ。代わってA&Gの方は甘いBBQソースがアクセントになっているので、塩気一色になっていない。あと、バンズが柔らかい分オニオンリングのクリスピーな衣が生きていて、メリハリが付いていい感じ。底にピクルスが入っていないのも、個人的には正解。別に競っている訳じゃないと思うけれど、一月の第一ラウンドは変化球で攻めているA&Gの勝利。こう食べ比べをしてしまうと、毎月のマンスリーが楽しみになってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

Bar Shanks ガリガリ肉バーガー

1月24日から一週間限定で参宮橋のBar Shanksの限定ハンバーガーが食べられるということで、仕事が終わった後は参宮橋へ直行。このハンバーガーは7周年記念ということで、芳賀マスターとキラエリさんが一週間試食を繰り返して誕生した一品、とのこと。

7周年記念バーガーの名前は、ガリガリ肉バーガー。某アイスキャンディーを想像させるネーミングだけれど、ガリガリと言っても硬い訳ではなく、ガーリックのガリと生姜のガリのバターを使った肉満載のハンバーガーとのこと。まずはビールカクテル(レモン)を飲みながら、ハンバーガーが出てくるのを待つ。

20110124_1_2

こちらが、ガリガリ肉バーガー。

20110124_2_2

説明によると、バンズの上下にガーリックバターとジンジャーバター塗られているらしい。上から自家製のスモーク焼豚、豚の味噌焼き、そしてチーズにビーフパティが重ねられている。なんだろう、ベーコンチーズバーガーの変わり種、と言ったところかな。通常のハンバーガーには入っているはずの野菜を排除した、ガツンと肉だけで勝負するハンバーガー。

早速食べてみる。今日のバンズは若干柔らかく、肉類を包み込むようにして挟むことが出来た。スモーク焼豚から出ていると思われるスモーキーな香りはBar Shanksならではの匂い。具材は肉ばかりのハンバーガーなのに、それほど塩気が強くなく、スルリと食べられてしまう。例えるのであれば、かなりの肉食系でありつつも、躾がしっかりされていて大人しく、そしてガリ・ガリの風味が「ちょいワル」な多面性を持っている大人のハンバーガー。今まで食べたことの無い、不思議なハンバーガー。

それぞれの具材の風味は薄味で、その味の積み上げが美味しいハンバーガー。隠し味として柚子が使われていて、これが口の中にサッパリさせ、この肉々しいハンバーガーを食べやすいものにしている。肉の量だけで考えるとかなり多めだけれど、この分量をサラリと食べさせてくれる構成が素晴らしい。写真には写っていないけれど、付け合わせはクミンで味付けされたキュウリ。クミンの効果で、食後も口の中はサッパリ。

結局、ハンバーガーを食べた後にビールカクテル(苺)を飲み干した頃にお店が混んできたので、そこでお会計。通常のハンバーガーも美味しいけれど、この食べた後に不思議な気分になるハンバーガーもオススメです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

BBQ Smoked Bacon Cheeseburger

今日は恒例のマンスリーバーガーを目指して駒沢公園近くのAS Classics Dinerへ。

20110116_1

まずはバッファローウィングスから。BBQとスパイシーから選べるので、今日はBBQで。油で揚げたウィング部分にソースを絡めて完了。シーザーサラダ用のホワイトドレッシングにチーズを加えたソースが添えられているので、それにディップすることで味の変化を味わえる。関節部分を噛み切って、骨を一本にしてから肉を削ぎ落とす食べ方が一番食べやすい食べ方だと思うけれど、正統な食べ方ってどういう食べ方なんだろう?

20110116_2

ブロッコリークリームスープ。もう少し青いスープをイメージしたけれど、青臭さを押さえるためにこの色合いに落ち着いたとのこと。良い意味でコクのあるスープ。クラムチャウダーのように、クラッカーと一緒に食べたくなった一品。

20110116_3

BBQスモークベーコンチーズバーガー。昨年は肉の掛け合わせで新しいハンバーガーを提案していたAS Classics Dinerのマンスリーバーガーだけれど、今年は通常メニューにあるハンバーガーに手を加えたものをマンスリースペシャルとして提供する模様。第一弾は、どのお店でも大人気のベーコンチーズバーガー。特選ベーコンチーズバーガー、って言ったところか。

通常のベーコンチーズバーガーと違う点は四つ。

一つ目は、使っているベーコンが沖縄産のロイヤルポークであること。通常のベーコンでも脂身の多い、香り高いベーコンを使っているけれど、こちらは更に甘い脂身が特長のポーク。そして、通常よりもやや厚切りでカットされている。

二つ目は、肉類を焼き上げる時に更にスモークを施していること。パティを焼き上げる時にスモークを施しているので、薫製の強めの匂いが特長。この工程により、ビーフパティ、チーズ、ベーコンの一体感が強まっていると思う。

三つ目は、オニオンリングが乗っていること。オニオンリングの上にはAS自家製のケチャップが少しだけ乗っている。このオニオンリングが加わることで、ハンバーガーの「高さ」が強調される結果に。

最後に、野菜が殆ど入っていないこと。野菜分と言えば、上記のオニオンリング内のオニオンと、ヒール部分に塗られたタルタルソースの上に乗っているピクルスくらいか。全面的に肉が主張している、とても尖った、男臭いベーコンチーズバーガーに仕上がっている。

さて、食べる時には相当気合いを入れて食べないといけないハンバーガー。一口目から容赦ない肉の圧力が襲いかかってくる。注意しないといけないのは、一口目からしっかりと肉を噛み切ること。中途半端に噛んでしまうと、通常よりも肉厚のベーコンがスルリとそのまま抜けてしまう。厚切りのベーコンは旨味たっぷりで、明らかにビーフパティよりも存在感を放っている。パティから吹き出る肉汁もごく少なく、オニオンリングさえ崩れなければ最後までキレイに食べきれるハンバーガー。このハンバーガーの名前のBBQとは、アメリカのBBQグリルで作る肉料理をイメージしたもの。

野菜が無いことがウリになっているけれど、個人的には少し野菜が欲しかった。それほど肉の主張が強いハンバーガー。また、オニオンリングではなく、普通にグリルしたオニオンでも良かったのでは。あと、今日が特別寒かったからそう感じたのかもしれないけれど、このハンバーガーは冬ではなく、夏場に出した方がウケが良いような気がした。

20110116_4

デザートにはストロベリーパイを。こちらは甘さ控えめの、スッキリとした味わいのパイ。アップルパイも気になるけれど、それは別の機会に、ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

I-Kousya ベーチー+フライドオニオン+チーズ

2011年初バーガーは水道橋のI-Kousyaへ。記録を遡ってみると、最後に訪れたのは2009年の12月。昨年は一回も行っていなかったことに。スイマセン。

久しぶりなので、オーダーする時はメニューと睨めっこ。自分の中でのI-Kousyaの特色は力強い焼き加減のビーフパティとフライドオニオンという珍しいトッピング。オーダー時に敢えて店員さんにお勧めを聞くとベーコンチーズバーガーということなので、ベーコンチーズバーガーにフライドオニオンとエキストラチーズをトッピングしたものをオーダー。パティのサイズはラージで。チーズをダブルにしたのは、フライドオニオンとのバランスを考えて。

20110112_1_2

前回訪問時と同じく、正方形のお皿に乗って登場したハンバーガー。クラウンと野菜部分が別積みなのも変わらず。エキストラチーズのトッピングのため、チーズが星形になっていて、更に美味しそうに見える。折り畳まれたベーコンの上には、パリっと薄い衣が付いたフライドオニオン。食べる時は、上半分の野菜の部分を合体させ、軽く上からつぶしてからバーガー袋に。潰しすぎるとフライドオニオンのパリパリ感が失われてしまうので、ハンバーガー袋にギリギリ入る程度までに止めておく。

一口食べると、フライドオニオンのパリパリとした食感と香ばしさ、キチっと焼かれたベーコンとビーフパティ、コクのあるチーズの味わいが一気に伝わってくる。パティの焼き加減はかなり強め。ただ、それでも肉がパサついているわけではなく、ギュッとした食感と味わいが詰まっている。バランスを考えると、チーズをダブルにしたのは正解だったかな。

サイズ的には大きめのハンバーガーだけれど、とても食べやすい。砕かれたフライドオニオンが滑り止めの役割をしているのもあるけれど、肉汁が必要以上にバーガー袋にこぼれず、ハンバーガーが一個の個体として纏まっていることが原因だと思う。もっと尖らせた味わいにするのであれば、野菜類を抜いて食べてみるのもいいかもしれない。

自家製のポテトチップスも、以前に比べてパリっと揚がっていて、食べやすかった。夜行ったので、お酒のツマミ的なメニューがもう少し充実していればいいなぁ、と思ったり。

2011年は上々の初バーガーで幕を開けることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

米沢屋の焼肉

今日は焼肉を食べるために深沢の米沢屋へ。車じゃないとちょっと不便な場所にあるお店。駅から歩くとどのくらい掛かるんだろう?店内は写真禁止ということらしいので、写真はありません。

店は思ったより小さく、テーブル席x3にカウンター6席。七輪の炭火で焼くタイプのお店で、店内は煙でモクモク。最近の無煙系の焼肉屋とは違い、「焼肉を食べに来た!」とテンションが上がってくるお店。ただし、当然煙の匂いが付くので、匂いが付いても大丈夫な服装の方が吉。

肉類でオーダーしたのは、ユッケ、レバ刺し、上タン塩、塩ハラミ、ホルモン、オススメのモモ肉。精肉系はどれも巨大なカットで、適当な大きさにハサミを使って切っていく。レバ刺しは二頭の牛から取ったレバーが出され、個体差というか味の違いを楽しめる。通常は塩ダレで食べるレバ刺しだが、このお店ではニンニク系のタレで食べることも可。途中でネギ焼きを頼んだのだけれど、これを焼くのが楽しい。キレイに外側を焼いていくと、切れ目から蒸気が出てくるのが楽しい。焼肉のタレはみりんの味わいが効いている。

最後の締めを如何しましょうかと店員さんに聞かれ、「一番いい肉」をオーダー。カウンター内で少し相談された後、今日のオススメはカルビ系とのこと。(店内のメニューには無く、特選カルビという扱いらしい)しばらくして出てきたのが、七輪からはみ出る長さのカルビ。5x5x30センチ、ってところかな。出てくるのに時間がかかったのは、これをカットしていたから?

肉のカットの大きさに圧倒され、今まで全ての肉を自分が焼いていたけれど、流石にこれは店員さんに焼いてもらうことに。七輪から一部はみ出た状態から焼きがスタート。四方をしっかり焼き、カリカリになったところでハサミを入れ始める。厚みがあるカットなので、中身はまだレア状態。切り口に少し火を入れた後、食べごろに。

タレではなく、塩で頼んだけれど、自家製のポン酢に付けて頂く。このポン酢はかなり控えめの味わいで、肉の持っている味わいを邪魔せず頂けた。普通に出されたタレよりも美味しいかも。一口目で感動。表面がカリカリに焼かれている焼き具合と噛むと溢れ出る肉汁に感動。焼肉を食べているというよりかは、アメリカの上質な店のステーキを食べている感覚。まさか、焼肉でこの食感を味わえるとは。やっぱり、上質な肉を厚切りにして焼いたことが良かった。同じ肉でも、普通のカットだったらここまで感動できなかったと思う。後で値段を聞いてみたらこのカルビだけで6800円ということだったけれど、この食感を味わえたのだから許します!

近いうちに、また行きたいなぁ。隣のアメリカンダイナーもちょっと気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

新年会@叙々苑游玄亭

今日のランチは親戚の新年会を兼ねて有楽町マリオンの叙々苑游玄亭へ。頼んだのは昼御膳 彩。メニューを見て気づいたのだけれど、叙々苑と言えどもランチメニューでは1,000円から食べられるんだね・・・。

とにかく一品料理が多く、メインの焼肉が出てくる頃にはお腹いっぱいに。そういえば、久しぶりに焼肉屋でライスを食べたような。

20110103_1

肉類はロース、カルビ、そして海老の盛り合わせ(これで二名分)。

20110103_2

ロース類は薄切りでやや硬めの食感、カルビは適度な甘みのタレとの相性が抜群。海老はまぁ普通かな。叙々苑はスーパーでもタレを売っているだけあって、サラダのドレッシング、焼肉のタレ共に美味しい。

叙々苑のホームページを見ていたら、新宿にはオープングリル形式のお店があるみたい。自分で焼かせてくれないみたいだけれど、この業態はかなり気になる。裏メニュー的に希少部位も選べたりするなら即行くんだけれどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします〜

20110101_1

20110101_2

20110101_3

20110101_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »