« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

レ・タルトのパンプキンタルト

今日は10月31日。数年前はハロウィンなんて全然認知度が無かったけれど、今日は色々なところで仮装した子供たちが街を歩いていた。少ししたらJack-O'-Lanternを作るために大きなカボチャを売り出したりするのかな?近所の家を回ってお菓子を貰うことも楽しかったけれど、Jack-O'-Lanternを作るのも楽しみだったなぁ。

というわけで、新宿伊勢丹のデパ地下を歩いて、カボチャ系のケーキを探していたところ、レ・タルト(新宿伊勢丹のブランド?)にてカワイイタルトを発見したので、即購入。三つ欲しかったけれど、残りが三つジャストだったので、一つだけ購入。ホラ、目当てのパンプキンが売り切れてTrickされても困るだろうし。

20091031_1

ムラサキイモとパンプキンのタルト。

20091031_2

カボチャの実のブロックが綺麗に盛られている。クリームの中にもしっかりとブロックが使われていて、カボチャの甘い味わいを存分に楽しめる。カボチャの実の味わいは勿論好きなんだけれど、皮の部分の持つ味わいも好きなんだよなぁ。

20091031_3

こちらは抹茶のタルト。とてもシンプルな見た目、どういう味がするんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月30日 (金)

Lee Cook

今日の会社帰りは焼肉店へ。お店の選定に苦労して、結局は白山のLee Cookに決定。最寄り駅は東京メトロ南北線の本駒込か都営三田線の白山。今日は結果的に軽めにオーダー。

20091030_1

タン塩。見た目の派手さは無いけれど、しっかりと表面を焼いてから食べると、適度な肉汁と共にタンらしいアッサリとした味わいを楽しめる。このお店のロースターは備長炭ではなく、人工炭を使用し、安定した火力が長い時間保たれている。火が弱くなってきたら追加してもらうことも可能。

20091030_2

カルビ。若干味噌を使ったような、濃い目の味わいのタレが特徴。一応ツケダレが用意されているけれど、無しでもOKかな。タレに隠れてしまっているけれど、サシはかなり入っています。

20091030_3

無菌豚の塩焼き。レア状態でもOKとのことなので軽く表面を焼いて食べてみると、これが美味しい。やっぱり、シンプルに塩コショウで食べるお肉は美味しいなぁ。

20091030_4

本日のお勧めだという、メニューには載っていない特上ハラミ。数が少ないということなので、先にオーダーして最後のほうに出してもらった。綺麗な色をしていて、サシは少なめ。これも最初のタンと同じようにブロック状に厚切りで提供されるので、柔らかい噛み応えを楽しめる一品。

20091030_5

カイノミ。まずはガーリックベースのタレに火を入れてタレが完成してから焼き始める。サシが多い割にはしつこくなく、独特のタレ合わさって上品に消えていく。

このお店は、通常の焼肉店とは違う、東南アジア風の雰囲気を持ったお店なので、入った瞬間は「本当に焼肉店?」と少し不安になるかと思う。塩系のお肉のサッパリとした味わいが特徴の焼肉店でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年10月24日 (土)

クライマックスシリーズ勝ち抜け

今日はクライマックスシリーズ第4戦を観戦するために東京ドームへ。一番勝ち抜けの可能性がある第4戦と第5戦のチケットを予め買っておいて、予想通り王手を掛けての第4戦。それにしても、中日戦ばっかりだなぁ・・・。

試合開始早々、ミスも絡んで2点先制、3回にはノーアウト満塁で打った瞬間HRと判る谷のグランドスラムで7-0と楽勝ペースに。

200910241

4回表はブランコのライト線ギリギリのHR、5回はエラー絡みで1点を失うも、越智が二者連続の三振でピンチを切り抜けると、試合はスイスイ流れていく。

20091024_2

6点リードで迎えた9回表、抑えのクルーン登場。

20091024_3_2

今季限りで引退を表明している立浪の最終打席。谷の満塁ホームランの次に球場全体が盛り上がっていた。カメラのフラッシュの数が尋常じゃなかった。結果はレフトフライ。お疲れ様でした!

20091024_4

結局、クルーンも三人で締めて、日本シリーズ進出決定!去年はココで胴上げをしたけれど、今年は胴上げも無く、淡々と選手は引き上げていった。

20091024_5

声援に応える原監督。

20091024_6

日本シリーズのチケット先行抽選がもう終わっていたなんて・・・。どうしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

NYC5日目

今日がNYC最終日、向かったのは開店直後のShake Shack。一年前も訪れたNYCの超有名店。お昼前だったので、列はそれほど長くなく、全部で15分くらいでハンバーガーにありつけた。今回頼んだのはシンプルなハンバーガー(レタスとトマト入り)。

09nyc501

こちらがShake Shackのハンバーガー。自慢のちょっと甘みのあるポテトロールにビーフパティにトマト、レタスのみ。表面はカリっとした焦げ目が付いていて、中身は柔らかくてジューシー。レタスも苦味が少なく、トマトも甘みを持っていてパティの邪魔になることなく、とても一体感のあるハンバーガーだった。でも主役はやはりビーフ。

次に向かったのは9th Avenueと51st StreetにあるIsland Burgers & Shakes。Zagat Survey 2010でも、上位にランクされているハンバーガー店。お店自体は小さく、縦長で丸いテーブルが並んでいる。

09nyc502

メニューの大半がハンバーガーだけれど、ビーフパティをチキンに帰ることも可能。他のNYCのお店と違うのは、「○○バーガー」といった感じで沢山の種類のハンバーガーがメニューにあること。日本で普及し始めているハンバーガー店のスタイル。今回の旅行で食べる最後のハンバーガーになるだろうから、アメリカンチーズとトッピングしたチーズバーガーをオーダー。

09nyc503

ハーフパウンド(約225グラム)のビーフパティを包み込むようにアメリカンチーズが溶けている。アイスティを頼んだらSnappleがきました。

09nyc504

野菜類はトマト、レッドオニオン、ピクルスそしてレタス。レタスが大きいので、折りたたむようにして重ねて食べてみる。

09nyc505

夜はSparks Steak Houseへ。こちらも40年以上の歴史があるマンハッタンの人気ステーキハウス。

09nyc506

内装は昔のアメリカの雰囲気。(よく、古き良きアメリカ=ダイナーっていう表記をよく見るけれど、それには違和感を感じます)男性は殆どがジャケットを着用していて、風格のあるオジサマ方が沢山。メニューはかなり大きいけれど、食べ物系は表紙の部分だけで、残りのページは全部ワインリストというのが凄い。

前菜に生牡蠣と生ハマグリ、サラダ、メインディッシュにPrime Sirloin SteakをMushroom Buttonsと一緒にオーダー。

09nyc507

表面は硬めに仕上げてあるものの、ナイフで切るとスルっと切れてしまう極上のステーキ。この独特の焼き加減、テクニックがニューヨークのステーキの個性なんだろうな。そして、この個性はハンバーガーにも生きている、と。アメリカ料理の肉の扱いの方向性が何となく判ったような気がします。焦げとレア(生)焼き、日本人にとっては両方とも許容し難い要素なんじゃないでしょうか。

デザートにはニューヨークチーズケーキにアイスクリームをトッピング。ウェイターに個性があって、ある組み合わせをオーダーしようとしたら、「いや、俺はその組み合わせは嫌いだ。こうした方がいい」と逆提案してくる。

09nyc508

チーズケーキというと、ボディがしっかりとしているのが多いけれど、今日食べたのはフワっと舌で溶ける様な食感。ベリー系のソースも美味しいし、

09nyc509

お店の前には大型のリモが停まってました。

09nyc510

去年のリベンジにと、夜景を撮ってみました。

09nyc511

09nyc512

09nyc513

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

NYC4日目

今日はセントラルパーク南部にあるMickey Mantle's Restaurant & Sports Barへ。ヤンキースの名選手の名前を冠したお店で、さまざまなサイン入りグッズなども販売している。

09nyc401

お昼時だからか、店内は明るい雰囲気。店内には沢山のテレビが設置されていて、どの席に座ってもテレビ画面が見れるように配慮されている。

09nyc402

選んだのは、Grilled Steak Burgerにアメリカンチーズとベーコンをトッピング。ドリンクはアイスティーで。

09nyc403

運ばれてきたハンバーガーはこちら。フレンチフライトピクルス付き。名前にGrilledとあるだけあって、直火の風味が漂っているパティ。やっぱり、表面はカリっと仕上げている。野菜類はトマトは甘みがあるけれど、レタスはちょっと苦めの味わい。アメリカンチーズのコッテリとした味わいがアッサリと仕上げてあるパティとよく合う。バンズは、気泡が大きめの、ややドライな食感のもの。敢えてクラウンとヒール部分を切り離していないため、重ねて食べるときには収まりが悪くなってしまうのが難点。アメリカのピクルスって、なんでこんなに美味しいんだろう・・・

昨日今日と歩き疲れたので、歩きやすい靴を新調した後はMadsion Square Gardenへ。NBAのプレシーズンチケットがまだ手に入ったので、それを購入。ボックスオフィスのすぐ後ろでダフ屋がチケットを売っているのが印象的だった。

09nyc404

買い物などをして時間を潰した後、再度MSGへ。プレシーズンではあるものの、東地区の優勝候補であるセルティックスが相手ということで、それなりに観客が入っている。久しぶり(5年?)のNBA観戦。LAのステイプルズ・センターとザ・グレート・ウェスタン・フォーラム以外で試合を見るのは初めて。

09nyc405

一眼レフは持ち込み禁止みたいなので、別のカメラで撮影。嫌いなボストン・セルティックスと、レブロン・ジェームス獲得のため今年は見所の無いニューヨーク・ニックスの試合だったので、試合自体には余り興味が無かったけれど、久しぶりのNBA試合の雰囲気は楽しめた。ただ、自分の応援しているチームでないとイマイチ盛り上がれない。手術明けのガーネットはそれなりに働いていたけれど、インサイドに入って行かなかったのが気になる。ガーネット、ピアース、アレンの三本柱よりも、ロンドが柱になっていく予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

NYC3日目

今日は天気もよくなったので、マンハッタンを歩き回ることに。自分が宿泊しているミッドタウンから、ウォール街まで歩いてみる。地理の認識が甘く、1時間くらいで行けると思っていたけれど、実際には2時間近く掛かった。後で地図を見てみたら6キロ位あるんだね・・・。でも、歩いていくと街の雰囲気が変わっていくのが面白いので、時間に余裕があれば街歩きはオススメです。

Goldman Sachsの本店の裏にあるStone Streetで軽くランチ。

09nyc301

通路いっぱいに並べられたテーブルと椅子。まだ時間が早かったからか、座っている人はいない。美味しいスカンジナビア料理が食べられるというSmorgasでランチ。

09nyc302

サーモンのサンドウィッチとポテトサラダを食べてみる。サーモンの下に敷かれているスクランブルエッグが独特の味わい。ポテトサラダも日本のとは違い、お酢の酸味が強く残る一品。食べ終わった後は、折角ダウンタウンの方まで来たのでバッテリーパーク付近を歩いてみる。

09nyc303

最近のトレンドなのかもしれないけれど、カメラを持っている人たちがすごく多い。

09nyc304

バッテリーパークに飾られることになったThe Sphere。

ここからまた数時間掛けて歩いて帰るのも時間がもったいないので、地下鉄に乗ってセントラルパーク付近まで移動。2時間くらい掛けて徒歩で移動していたのが、地下鉄だと十数分・・・。

09nyc305

09nyc306

09nyc308

セントラルパークの紅葉はあと少しで見頃って感じかな。

09nyc309

初日に行ったPrime Burgerの外観。

ホテルに一旦戻って、夕食はステーキハウスへ。向かったのは3rd AvenueにあるSmith & Wollensky

09nyc310

09nyc311

夜の遅めの時間に行ったけれど、店内は満席だったのでスタンディングバーで席が空くのを待つ。テレビではALCSの第三戦が流れていたけれど、惜しくもヤンキースは負けてしまっていた。

サラダを食べた後にやってきた、メインディッシュのコロラド牛を使ったRib Steak。お店で肉の熟成をしているので、その日ごとにオススメが違うらしく、ウェイターのイチオシをそのままオーダー。

09nyc312

表面がカリカリに焼かれたリブアイ。脂もかなり乗っています。大きさは骨の部分を含めて16オンス(約450グラム)と、かなり巨大。一応ステーキソースも用意されているけれど、純粋に出てきた状態で食べるのが一番美味しい!味の変化をつけるために、ワイルドマッシュルームも一緒に食べながら、割とアッサリと食べきれた。カリカリに焼きこんである表面部分に塩コショウの味付けが染み込ませてあり、肉の内部は軽く火が通っているだけ。ミディアムレアで頼んだので、中心部は綺麗なピンク色。表面の強めの味付けと、内部の柔らかくて味の調整がされていない部分が融合していくのを楽しめる。

09nyc313

デザートにはココナッツのレイヤーケーキ、アイスクリーム添え。アイスクリームはハーゲンダッツのを使用。味付けのアクセントとして、アプリコットのソースが敷かれている。これをディキャフのコーヒーと一緒に流し込んで、3日目は終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

NYC2日目

今日は予報どおり雨。風も強く、傘を飛ばされそうになりながら向かったのはHB Burger。マンハッタンに数店舗展開しているHeartland Breweryの姉妹店。(横にもHeartland Breweryの店舗がある)

09nyc201

12時オープンの店内はバーらしい、落ち着いた雰囲気。

09nyc202

メニューには通常系のハンバーガーが5つ、特殊系のハンバーガーが4つ。通常系にしようかと思ったけれど、特殊系のハンバーガー自体珍しい気がしたので、バファロー・スタイル・ビーフバーガーをオーダー。サイドメニューはウェイトレスがオススメだというオニオンストロー、ドリンクはアイスティーで。

09nyc203

運ばれてきたハンバーガーがこちら。

09nyc204

バンズはポテトロールを使用。レタス、トマト、バッファローホットソースにブルーチーズがトッピングされたハンバーガー。大きなピクルス付き。

バンズがトーストされていないので、手に持った時に暖かくないのが気になる。一口食べると、バッファローソースの強烈なインパクトに戸惑う。バッファローソース自体は酸味が残るステーキソースだけれど、クセ者はウィスコンシン州産のブルーチーズ。ナックルボールのように大荒れで、バッファローソースと合わさると予測不能な複雑な味わいに。酸味があり、ピリっと辛く、まろやか。日本で、この味の組み合わせのハンバーガーを提供する(勇気ある)お店は無いだろうなぁ。パティはミディアムレアで中身ピンクでジューシー(だけれど、肉汁は落ちない程度)。しかし、ソースの存在感が強すぎてパティの味わいが消されていた・・・やはり通常系のハンバーガーを頼んだほうがよかったかな。

かなり気に入ったのはオニオンストロー。オニオンリングに比べてオニオンが細く、衣も薄くて、スナック感覚で幾らでも食べられそう。油切りもしっかりしているので、最後まで軽くてサクサクでした。これはオススメ。

----

昨日の夜は遅かったこともあり、時差ぼけによる強烈な眠気に襲われたので、買い物をした後はホテルで仮眠、のはずが予想以上に眠ってしまった。外は雨が降っているので出る気にならなかったので、ルームサービスを活用。

09nyc205

「マリオットバーガー」。19ドルするだけあって、なかなか豪華な見た目のハンバーガー。サイドはフレンチフライとコールスロー。

09nyc206

デフォルトでベーコンとチーズ(チェダー)がトッピングされているハンバーガー。アンガス牛を使ったハンバーガーで、野菜類(レッドオニオン、トマト、レタス)も一緒に積み上げて食べる。見た目以上にアッサリとしたハンバーガー。塩系の味付けが薄いので、ベーコンとチーズの塩気に頼っている。パティは無難に焼き上げられているけれど、表面をもう少しカリっと焼き上げたほうが好みかな。野菜類は意外にもシッカリと味がするもので、このハンバーガーをマイルドなものに仕上げている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

NYC1日目

今日から予告通り、遅い遅い夏休みを利用していざNYCへ!ニューヨークまで13時間近くあるけれど半分以上眠り、起きている時はプリズン・ブレークを見て時間を過ごしたので、アッサリと到着できた印象。ニューヨークは・・・寒い。

09nyc101

タクシーでマンハッタンのホテルまで移動したあとは、早速一個目のハンバーガーを食べにホテルから歩いて数分のところにあるPrime Burgerへ(51th Street、Madisonと5番街の間)。1938年創業の老舗であるこのお店は、白いジャケットを着たウェイターが昔ながらのハンバーガーを提供してくれるお店。とりあえず、ベーコンチーズバーガーを頼む。野菜抜きで。

09nyc102

アメリカらしい、カリカリと焼いたベーコンに、たっぷりと乗ったアメリカンチーズが印象的。早速重ねて食べてみると、パティ自身には味付けがされていなく、ベーコンとカリカリとした食感とチーズの纏わり付くような食感と塩気で食べるハンバーガー。焼き加減を指定できるのでミディアムレアで頼むと、ちゃんと中身は赤に近いピンク色に焼き上げられていた。お店の入り口近くにあるサラマンダーで焼き上げられている模様。

メニューを見ると、Prime Burger Deluxeというメニューを発見したので、これを追加オーダー。何故か二個入りだったので、一個だけに出来ないかと聞いてみるも、それは出来ないとのこと。これもチーズをトッピング。

09nyc103

先ほどのベーコンチーズバーガーに比べても、横に溢れてしまっているアメリカンチーズ。

09nyc104

野菜は別添え。クラウン部分をはずし、今度は野菜入りで食べてみる。アメリカのトマトは味薄め。レタスは芯があるちょっぴり苦めの味わい。相変わらずパティとチーズの存在感が強いハンバーガー。噴出すほどの肉汁は無いけれど、シンプルな肉の味わいをチーズがサポートしている昔ながらのハンバーガー。派手さは無い。

ホテルに帰って数時間仮眠を取った後、地下鉄4号線を利用してヤンキーススタジアムへ。厚めのコートを借りて、雨具としてビニール製のポンチョを買ったので準備万端。ALCS第二戦です!

09nyc105

去年見に行ったときは消化試合だったけれど、今日はプレーオフということで、観客の気合の入り方が全然違う。緊張のスタメン発表、DHはポサダかもしれないと恐れていたけれど、5番DHで松井がコールされる。それにしても新ヤンキースタジアムのヴィジョン(面積は18 x 30メートル)は大きくて発色がキレイ(表記は無いけれど、三菱電機製の模様)。

09nyc106

スタジアムのコンコースがメチャクチャカッコイイんだけれど、手荷物制限があるアメリカのスタジアムなので、今日持っていった望遠レンズ(70-300mm)では写真に収められず・・・残念。

09nyc107

憧れの松井の打席、第三打席までは併殺を含むゴロばかりで大きな溜息が起こるも、9回裏の第四打席はライト前のヒットで山場を演出。(結果、カノーがキャッチャーゴロで9回裏でのサヨナラならず。ここで勝っていればなぁ・・・)

09nyc108

3回裏に飛び出した、ジーターのホームラン。去年も感じたけれど、ジーターへの歓声は他の選手とは全然違う!周りの人たちと一緒に声を出したり、ハイファイブしたりできるのが楽しい!周りのヤジも面白い。(1アウトでジーターがダブルプレーを取れる打球をエラーした後、「二回連続でエラーしないから、もう一回あそこに打て!」とか)

09nyc109

8回から登板したリベラ。チェンバレンとリベラの時の歓声が凄かった。逆に、コーク、ヒューズの時はイマイチ。

試合自体は、9回が終わった頃から雨が強くなる。予報では雨が降り出したら止まないということだったので、雨が強くなってサスペンドになることを期待しつつ、地下鉄に乗ってホテルに帰る。でも、結局雨は止んでしまい、試合続行。A-Rodの起死回生のホームランは見ることが出来ず・・・かなり後悔。サヨナラのシーンはホテルで見てました・・・。

下の写真はオマケってことで。完全に冷めていたので、コメントはできません。

09nyc110

09nyc111

09nyc112

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

予告

最後にハンバーガーを食べたのは9月21日。ハンバーガーをブログのメインテーマに据えてから、ここまで間隔が開くことは無かったです。ほぼ、一ヶ月近くハンバーガーというものを口にしていないなんて、異常事態。でも、それにはちゃんと理由があり・・・

今週末から、かなり遅い夏休みを利用して本場のハンバーガーを食べてきます。その感動をより増幅させるため、敢えてハンバーガー断食をしてました。現地からブログをアップロードする予定なので、乞うご期待くださいませ。

今は、持って行くカメラのレンズについて悩んでます・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

日光の紅葉

ふと日光の紅葉を撮影したくなって、日曜日なのに珍しく早起きして、ネットで新幹線の予約をして日光へ。目指したのは竜頭の滝・・・だけれど、三連休の真ん中の日ということで、道路は予想以上に混んでいて、結局はその途中の中禅寺湖までで断念。日帰りは時間的に厳しいということを改めて感じました。

Nikko20091011

Nikko20091011_2

Nikko20091011_3

Nikko20091011_4

Nikko20091011_5

Nikko20091011_6

ハンバーガー、全然食べてないな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

有楽町二連発

今日は有楽町に用事があり、その帰りにpatisserie Sadaharu AOKIと、La Maison Du Chocolatに寄ってから帰宅。店内に「撮影禁止」の札が置いてあったけれど、ケース内のケーキを撮影できるツワモノって居るのだろうか・・・?

まずは、patisserie Sadaharu AOKIのケーキ。三種類を購入。

Sadaharuaoki1

手前がバンブー、奥がショコラプララン。

Sadaharuaoki2

バンブーは、抹茶のクリームとチョコレートの層が口の中で緩く融合していく。クリームはもちろん、スポンジもかなり柔らかく、舌で少し圧力を掛けるだけで溶けてしまう。ソフトな口当たりなのに、味わいはかなりストレートで力強い。ショコラプラランは、端に乗っているミニマカロンが可愛い一品。

Sadaharuaoki3

最後のひとつは、ヴァランシア。

Sadaharuaoki4

上に乗ったオレンジを使った飴細工がキレイ。オレンジとチョコレート、そしてヘーゼルナッツの味わいが組み合わさった一品。ソフトなだけでなく、シャリシャリとした独特の歯ごたえも面白かった。

La Maison Du Chocolatのマカロン。他のお店のマカロンよりも、賞味期限がかなりシビア。相変わらず可愛いパッケージングです。

Lamaison1

Lamaison2

積み上げてみました。フランボワーズを食べてみたけれど、芯を残した食感のマカロン。ショコラがメインのLa Maison Du Chocolatなので、センター部分はチョコレートベースのクリーム。先日食べたラ・ヴィエイユ・フランスのサラサラと口の中で溶けるマカロンとは違い、コッテリとしていて一緒に暖かいドリンクが飲みたくなる一品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »