« AS Classics Diner ベーコンチーズバーガー | トップページ | Bar Shanks ハンバーガー »

2009年7月23日 (木)

メキシコと宮崎

メキシコのマンゴーを食べていつも考えていたこと・・・宮崎県の「完熟」マンゴーと何が違うんだろう、と。今年送られてきたマンゴーのストックも少なくなってきたので、食べ比べをするためにデパ地下で宮崎産の完熟マンゴーを購入。

Miyazakimango

これが購入した宮崎県の完熟マンゴー。

Miyazakimango2

メキシコ産のマンゴーと並べてみたところ。表面の赤さが違う。

Miyazakimango3

切ってみたところ。隣のメキシコ産のマンゴーも充分に熟れているけれど、宮崎産のほうがより満遍なく熟れているのが色から判る。トロけるような甘さで、天然品なのにココまで甘くなるのか、と驚く。砂糖をタップリと使った廉価のマンゴー系お菓子のような甘さ。ただ・・・個人的には、マンゴーの甘みと酸味のバランスが好きなので、甘さ一辺倒の宮崎マンゴーは深みが無いような気がした。宮崎のを食べた後にメキシコのを食べると、全体の1~2割位の酸味によって、甘さが引き立ち、全体の深みが増しているような気がする。

お菓子的な、甘さを追及するなら宮崎産、フルーツとしての深みを味わいたいならメキシコ産、という結論に達しました。

|

« AS Classics Diner ベーコンチーズバーガー | トップページ | Bar Shanks ハンバーガー »

12. ケーキ系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/45722592

この記事へのトラックバック一覧です: メキシコと宮崎:

« AS Classics Diner ベーコンチーズバーガー | トップページ | Bar Shanks ハンバーガー »