« くにもと (3) | トップページ | 第二回関西遠征 »

2009年8月 6日 (木)

祝300個目! 久々のWBC

今日は記念すべき300個目のハンバーガーを食べに駒沢大学のAS Classics Dinerへ。記念の区切りのハンバーガーということで、特製のハンバーガーを焼いていただけることに。ワクワクしながら待っていると、運ばれてきたハンバーガーがこちら。

No300

ハンバーガーについて記事を書き始めた頃に追求していた、Carl's Jr.で大好きだったWestern Bacon Cheeseburgerをイメージしたハンバーガー。ちなみに、マスター自身は現物を食べたことが無いので、写真などのイメージのみで作り上げたハンバーガー。

No3002

特徴としては・・・AS Classics Dinerとしては珍しく、バンズが中層に挟まれていて、二層構造になっていること。(バンズの総量は通常と一緒、3ピースに切り分けられている)自分自身は食べていないけれど、初期のAS Classics Dinerさんのダブルパティ系のハンバーガーは中層があったらしく、それを復刻。上層部はベーコン、オニオンリング、グリルドオニオン、スモークチーズ、タルタルソースにBBQソースが挟まれていて、下層部にはビーフパティと多めのチェダーチーズそしてまたベーコン。トマトとレタスの野菜類は無し(別添え)。味わいの変化をつけるために、ピクルスが隠れている。個別にピクルスをハンバーガーにトッピングすることは出来るみたいだけれど、最初から入っているのはこのハンバーガーのみ。

No3003

簡単に纏めると、とてもドライでハードなハンバーガー。それはパティがパサパサという訳でなく、水分補給を担っている生野菜が一切入っていないことと、中層のバンズがカリッカリに焼かれていて、パティから発生する肉汁を確実に受け止めているから。下層部は普通のベーコンチーズバーガーの構成なので、その部分が華やかな味付けの上層部と交わっていく過程が楽しい。味わいの違う二種類のチーズの競演も面白い。ハード系の具材をひたすら食べていくので、とても噛み応えがあり、食べ終わった後には確かな満足感が残る一品。重量があるものの、中層バンズの効果もあり、中身が滑ることも無く最後までキレイに食べられます。

改善点があるとすれば、中層のバンズのカリカリ感がオニオンリングの食感と被ってしまうので、もう少し柔らかい焼き加減の方がよかったかも。個人的にはこのままの方が独特の個性があって良いと思うけれど、口当たりを優先するなら別添えだった野菜を入れても良い。(オリジナルのCarl's Jr.のウェスタンベーコンチーズバーガーにも野菜は入っていません)

最後に、ここまで記事にしてるのにオーダーできなかったらアレですが、このハンバーガーは平日の夜限定でオーダーできます。(昼間のランチタイム中は工数が掛かりすぎるので無理、とのこと)果たして実際にオーダーを入れる方がいらっしゃるかどうか分からないけれど、オーダーすれば提供してもらえるとの事です。名前は・・・そうですね・・・「Ken's 300th Special」とでも・・・。おやつ系の軽いハンバーガーが好みの人は受け入れることが難しいハンバーガーだと思いますが、ワイルドかつ豪華なハンバーガーが食べたいときは試してみていただければ幸いです。

|

« くにもと (3) | トップページ | 第二回関西遠征 »

05. 特製ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

「Ken's 300th Special」良い名前ありがとうございます!平日の夜限定でやりますので期待して下さい。オーダー入れば喜んでやります。
w-iceさんのブログ毎回楽しみですのでこれからも拝見させて頂きます。
ps.赤身レアパテの件、前向きに検討中です。乞うご期待!

投稿: Minakami | 2009年8月 6日 (木) 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/45855908

この記事へのトラックバック一覧です: 祝300個目! 久々のWBC:

« くにもと (3) | トップページ | 第二回関西遠征 »