« I-Kousya ベーチー+フライドオニオン+チーズ | トップページ | Bar Shanks ガリガリ肉バーガー »

2011年1月16日 (日)

BBQ Smoked Bacon Cheeseburger

今日は恒例のマンスリーバーガーを目指して駒沢公園近くのAS Classics Dinerへ。

20110116_1

まずはバッファローウィングスから。BBQとスパイシーから選べるので、今日はBBQで。油で揚げたウィング部分にソースを絡めて完了。シーザーサラダ用のホワイトドレッシングにチーズを加えたソースが添えられているので、それにディップすることで味の変化を味わえる。関節部分を噛み切って、骨を一本にしてから肉を削ぎ落とす食べ方が一番食べやすい食べ方だと思うけれど、正統な食べ方ってどういう食べ方なんだろう?

20110116_2

ブロッコリークリームスープ。もう少し青いスープをイメージしたけれど、青臭さを押さえるためにこの色合いに落ち着いたとのこと。良い意味でコクのあるスープ。クラムチャウダーのように、クラッカーと一緒に食べたくなった一品。

20110116_3

BBQスモークベーコンチーズバーガー。昨年は肉の掛け合わせで新しいハンバーガーを提案していたAS Classics Dinerのマンスリーバーガーだけれど、今年は通常メニューにあるハンバーガーに手を加えたものをマンスリースペシャルとして提供する模様。第一弾は、どのお店でも大人気のベーコンチーズバーガー。特選ベーコンチーズバーガー、って言ったところか。

通常のベーコンチーズバーガーと違う点は四つ。

一つ目は、使っているベーコンが沖縄産のロイヤルポークであること。通常のベーコンでも脂身の多い、香り高いベーコンを使っているけれど、こちらは更に甘い脂身が特長のポーク。そして、通常よりもやや厚切りでカットされている。

二つ目は、肉類を焼き上げる時に更にスモークを施していること。パティを焼き上げる時にスモークを施しているので、薫製の強めの匂いが特長。この工程により、ビーフパティ、チーズ、ベーコンの一体感が強まっていると思う。

三つ目は、オニオンリングが乗っていること。オニオンリングの上にはAS自家製のケチャップが少しだけ乗っている。このオニオンリングが加わることで、ハンバーガーの「高さ」が強調される結果に。

最後に、野菜が殆ど入っていないこと。野菜分と言えば、上記のオニオンリング内のオニオンと、ヒール部分に塗られたタルタルソースの上に乗っているピクルスくらいか。全面的に肉が主張している、とても尖った、男臭いベーコンチーズバーガーに仕上がっている。

さて、食べる時には相当気合いを入れて食べないといけないハンバーガー。一口目から容赦ない肉の圧力が襲いかかってくる。注意しないといけないのは、一口目からしっかりと肉を噛み切ること。中途半端に噛んでしまうと、通常よりも肉厚のベーコンがスルリとそのまま抜けてしまう。厚切りのベーコンは旨味たっぷりで、明らかにビーフパティよりも存在感を放っている。パティから吹き出る肉汁もごく少なく、オニオンリングさえ崩れなければ最後までキレイに食べきれるハンバーガー。このハンバーガーの名前のBBQとは、アメリカのBBQグリルで作る肉料理をイメージしたもの。

野菜が無いことがウリになっているけれど、個人的には少し野菜が欲しかった。それほど肉の主張が強いハンバーガー。また、オニオンリングではなく、普通にグリルしたオニオンでも良かったのでは。あと、今日が特別寒かったからそう感じたのかもしれないけれど、このハンバーガーは冬ではなく、夏場に出した方がウケが良いような気がした。

20110116_4

デザートにはストロベリーパイを。こちらは甘さ控えめの、スッキリとした味わいのパイ。アップルパイも気になるけれど、それは別の機会に、ということで。

|

« I-Kousya ベーチー+フライドオニオン+チーズ | トップページ | Bar Shanks ガリガリ肉バーガー »

03. ベーコン系ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/50607325

この記事へのトラックバック一覧です: BBQ Smoked Bacon Cheeseburger:

« I-Kousya ベーチー+フライドオニオン+チーズ | トップページ | Bar Shanks ガリガリ肉バーガー »