« 久しぶりにチョコレート系 | トップページ | 開新堂のクッキー »

2009年6月 7日 (日)

Honey Bee ベーコンチーズバーガー

今日はいつもの行動範囲を一気に超えて横須賀中央まで。目的は、横須賀市が「地バーガー」として発展させようとしている「ネイビーバーガー」を食べるため。新宿から湘南新宿ラインで横浜まで行き、そこから京急線で横須賀中央までおよそ1時間強。自宅からだと、2時間近くか。

初めて降りた横須賀中央は、なにか特別な雰囲気。ケータイショップでは英語での説明書きが目立ち、町いく人たちの外国人率も高い。向かったのは、横須賀中央駅から歩いて5分程度のHoney Beeというお店。実は目当てのお店は別だったのだけれど、お休みみたいだったので、急遽このお店に。お店の外にはネイビーバーガーのノボリが置いてあるので判りやすい。

全席カウンターのお店は、ガラス越しに直接テイクアウトのオーダーが出来るレイアウト。早速メニューを見てオーダーしたのはチーズバーガーにベーコンをトッピングしたベーコンチーズバーガー。オーダーした後に店内を見渡すと、ネイビーバーガー第一号店がこのお店であることが書かれているサインを発見・・・それと同時に、ネイビーバーガーだけ特別のパティを使っていることが判明。しまった、ネイビーバーガーを頼むべきだった・・・と悔やむも、自分のハンバーガーは調理が始まっているので、オーダーを取り消すことも出来ず。不覚。

Honeybee1

10分少々して運ばれてきたベーコンチーズバーガーがこちら。ベーコンを三枚使った豪華なハンバーガー。ハンバーガーはそれほど大きくなく、とてもコンパクト。その代わりに、横で焼かれていたネイビーバーガーのパティはこれの倍以上の大きさ。このベーコンチーズバーガーを食べ終わった後に追加でネイビーを、と考えたけれど一日一バーガーの掟を破ってしまうので、それはしないことに。

Honeybee2

味付けはとてもシンプルなハンバーガー。トッピングは刻みレタス、生オニオン、トマト、ベーコン、チーズ、パティのみ。ソース類が使われていないので、バンズのサックリとした歯ごたえが直に感じられる。最初の一口で、その素朴ながら力強い味わいに圧倒される。鉄板でじっくりと焼かれているので、滴り落ちる肉汁は少ないけれど、充分にジューシーなパティが印象的なハンバーガー。自分の食べ方が下手だったためだけれど、最後にパティが残らず、オニオンばかりになってしまったのが残念。パティとチーズの組み合わせが美味しかったので、つい欲張ってしまった結果だと思う。そう思うと、やはりネイビーバーガーを頼まなかったのは痛すぎる。次回は、「オリジナル」のネイビーバーガーをリベンジしたいです。

せっかく横須賀中央まで行ったので、他の「ネイビーバーガー」に参加しているお店も見てまわったけれど、中には普通の日本人には敷居の高いお店もあるような気がする。自分は逆に店から発せされる雰囲気にテンションが上がったのだけれど、雰囲気的にダメな人たちもいるかも。良くも悪くも「ガチ」なアメリカの(ハワイ的に軟化されていない)雰囲気が残るお店なので、そういうのに免疫がない場合は注意が必要です。

話は逸れるけれど、日本各地に色々な「地バーガー」があるけれど、その中にはビーフパティの代わりに別のモノを挟んでいる「バーガー」があるけれど、それって「バーガー」じゃないような気がする。「○○バーガー」と名乗らずに、「○○サンドウィッチ」って名乗ればいいのに。ビーフパティが入っていないのに、バーガーと名乗るのはヘンな気がします。

|

« 久しぶりにチョコレート系 | トップページ | 開新堂のクッキー »

02. チーズ系ハンバーガー」カテゴリの記事

03. ベーコン系ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ
久しぶりに遊びに来ました!

ハンバーガー、いいですね。

投稿: sayu | 2009年6月11日 (木) 11:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/45271126

この記事へのトラックバック一覧です: Honey Bee ベーコンチーズバーガー:

« 久しぶりにチョコレート系 | トップページ | 開新堂のクッキー »