« Goro's Diner クラシックバーガー再び | トップページ | Trader Vic's Ultimate Burger »

2009年12月13日 (日)

MLB Cafe Tokyo スモークバーガー

今日は恵比寿にあるMLB Cafe Tokyoへ。今日(13日)までは今年のワールドシリーズを制したヤンキースの優勝トロフィーが飾ってあった。

20091213_01

カフェの入り口近くに設置されていたトロフィー。松井モデルのバットも展示されていました。優勝トロフィーはティファニー製で、製造価格は150万円程度だそうです。

20091213_00

下の部分は、選手や関係者の指紋で少し曇っている。拭き取る予定はないそう。今日までの展示の後は、アメリカに送り返されるみたい。

さて、ハンバーガーです。MLB Cafe Tokyoスモークバーガーをオーダー。トッピングについての表記が無かったので聞いてみると、最初からチーズとベーコンがトッピングされているとのこと。デフォルトでベーコンチーズバーガーということになります。

20091213_02

オーダーしたあと、結構な時間が経った後に運ばれてきたハンバーガー。お店のロゴ(MLBのロゴが使われています)がプリントしたハンバーガー袋に入れて食べる。

20091213_03

大きめのハンバーガーに、たくさんのフレンチフライ。隠れてしまっているけれど、インゲンの胡麻和えもサイドで付いてきます。ハンバーガーに使われているチーズはレッドチェダーで、ベーコンはかなり厚切りのを使用。パティを焼くときのスモーキーさではなく、肉を熟成させるときのスモーキーさに重点を置いている。どちらかというと、ビーフパティじゃなくてベーコンの部分にスモーキーさを感じる。パティはアメリカ牛100%だけれど、肉の臭みも強くなく割とアッサリと食べられてしまう。恐らく、若いアメリカ牛なんだろうな(月齢が高い牛はそもそも日本に入ってこないし)。ビーフパティの焼き加減はミディアムで、若干ピンクが残る程度。ヒール部分にはシンプルにマヨネーズ。今日食べたハンバーガーは野菜類の旨味成分がかなりインパクトが残った。ピクルスは珍しく、野菜部分に挟まれていた。パティの上に配置されていることが多いので、これは新鮮。

ただ・・・一番の難点はハンバーガーが冷めていたこと。これによって、素材的に美味しいものを使っていても一気にダメになってしまう。野菜類が熱を奪ったような感じも無く、グリルされたオニオンも冷めていたから、どこかで放置されていたのかな・・・出てくるのも異様に遅かったし。それが非常に残念。私が頼んだ個体だけが冷えていて、全てのハンバーガーが同じように冷えていなかったことを祈ります・・・。

|

« Goro's Diner クラシックバーガー再び | トップページ | Trader Vic's Ultimate Burger »

02. チーズ系ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/47014105

この記事へのトラックバック一覧です: MLB Cafe Tokyo スモークバーガー:

« Goro's Diner クラシックバーガー再び | トップページ | Trader Vic's Ultimate Burger »