« マンダリンオリエンタル東京 K'SHIKIバーガー | トップページ | いろいろ »

2009年5月 9日 (土)

いろいろチーズのフォンデュバーガー

今日は久しぶりに藤が丘のCoCochiへ。CoCochiは月替わりのハンバーガーがあり、今月のは「いろいろチーズのフォンデュバーガー」。チーズたっぷりのハンバーガーということで、久しぶりの訪問。窓際の席に座り、お目当てのハンバーガーを頼む。アイスラテを飲みながら、ハンバーガーが運ばれてくるのを待つ。

Cocochicheese1

これが、「いろいろチーズのフォンデュバーガー」。あ、ちなみに一眼のレンズをアップグレードしました。カメラ本体より重いので取り扱いが大変だけれど、写りはかなり満足しています。明るいレンズって素晴らしい。

Cocochicheese2

ハンバーガー自体は、チェダーチーズを使ったチーズバーガー。奥に見える器にチーズフォンデュが入っている。グリュイエール、エメンタールそしてゴーダチーズで作られたチーズフォンデュ。

どうやって食べるか迷うハンバーガー。CoCochiのホームページには最初からフォンデュが掛けられている写真が載っているけれど、個人的にはフォンデュが垂れてきて食べにくそうだったので、袋に入れた後に断面部分にスプーンで掛けていくことに。何も掛けずに一口食べた後、スプーンでフォンデュを掛けて食べると、濃厚なゴーダチーズ系のコクのある味わい。チェダーチーズも使われているので、クワッドチーズトッピングか。これだけ前面にチーズを押し出してくるハンバーガーも珍しいので、チーズ好きには必ず試してもらいたい一品。ハンバーガーの中心部、刻みタマネギとレリッシュが混ざり合う部分とチーズの濃厚な味わいの絡み合う部分が最高に美味しい。

一つ難があるとすれば、時間が経つにつれてフォンデュが冷めて硬くなってしまい、ハンバーガーに掛けにくくなったり、喉越しがスルリといかなくなる。ただ、その分チーズのコクはより強く、どっしりと感じられ、味わいが変化する。自分は恐らくハンバーガーの食べるスピードが早から大丈夫だったけれど、ゆっくりと喋りを楽しみながら食べていると途中からハンバーガー掛けにくくなると思われる。最初からゆっくりとハンバーガーを食べるときは、最初にチーズを乗せて、遭えて少し冷ましてから食べる、という食べ方の方がいいかも。フォンデュが冷めない工夫があればいいんだけれどなぁ。

マンスリーバーガーの中でも、かなり好調だというこのハンバーガー。チーズ大好きで、今まで食べたことの無いチーズバーガーが食べたくなったら、是非とも試してみてください。マンスリーバーガーなので、5月末までは食べられるはずです。

最後に、本当にどうでもいいことなんだけれど、「いろいろチーズ」って、もったいないネーミングのような。せっかく四種類のチーズを使った珍しいハンバーガーなのだから、「チーズオールスターズ」とか、キャッチーな名前の方が面白いと思うんだけれどね・・・。

|

« マンダリンオリエンタル東京 K'SHIKIバーガー | トップページ | いろいろ »

02. チーズ系ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/44957969

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろチーズのフォンデュバーガー:

« マンダリンオリエンタル東京 K'SHIKIバーガー | トップページ | いろいろ »