« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

Big Mama Cafe

今日は新規開拓をするためにBig Mama Cafeへ。場所は横浜市営地下鉄グリーンラインの北山田駅。自分は小田急線沿線に住んでいるので、登戸→(JR南武線)→溝ノ口→(東急田園都市線)→あざみ野→(横浜市営地下鉄ブルーライン)→センター北→(横浜市営地下鉄グリーンライン)→北山田、といったルートで到着。地上に出ると新しく出来た町、といった雰囲気。駅から出てKFCとCoco'sがある交差点を右折して坂を少し上ったところにお店を発見。

開店直後だったので、先客は無し。ランチメニューのハンバーガーはベーコンチーズ、チーズバーガー、ハンバーガーの三種類のみ。スープとドリンクが付いてくるセットとなっている。ドリンクは飲み放題、途中で種類を変えることも出来るのでかなり親切。(自分は食前はジンジャーエール、食後はホットコーヒーへ変更)肝心のハンバーガーはベーコンチーズバーガーを。

20091230_1_4_2

これがベーコンチーズバーガー。付け合わせはコールスローと大量のフレンチフライ。ハンバーガーは思ったよりも小ぶりな見た目。野菜類は肉とのバランスを考えてかごく少量。ハンバーガー袋は提供されていないので、そのまま素手で食べてみる。偶然か、意図しているのかは判らないけれど、ハンバーガーの奥の方が高さが低くなるように積まれていて(逆に、手前の方に具材が寄って積まれている)、これが具材を手で押さえつけて食べるのに丁度よく、とても食べやすいハンバーガーだった。水平に積まれていると、具材が奥の方にスリップすることがあるので、この積み方は見た目/食べやすさ共に良い感じ。

味わいの方もシンプルで、全体の具材がいい感じに馴染んでいる。野菜が少なめなのでビーフパティの味わいをしっかりと感じることができるのと、しっかりと焼き込まれたベーコンがアクセントとなって、最後まで美味しく食べられた。欲を言えば、フレンチフライがごく普通のものであり、量は少なくてもいいので、もう少しこだわって欲しかった。

----

その後は成城学園前の成城アルプスでケーキを買って帰宅。ジュピターとミレーユを購入。

20091230_3_4

こちらがジュピター。ちょっと青っぽい色をした表面に、星空をイメージしたような奇麗な模様が入っている、不思議な外見のケーキ。外見だけでは判りにくいけれど、これはチョコレートケーキ。中身のチョコレートムースにはパッションフルーツの味わいが入っている。

20091230_4_4

こちらはミレーユ。食べていないから判らないけれど、ラズベリー系のムースにホワイトチョコレートのトッピング、かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

Super Mega Wendy's

今日は新百合ケ丘にあるWendy'sへ。ファストフード系のハンバーガーを記事にしたのはかなり久しぶり。(国内では、二年前の同じくWendy's、海外を含めると今年初めの香港のFatburger以来)ニュースで取り上げられているように、12月31日でウェンディーズ全店舗が日本から引き上げてしまうので、最後に一回食べておこうと思って訪問。

レジの列がかなりあって、店外まで伸びていた。並んでいるときはダブルのハンバーガーにしようと考えていたけれど、レジの横のメニューに二年前食べたスーパーメガウェンディーズが復活(?)していたので、そちらに変更。サイドはチリチーズフライにウーロン茶で。レジに並んでいると、結構他の人たちもスーパーメガウェンディーズを頼んでいた。

Dsc_2618

こちらがSuper Mega Wendy's。ビーフパティ3枚重ねの重量感ある一品。その左にあるのがチリチーズフライ。

Dsc_2617

形が若干崩れているけれど、ファストフードのハンバーガーなので仕方ない。他のファストフードのハンバーガーを全く食べていないので比較はできないけれど、かなり美味しい部類に入るのではないだろうか。閉店前の駆け込みのため回転率が高くなったからだろうか、野菜もフレッシュな感じで重量感のあるビーフパティとの相性も抜群。もちろん、専門店と比べてしまうとかなり見劣りするけれど、ファストフードでこれだけのクォリティを出せるお店が消えてしまうのは惜しい。

とは言いつつも、日本でのフランチャイズのウェンディーズが消えるだけであって、米国のWendy's本社が消えた訳ではない。ウェンディーズのハンバーガーを食べるためだけにアメリカに行く人はいないと思うけれど、アメリカに行けば普通に食べられる。Jack in the Box、Carl's Jr、In-n-Outなどと同じく、向こうでしか食べられないブランド、と考えれば悲観的になる必要は無いかと。

ハンバーガーを食べた後は、Avatarを観にワーナーマイカルへ。ネタバレはしないけれど、ここまで映像/物語に引き込まれた映画は久しぶり。物語の緩急/盛り上げ方が半端無く、2時間半があっという間に過ぎて行った。300円高い3D版を観たけれど、3D上映されている映画館で絶対に観るべし。ただ・・・続編的なものは絶対に作ってほしくないなぁ。(キャメロン監督なので、Terminator→Terminator2という例もあるので、何とも言えないけれど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

Giggle チポートレチーズバーガー

今日は久しぶりに祖師ケ谷大蔵のGiggleへ。地元にあるお店だけれど、訪れたのはかなり久しぶり。チリチーズバーガーを頼みたかったけれど、チリが売り切れてしまったらしいので、チーズバーガーにチポートレをトッピングしてみる。チポートレは唐辛子の薫製したもの。

20091227_0774

これが運ばれてきたハンバーガー。相変わらず高さのある、見栄え良いハンバーガー。トッピングしたチポートレはパティとトマトの間に挟まれている。早速食べてみると、チポートレの辛さが全面に出ている。予想以上の辛さで、正直、辛すぎて他の具材を圧倒してしまっている。ヒールに塗られているマスタードと合わさって、下半分が辛味で支配されている。ここまで辛さがストレートに来ると舌が他の味わいを感じにくくなってしまうので、ゴーダチーズの旨味などは感じられなくなってしまう。チポートレをゴーダチーズの上、もしくはゴーダチーズとパティの間に閉じ込めていたら、パティと混ざり合って味わいが丁度良くマイルドになるかもしれない。ハンバーガーに挟む分量は今の半分くらいにして、ピクルスのように好みで追加できるようにお皿に盛っておくといいかも。あとは、他のトッピングとの兼ね合いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

写真撮影

最近、送別会やらの写真撮影をすることが多くなってきました。今現在使っているレンズをご紹介。カメラボディは、相変わらずNikon D300。二年間使っているけれど、大きな不満はありません。ただ、いづれフルサイズ機に移行することを考えて、最近はDXレンズは購入していません。最近はコンデジ以上一眼レフ未満の機種も多く出ているけれど、自分としてはあまり魅力を感じません。

20091223_07291

最近のハンバーガーを撮るときに活用しているのが右側の14-24mm。広角レンズで、近接撮影(最短28センチ)できるので重宝しています。解放値F2.8なので、暗めの店内でもフラッシュなしで撮れるのも便利。通常は24-70mmで撮影、室内での望遠が必要なときには70-200mmを。三本とも重量的に重いレンズなので、ずっと撮りっぱなしだと次の日軽く筋肉痛になります。(バッテリーグリップ、スピードライトをつけた状態だと、特に)この三本があれば、当分の間レンズ投資は不要かな。

200912161

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

Trader Vic's Ultimate Burger

今日は久しぶりに、赤坂見附にあるホテルニューオータニへ。ガーデンタワーの4階のTrader Vic'sへ。クリスマスシーズンということで、入り口にはクリスマスツリーが飾られていた。ハンバーガーを食べたい旨を伝え、ポートハウスバーへ案内される。マイタイとウルティメットバーガーをオーダー。焼き加減を選ぶことができるので、ミディアムレアで頼む。

2009121614

たくさんのフレンチフライと一緒に運ばれてきたハンバーガー。野菜は別積み。大量のフレンチフライは、マスタードとBBQソースで食べる。前回はバーガー袋が無かったけれど、今日は予めバーガー袋を渡され、ハンバーガーらしく両手で持ち上げて食べることが推奨されていることが判る。

2009121624

特徴は、二種類のチーズとマッシュルーム、オニオンを使ったハンバーガーであること。パティはハーフパウンド(225グラム)の大きめのサイズ。このハンバーガーの特徴は、匂いにクセがあるチーズとマッシュルームのハーモニー。もう何回も試しているこの組み合わせだけれど、牛肉との相性は抜群。肉汁を閉じ込めるように焼き上げたパティは焦げ目は無く、滑らかな舌触り。肉汁も多く含んでいるので、バーガー袋に肉汁が溜まりやすいけれど、バンズがかなり水分を吸うので、結局は流れ出た肉汁をバンズが回収して、無駄無く食べることができる。胡麻が表面を覆うように配置されているので、胡麻とバンズの香ばしさのハーモニーも楽しむべきポイント。途中で味の変化が欲しければ野菜を入れても良いけれど、自分は野菜抜きでハンバーガーを完食。かなり生オニオンの辛みが強かったので、ハンバーガーと一緒に食べたら良いアクセントになると思う。付け合わせのフレンチフライはごく普通のもの。用意されたマスタードが辛い!これが甘めのBBQソースと絡まるとソースとしては美味しい。もう少し、フレンチフライの素材に凝ってくれればなぁ。

2009121633
入り口に飾られたクリスマスツリー。もう今年も終わりですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

MLB Cafe Tokyo スモークバーガー

今日は恵比寿にあるMLB Cafe Tokyoへ。今日(13日)までは今年のワールドシリーズを制したヤンキースの優勝トロフィーが飾ってあった。

20091213_01

カフェの入り口近くに設置されていたトロフィー。松井モデルのバットも展示されていました。優勝トロフィーはティファニー製で、製造価格は150万円程度だそうです。

20091213_00

下の部分は、選手や関係者の指紋で少し曇っている。拭き取る予定はないそう。今日までの展示の後は、アメリカに送り返されるみたい。

さて、ハンバーガーです。MLB Cafe Tokyoスモークバーガーをオーダー。トッピングについての表記が無かったので聞いてみると、最初からチーズとベーコンがトッピングされているとのこと。デフォルトでベーコンチーズバーガーということになります。

20091213_02

オーダーしたあと、結構な時間が経った後に運ばれてきたハンバーガー。お店のロゴ(MLBのロゴが使われています)がプリントしたハンバーガー袋に入れて食べる。

20091213_03

大きめのハンバーガーに、たくさんのフレンチフライ。隠れてしまっているけれど、インゲンの胡麻和えもサイドで付いてきます。ハンバーガーに使われているチーズはレッドチェダーで、ベーコンはかなり厚切りのを使用。パティを焼くときのスモーキーさではなく、肉を熟成させるときのスモーキーさに重点を置いている。どちらかというと、ビーフパティじゃなくてベーコンの部分にスモーキーさを感じる。パティはアメリカ牛100%だけれど、肉の臭みも強くなく割とアッサリと食べられてしまう。恐らく、若いアメリカ牛なんだろうな(月齢が高い牛はそもそも日本に入ってこないし)。ビーフパティの焼き加減はミディアムで、若干ピンクが残る程度。ヒール部分にはシンプルにマヨネーズ。今日食べたハンバーガーは野菜類の旨味成分がかなりインパクトが残った。ピクルスは珍しく、野菜部分に挟まれていた。パティの上に配置されていることが多いので、これは新鮮。

ただ・・・一番の難点はハンバーガーが冷めていたこと。これによって、素材的に美味しいものを使っていても一気にダメになってしまう。野菜類が熱を奪ったような感じも無く、グリルされたオニオンも冷めていたから、どこかで放置されていたのかな・・・出てくるのも異様に遅かったし。それが非常に残念。私が頼んだ個体だけが冷えていて、全てのハンバーガーが同じように冷えていなかったことを祈ります・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

Goro's Diner クラシックバーガー再び

今日は、かなり久しぶりに外苑前のGoro's Dinerへ。半年近くGoro'sさんのハンバーガーを食べていなかったので、前回訪問時と同じくクラシックバーガーをオーダー。前回のは別の店員さんが作っていたハンバーガーだけれど、今回は吉澤オーナー作のハンバーガー。

20091211_1

若干、小ぶりになったGoro'sのハンバーガー。レタスの量が今までに比べて少なくなっている。一口食べると、昔の吉澤さんの作ったハンバーガーの味の記憶が蘇る。優しいバターの味わいに始まり、歯ごたえのあるレタス、絶妙なスパイスの加減。そして、その味わいを包み込むバンズの甘み。どんな料理でも同じだけれど、レシピが同じでも作る人によって全然味が違うことを改めて実感。宇田川町店最終日に食べたハンバーガーとは別物でした。

宇田川町の二店舗体制のときは、仕入れの関係などで塩味が強すぎてしまっていることもあった。しかし、今日食べたハンバーガーは昔の美味しいGoro'sの味わいでした。不幸にもGoro'sは塩味が強すぎるハンバーガー、というイメージを持っている方は、今一度、外苑前店の吉澤オーナー作のハンバーガーを食べてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

よろにく 再び

今日は会社帰りに久しぶりに青山にある「よろにく」へ。二週間近く前に予約してあったので、忘年会シーズンでもテーブルを確保できてラッキー。前回は9,000円のコースを頼んだけれど、今回は7,000円のコースを頼んでみる。

20091209_01

最初のナムル/キムチの盛り合わせは前回と同じかな。

20091209_02

ユッケ、トモサンカクの刺身、センマイ。トモサンカクの刺身の甘さ、舌触りにクラクラする。ユッケも濃いめの味付けの中に生肉特有の味わいが閉じ込められていて美味。これだけでもご飯何杯も行けそう。

20091209_03

ハツと赤ミスジ。ここら辺は基本的に肉に下味がついているか、レモンでサッパリtと味わう。

20091209_04

ロースとカルビ。カルビは適当に自分で焼き上げる・・・とは言っても、薄切りの上質肉なので、焼いている時間は十数秒程度。赤身がたっぷりと残っている状態で食べるのが美味しい!9,000円のコースに比べると、タレ系のお肉が出てくるタイミングがちょっと早いかな。もう少し塩系の肉を味わいたかった。

20091209_05

ミスジの登場!ここらへんのお肉の霜降り度が一気に高くなって、一緒にテンションも上がってくる。

20091209_06

焼いているところ。軽く網目がつく程度でサッと焼き、ひっくり返してすぐに取り皿へ移動。黒い煙を出したら負けと思います。

20091209_07

薄切りの肉だけれど、面積は大きめにカット。これを炙る程度に焼いて、巻くように纏めて一気に口に運ぶと、厚切りの肉をそのまま食べたときとは違った幸福感に包まれる。これはタレに存分に浸して小さく盛られたライスと一緒に。

20091209_08

コース料理の締めのサーロイン。おろしポン酢で。このタイミングで追加注文ができるので、ハラミとツチノコを頼む。

20091209_09

ハラミらしい濃いめの赤い色が印象的。ギドギドとしたサシではなく、このハラミもジューシーさをたっぷりと含みながらサッパリ系の味わい。

20091209_10

ツチノコ。確か、肩ロース付近の希少部位らしい。見た目は普通なのだけれど、柔らかい噛み応えとトロリとした喉越しが印象的な一品。名前の由来的には、幻の肉、ってことなのかな。

20091209_11

ツチノコを焼いてもらっているところ。

20091209_12

締めの素麺。腰がしっかりとある、何杯でも行けそうな素麺。コース料理の場合、ミスジと一緒に食べる小盛のライスとこの素麺以外は炭水化物を食べていないので、意外とヘルシー。

20091209_13

最後はきな粉とナッツのアイスクリームで終了。本当は前回と同じかき氷が食べたかったのだけれど、無かったみたいなのが残念。

20091209_14

途中、ワインも頼んでみました。お酒には弱いので、軽い系のワインでちょうど良かったです。結局、ドリンクや追加料理を含めて全部で一万円ちょっとで予算的にもお財布に優しい焼き肉でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

結婚披露宴@学士会館

今日は友人の結構披露宴にお呼ばれされたので、神保町の学士会館へ。来月は親戚の結婚披露宴があるので、その時の練習も兼ねていつも以上に写真を撮ってみる。本職のカメラマンさんがいるので、基本的に席に座った状態での撮影。いろいろ課題が判ったので、練習します。

20091206_00

神保町の学士会館。自分には縁のない場所だと思っていたけれど、今日初めて中に入ることができました。

20091206_01

テーブルに飾られていた花。テーブルのカードには直筆のメッセージ入り。

20091206_02

フォアグラパテ・ド・カンパーニュ、アワビと鯛のマリネをサラダ仕立てで。

20091206_03

きのことプチ帆立、小海老、トリュフとコンソメのパイ包み焼きスープ。

20091206_04

伊勢エビと帆立貝

20091206_05

牛フィレ牛のグリエ。ソースはポルト酒を使用したもの。

20091206_06

フルーツの盛り合わせとウェディングケーキ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

I-Kousya GM Mushroom Burger w/o Cheese

今日は大雨の中、水道橋のI-Kousyaへ。随分とご無沙汰でした。頼んだのは、名物メニューであるGM Mushroom Burgerのチーズ抜きをレギュラーサイズで。チーズを抜いたからその分を値引き、なんてケチくさいことは言ってはいけません。

20091205_ikousha

いつもはスイスチーズに隠れているゴロゴロとしたマッシュルームがかなりの存在感を放っているハンバーガー。野菜類を一緒に重ねるかちょっと迷ったけれど、結局野菜も一緒に重ねて食べてみる。

バルサミコ酢やガーリックの香りが全面的に出ているハンバーガー。I-Kousya自慢のパティも頑張っているが、トッピングの個性に主役の座を譲っている感じ。レギュラーじゃなくて、ラージサイズのパティだったらトッピングとパティの比率が良かったかも。普通のGM Mushroom Burgerはスイスチーズのコクによって味わいが和らげられているけれど、チーズを抜くことで強烈に個性的な味わいがするハンバーガーに変身。野菜を抜いてしまうと強烈すぎる位なので、野菜と一緒に挟んで食べたのは正解。マッシュルームに漬け込まれた味わいを噛み締めつつ、周りの具材と一緒にどんどん食べて行けるハンバーガー。

自分はハンバーガーに手を付けたら最後まで一気に食べてしまう派だけれど、このハンバーガーの味わいは付け合わせのポテトチップスとの相性も抜群なのではないかな。ちょっと邪道かもしれないけれど、トッピングされたマッシュルーム部分を数個野残しておいて、それをポテトチップスと一緒に食べてみるのも面白いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »