« Bar Shanks ガリガリ肉バーガー | トップページ | サロン・デュ・ショコラ 2011 »

2011年1月28日 (金)

BBQ Smoked Bacon Cheeseburger

今日は外苑前のA&G Dinerへ。オーダーしたのは前々回のハンバーガーと同じネーミングのBBQ Smoked Bacon Cheeseburger。AS Classics Dinerの同名のマンスリーバーガーとは素材は基本的に一緒だけれど、パティの焼き方(炭火vsグリドル)が違ったり、細かい構成が違ったり。6時から提供されるところは同じなのでランチタイムには食べられません。1月のマンスリーバーガーなので、食べられるのは来週の月曜日まで。

20110128_1

いつも写真はフルサイズの一眼レフで撮っているけれど、今日は急遽ハンバーガーを食べに行くことにしたので、iPhone4で撮った写真です。写真が汚くて、すいません。

基本構成はAS Classics Dinerと同じ。上にはオニオンリング、厚切りのロイヤルポークを使ったベーコン、そしてチーズにパティ。生野菜系は皆無。見た目で違っているのは、こちらはケチャップを使わずに自慢のBBQソースで味を整えていること。グリドルで焼いているけれどスモークの匂いがするハンバーガー。焼いている時もテーブルのところまでスモークの匂いが漂ってくる。グリドルのみで炭火が使えない分、仕込み時の工夫によって成り立っている。

食べてみると、フワフワのバンズにカリっと揚がったオニオンリングの対比する歯応え。前回はしっかりと噛み切らなかったためにベーコンがスルリと抜けてしまったけれど、今日のはバンズが柔らかいので、しっかりと噛む力がベーコンに伝わって行き、確かな満足感とともにベーコンが切れる。パティ上の甘めのBBQソースによって、グイグイ食べていける。そういえば、こちらのはヒールの上にピクルスが入っていなかった。

さて、普段は「どちらのほうが美味しい」的なことは書かないけれど、同じ素材を使って、AS ClassicsとA&G Dinerが独自の技術・手法で仕上げたハンバーガー、どちらの方が自分好みかというと・・・A&Gの方に軍配が上がります。

「肉を食べている」感はASの方が断然強いのだけれど、どうしても味が単調になってしまう感じ。代わってA&Gの方は甘いBBQソースがアクセントになっているので、塩気一色になっていない。あと、バンズが柔らかい分オニオンリングのクリスピーな衣が生きていて、メリハリが付いていい感じ。底にピクルスが入っていないのも、個人的には正解。別に競っている訳じゃないと思うけれど、一月の第一ラウンドは変化球で攻めているA&Gの勝利。こう食べ比べをしてしまうと、毎月のマンスリーが楽しみになってしまう。

|

« Bar Shanks ガリガリ肉バーガー | トップページ | サロン・デュ・ショコラ 2011 »

05. 特製ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/50713483

この記事へのトラックバック一覧です: BBQ Smoked Bacon Cheeseburger:

« Bar Shanks ガリガリ肉バーガー | トップページ | サロン・デュ・ショコラ 2011 »