« 浜離宮の夜桜 | トップページ | 千鳥ヶ淵、小石川後楽園 »

2010年4月 3日 (土)

AS Classics Diner Smoked Corned Beef Burger

桜の写真を撮った後は、駒沢大学のAS Classics Dinerへ。桜の撮影後は必ずハンバーガー店に行っているような気がする・・・。もちろん目当てはマンスリーメニューのSmoked Corned Beef Burger。夜の6時から提供される夜のメニュー。6時前に入店したので、6時なるまで少し待った後にオーダー。名前の通り、コンビーフが使われているハンバーガー。通常メニューのコーンビーフをスモークするという、仕込みにかなり時間を掛けた入魂の一品。

20100403_as1

運ばれてきた状態。ビジュアルが「肉!」と主張している一品。

20100403_as2

これをバーガー袋の中に入れてみる。いい感じで野菜が露出したのでもう一枚。

肉の部分は、通常のパティとコーンビーフがチーズと共に2x2の状態で重ねられている。間にチーズが挟まっているため、肉の部分が一体化して離れない。口の中でほぐれるコーンビーフと、しっかりとしたテクスチャーを保っているビーフパティ。同じ牛肉なのに調理方法が違うことで発生する、全く違う食感を同時に楽しめるのが面白い。肉の主張が激しいので、野菜類の存在感は薄めだけれど、敢えて軽めの焼き加減にしてあるオニオンのシャキっとした硬さ、ピリっとした辛さが良いアクセントになっている。このオニオンが無かったらバランスの悪いハンバーガーになっていたと思う。絶妙なバランス。

味の変化のために、クラウン裏にわずかにバーベキューソースを塗っている。全体的に水分量の多いハンバーガーなので、食べているとソース類が後退して行く。そのため、最後の方では滑ったソース、チーズなどの具材の味わいを一気に楽しむことが出来る。途中までは見た目とは裏腹に割とアッサリとした味わいなのが、最後に一気にコッテリ来る感じ。寿司で最後に大トロを食べる感覚に近いかな。

肉の調理方法を追求しているこのお店。肉の生かし方という意味では、過去最高のデキじゃないかな?ただ、見た目の通りかなりヘヴィーな一品なので、十分にお腹を空かせた状態でオーダーすることをお勧めします。

20100403_as3

桜の撮影用に望遠レンズ(AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VRII)を持っていたので、グリルの写真を一枚。お腹いっぱいなのに、このビジュアルを見ると、また食べたくなる。

|

« 浜離宮の夜桜 | トップページ | 千鳥ヶ淵、小石川後楽園 »

05. 特製ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/47987377

この記事へのトラックバック一覧です: AS Classics Diner Smoked Corned Beef Burger:

« 浜離宮の夜桜 | トップページ | 千鳥ヶ淵、小石川後楽園 »