« ラ・ヴィエイユ・フランス | トップページ | 日光の紅葉 »

2009年10月 3日 (土)

有楽町二連発

今日は有楽町に用事があり、その帰りにpatisserie Sadaharu AOKIと、La Maison Du Chocolatに寄ってから帰宅。店内に「撮影禁止」の札が置いてあったけれど、ケース内のケーキを撮影できるツワモノって居るのだろうか・・・?

まずは、patisserie Sadaharu AOKIのケーキ。三種類を購入。

Sadaharuaoki1

手前がバンブー、奥がショコラプララン。

Sadaharuaoki2

バンブーは、抹茶のクリームとチョコレートの層が口の中で緩く融合していく。クリームはもちろん、スポンジもかなり柔らかく、舌で少し圧力を掛けるだけで溶けてしまう。ソフトな口当たりなのに、味わいはかなりストレートで力強い。ショコラプラランは、端に乗っているミニマカロンが可愛い一品。

Sadaharuaoki3

最後のひとつは、ヴァランシア。

Sadaharuaoki4

上に乗ったオレンジを使った飴細工がキレイ。オレンジとチョコレート、そしてヘーゼルナッツの味わいが組み合わさった一品。ソフトなだけでなく、シャリシャリとした独特の歯ごたえも面白かった。

La Maison Du Chocolatのマカロン。他のお店のマカロンよりも、賞味期限がかなりシビア。相変わらず可愛いパッケージングです。

Lamaison1

Lamaison2

積み上げてみました。フランボワーズを食べてみたけれど、芯を残した食感のマカロン。ショコラがメインのLa Maison Du Chocolatなので、センター部分はチョコレートベースのクリーム。先日食べたラ・ヴィエイユ・フランスのサラサラと口の中で溶けるマカロンとは違い、コッテリとしていて一緒に暖かいドリンクが飲みたくなる一品。

|

« ラ・ヴィエイユ・フランス | トップページ | 日光の紅葉 »

12. ケーキ系」カテゴリの記事

13. ショコラ系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/46386351

この記事へのトラックバック一覧です: 有楽町二連発:

« ラ・ヴィエイユ・フランス | トップページ | 日光の紅葉 »