« 開新堂のクッキー | トップページ | Oriol Balaguer »

2009年6月13日 (土)

Bar Shanks チーズバーガー

今日は前回訪問時に魅了された参宮橋のBar Shanksへ。実は、参宮橋にできた新しいお店目当てに参宮橋駅で降りたのだけれど、Bar Shanksの営業時間が早まっていた。最近不調な新規開拓というリスクを犯すことなく、美味しいハンバーガーを食べたくなって、近くで少し時間を潰してから入店。ちなみに、新しい営業時間は17:00から深夜の3:00まで。日曜日は15:00からオープンなので、気軽に寄れるようになって嬉しいです。

さっそく入店して、チーズバーガーとジンジャーエールをオーダー。前回訪問時のお話を覚えてくれたマスターの芳賀さんが、野菜の分量について提案があったので、「すこし少なめ」でオーダー。ジンジャーエールを飲みながら、シガーについてキラエリさんに色々と教えていただく。お香的な楽しみ方が出来るということは、アロマの一種になるのかな。ちなみに、ジンジャーエールはウィルキンソンのを使用していました。

Shanks1

これが運ばれてきたチーズバーガー(野菜少な目)。

Shanks2

前回使用していた可愛いプリントがされていたハンバーガー袋ではなく、一回り大きいハンバーガー袋に変更。どうやら、前のデザインのが絶版となってしまったのと、ハンバーガーを包むために大き目の袋に変更したとのこと。皮付きのフレンチフライも健在。野菜少な目で、トッピングもチーズのみにしたのでバンズのスモーク香がより強調される結果に。初めて訪問したときも感じたのだけれど、他のお店では食べることの無かった孤高の味わいのハンバーガー。昔は「全部乗せ」が良いと思っていた時代もあったけれど、今は「軸」を重視するようになってしまいました。一点突破的な(DBの魔貫光殺砲的な)味わいの軸を持ったハンバーガー、大好きです。次は何もトッピングを乗せないプレーンなハンバーガーが食べたいな。

Shanks3_2

ハンバーガーを食べ終わった後はチョコレートやケーキの話題でマスターとの会話を楽しみました。写真は、スイカ果肉を濾したソルティードッグ(アルコール抜き、100%ストレートのスイカ果汁)。スイカの果汁って薄いイメージがあるけれど、氷を入れてもしっかりとした甘さが残っていて、美味しく頂けました。ドンパッチみたいなチョコレート、気になるので、近々購入せねば・・・。

|

« 開新堂のクッキー | トップページ | Oriol Balaguer »

02. チーズ系ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/45330926

この記事へのトラックバック一覧です: Bar Shanks チーズバーガー:

« 開新堂のクッキー | トップページ | Oriol Balaguer »