« Quattro Cheese Burger | トップページ | ショルダーベーコンチーズバーガー »

2010年1月16日 (土)

芝浦 (駒沢)

2010年の初焼肉を堪能するために向かったのは駒沢の「芝浦」。以前、ASの水上さんから美味しそうな焼肉屋があると教えてもらって、一度行ってみたかったお店。駅からは遠いので、今日は車で移動。一階席は全てカウンター席になっていて、テーブル席は二階。ガスコンロを使っているお店。

20100116_1

まずは焼き具合をはかるために「まかないカルビ」から。カルビの切り落とし部分で形は均一でないものの、良い霜降りの部分も入っていたり。奇麗なピンク色が印象的なお肉。このお店は焼肉のタレに加えておろしポン酢も用意されている。

20100116_2

上タン。焼肉を食べに行くとき、スターターとして必須の一品。このお店のタンは小ぶりだけれど、厚みは十分ある。表面がカリとするまで焼いて、レモン汁かポン酢で頂く。

20100116_3

芝浦ロース。大根おろしでロースの部分が隠れてしまっているけれど、これは片面焼きで頂く。これはポン酢もしくはそのままで頂く。サッパリ系の焼き物なので、中締めとして口の中をクリアにするタイミングで頼むのが良いかも。

20100116_4

股関節近くの「めがね」。ワイルドな厚切りの肉で、適度な噛み応えを楽しめる一品。脂分が多いはずなんだけれど、見た目とは裏腹に味の方はアッサリ。個人的にヒットした一品。ワイルドさが「肉」を食べている気分にさせてくれる。

20100116_5

トモサンカク。これは一緒に運ばれてくる山葵醤油で。見事な霜降りの一品。焼くときに気合いが入る一品。

20100116_6

トモサンカクを焼いているところ。

20100116_7

インサイドスカート。カルビと同じくバラ肉の部分。一番最初のカルビといい、このお店のバラ肉は見た目がキレイ。味わいの方も、カルビよりも上品さを残しつつ力強い。

20100116_8

ギアラ。ガスバーナーの火力が強いので、表面を火力が強い端で焼いた後は、中央部でしっかりと火を通して焼いてみる。

20100116_9

締めの「トロ肉3秒炙り」。一枚をコンロ全体を使って焼く。片面を三秒ずつ焼くように、と指示の入る一品。逆に、気を抜いて焼いてしまうとすぐに焦げてしまい、とても残念なことになりそう。焼き上がったら、これは焼肉のタレで。クルクルっと筒状にして一気に食べるのが吉。自分は締めには一番こってりした肉を食べるのが好きだけれど、かなり満足な締めになりました。

上記にドリンクとサラダ類などを頼んで、一人5000円。安い!駅から遠いという立地条件がこの価格設定になっているのだろうけれど、この品質の焼肉がこの値段で食べられるのは驚き。また訪れたいお店です。

|

« Quattro Cheese Burger | トップページ | ショルダーベーコンチーズバーガー »

31. 焼肉系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/47312942

この記事へのトラックバック一覧です: 芝浦 (駒沢):

« Quattro Cheese Burger | トップページ | ショルダーベーコンチーズバーガー »