« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

Bar Shanks ベーコンチーズバーガー

ここ10年以上小田急線ユーザでありながら、一回も降りたことのない駅、参宮橋。燻製バンズを使った美味しいお店があるという噂を聞いて、初めて降りてみる。一つしかない改札を左に曲がり、少し坂道を歩いていくと、螺旋階段が特徴的なBar Shanksが左手に見えてくる。螺旋階段を上がると、落ち着いた雰囲気のバーがそこにあった。シガーも置いてあるバーらしく、店内はスモーキーな匂い。タバコの煙はダメだけれど、シガーの匂いって何かいいなぁ・・・とか思いつつ、定番のベーコンチーズバーガーを頼む。バーだけれど、アルコールを飲む気分ではなかったので、ジンジャーエールを。

まずはジンジャーエールが運ばれてくる。普通のジンジャーエールかと思いきや、ライムが絞ってあって、かなりスカっとするキレのある味わい。これがバーで飲めるジンジャーエールなのか・・・と一杯目を飲み干し、二杯目を頼んでいた。ハンバーガーの調理はカーテンで閉められた奥のほうで行われているようだけれど、一瞬だけカーテンが開いたときの香ばしい焼きの匂いが店内のシガーの匂いと混ざり、なんとも言えない良い匂いが漂った。直感的に、今日のハンバーガーは期待できそうだと感じた。

Shanks

これが運ばれてきたベーコンチーズバーガー。付け合せのポテトは男爵イモのフライ。

Shanks2

粗挽きのペッパーが印象的な一品。最初からハンバーガー袋に入っていて、袋に描かれている可愛らしいイラストと店内のイメージのギャップを楽しむ。持ち上げると、燻製バンズの良い香りがより強く誘惑してくる。

早速一口・・・一口目から、先ほど感じた直感が正しかったことを確認する。チーズはアメリカンチーズで、かなりコッテリとした味わい、パティは緩く形成されたほぐれる感じ。ところどころにBBQソースや粒マスタードでアクセントを付けているので、常に味わいが変化していくので飽きない。ただ、このお店のハンバーガーはやはり燻製バンズの風味が中心。通常、スモーク系の風味=炭火焼パティ、となり、バンズは日本風な甘さで味の幅を広げている。このお店は逆で、某店の暴れ馬的に扱いの難しい甘いバンズを燻製にすることで甘みを抑えつつ、他のお店では味わえない奥深いコクが与えられている。他の具材はフライパンで調理されているので、スモーク風味はバンズのみから発せられ、これが今まで食べたハンバーガーの逆を行っている。久しぶりに頭に「!」マークが点灯した一品。

添えられたポテトも秀逸。男爵芋をカットして、表面がサクサクとなるまで揚げてある。そのため、時間が経っても水分で柔らかくならず、サクサクとスナックのように食べられる。バーのスナック的な配慮がされている一品。追加で欲しくなったけれど、今日はセーブして、次回来たときの楽しみとする。

食べ終わった後にマスターと色々話してみると、やはりどこかのお店で修行したとかではなく、ハンバーガーが好きで独自の感覚で試行錯誤した結果のハンバーガーだということが判った。このお店のトッピングはチーズ、ベーコンそしてエッグのみ。こりゃあ、近いうちに野菜抜きチーズバーガーを頼まなければ、と店を出る前から次の訪問をいつにしようか考えている自分が居た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

ワンシンエン 旺幸苑

先週、会社帰りに焼肉を食べにいくため、サッとWebで調べたところ、旺幸苑がヒットしたので行ってみる。Webには「この焼肉を食することなく焼肉を語ることなかれ」と書いてあったので、ちょっと身構えて向かうことに。店の場所はJR新橋駅の烏森通りのてんやの4階。小さな、怪しげなエレベーターに乗って4階へ。端っこの席に座り、早速頼み始める。

Wanshinen1

最初は、普通に上タン(1,700円)。厚さは普通かな。

Wanshinen2

おとしカルビ(1,500円)。しっかりと脂が乗ったカルビ。これの投入により、炎の勢いが活発になる。ちなみに、このお店はガスコンロではなく、炭焼き。

Wanshinen3

ジューシーなハラミ(1,700円)。

Wanshinen4

ロース(1,000円)。

Wanshinen5

幻のワンシンエンカルビ(2,500円)。肉の色がピンク。これはサンカクカルビと同じかな。

Wanshinen6

特選ハラミ(2,800円)。

感想としては、肉質は良いけれど、若干コストパフォーマンスが悪いかな。見栄えがするように肉がカットされているので、プレゼンテーションは良い。A5のみ、とお店が謳っている脂身が多い肉ばかりを焼くため、下に敷かれている炭が結構なスピードで減っていき、最後のほうは火力がダウンしてしまう。そうなると、火力が均一にならないので焼き加減が難しい。そう考えると、美味しい肉を間違いなく焼くにはガスコンロの方が良いかも。値段設定が高めなためか、お店はあまり混雑していないけれど、それを逆手にとって、焼肉を食べたくなったときは穴場的に使えるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

焼肉ジャンボ白金店 再び

およそ一ヶ月前に訪問した焼肉ジャンボ白金店。予約は数週間前からしておいたのだけれど、今日は仕事上疲れたので丁度よかった。前回と同じくロースターの具合を見てから、裏メニューに突入。前回頼まなかった部位を中心にオーダー。

20090421jumboshinshin

シンシン(2,100円)。後ろ足の付け根付近の赤身が多い部分の部位。

20090421jumbo2nakaniku

中肉(1,890円)。モモ肉の上質な部分。

20090421jumbo3shinrosu

本店で頼んだことはあるけれど、前回食べられなかった芯ロース(2,625円)。若干厚切りなのが嬉しい。

20090421jumbo4sankakukal

三角カルビ(3,150円)。通常のカルビとは違い、奥深いところにあるサシの多い部位。これも芯ロースと同じく、若干厚めなので、焼き時間も気持ち長めに。

20090421jumbo5sankakukal

三角カルビを焼いているところ。

20090421jumbo6sankakukal

軽く炙ってひっくり返したところ。途中、カレーライスとスープを挟んでから、最後の肉の追い込みを掛ける。

20090421jumbo7uwamisuji

前回も頼んだウワミスジ(1,890円)と・・・

20090421jumbo8misuji

ミスジ(2,940円)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

Chocolat BEL AMER

新宿に用事があったので、そのついでに伊勢丹のデパ地下へ。今日選んだのは、ショコラベルアメール。二種類のクリームを使ったシュークリームとマンディアンの詰め合わせを購入。

Belamer

ショコラ系のクリームとバニラ系のクリームが使われているシュークリーム。
Belamer2

バニラ部分は、オレンジのようなシトラス系の風味。キメ細かいクリームはコッテリした舌触りで、ちょっと喉が渇く感じ。今日のお供はロイヤルミルク ティー。どうしてもチョコレート部分の方が味わい強いため、先に食べてしまうとシトラス系の風味がかき消されてしまう。なので、白⇒茶の順番で食べるのが 吉。

Belamer3

マンディアンの詰め合わせ。五個入り。

Belamer4

可愛らしい大きなリボンが目印。これを解く以外に箱が開けられないので、残念だけれど、解いてしまう。

Belamer5

中身はこんな感じ。さて、どれから食べようかな・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

反転版 BBQ Pork Rib Steak & Beef Burger

今日は、久しぶりにAS Classics Dinerへ。今日頼んだのはオーナーの提案により、BBQ Pork Rib Steak & Beef Burger。以前食べたことのあるハンバーガーだけれど、前回との違いは、具材の重ね方の順番。通常のAS Classicsさんの積み順は上に肉類、下に野菜類だけれど、今回は野菜が上、肉類が下にシャッフル。これで、どう味わいが変わるかが楽しみ。

Asgriledchicken

これが運ばれてきたハンバーガー。ハンバーガーの積みの物理バランスは通常のほうが良いため、このハンバーガーは串が刺さった状態での提供。注目のタルタルソースの位置は、ヒールに直接塗られていた。

結論は、肉類の味わいをアピールしたいハンバーガーは、下に配置したが良いということ。最初の一口でダイレクトにビーフパティとポーク、そしてBBQソースの味わいを存分に楽しむことが出来た。今日のビーフパティは肉塊感がいつも以上に激しく、噛み締めるとキュッキュっとした食感。挽肉だけのパティでは味わえない満足感があった。いつもはパティの重さによって固定される野菜類だけれど、重しが取れたことによって、結構自由にハンバーガー袋の中を移動する。薬指と小指を使って押さえ込むのだけれど、それでも限界がある。このハンバーガーに限定すれば、味わいは野菜上、肉下。ただ、見た目+食べ易さの観点からは、肉上、野菜下。

今回の発見は、ハンバーガーの部位による味わいの変化。最初の一口は、野菜類が少なめに入るので、肉の味わいが中心。そして、食べ進んでいくと徐々に野菜類の割合が高くなり、野菜類のコクがプラスされて肉感はマイルドに。一方向に食べ進んでいくと、どうしても具材がズレてくるので、自分は回転させながら食べるのだけれど、そうするとまた外縁の肉感強い部分を食べることになる。こうして味わいを変化させながら食べていくから、最後まで飽きずに食べることが出来るのだと思う。

肉類が下にあることで難があるとすれば、それは肉汁がヒール部分に染み込み易いということ。自分は食べるときは一気に食べてしまうので気にならなかったけれど、喋りながらゆっくり食べたり、テイクアウトしたときなどは、バンズがフニャフニャになってしまいそう。パティが下に配置されるハンバーガーは男らしく一気に食べろ、ってことかな。

ハンバーガーを食べた後は、持ち帰り用のサンドウィッチの種類を確認。(家に持ち帰って、明日の朝に食べる予定です)

Asclubsandwich

お店のロゴの入った箱に入ってテイクアウト・デリバリーされる。

Asclubsandwich2

これがクラブハウス。一番具沢山のサンドウィッチで、厚みもなかなか。

Aspastrami1

ビーフパストラミのサンドウィッチ。

Ashamcheese

BLT。

----
余談として、オーナーから週刊文春のハンバーガーの記事を見せてもらった。呆れるような内容。ランキング形式というのがヘンだし、仮にランキングをしたとしてもトップ10には絶対に入らないようなお店もチラホラ。コメントも超無難だし・・・。本当にハンバーガーが好きな人たちによる選定なのか、甚だ疑問。「大人の事情」が入っているんだろうか?少し前の某ブックも、冷めたハンバーガーの食べ比べをやっていたけれど、一体何がしたかったんだろう?ハンバーガーを作っている店主さんは、冷めた(劣化した)ハンバーガーで味を評価されたいと思っていないだろうし・・・。ハンバーガーが徐々に市民権を得られ始めて、それを元に一儲けしたい、という出版社の魂胆が見え見えです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

メキシカン風バーガー

今日は駒沢のFellowsへ。最近アボカドとハンバーガーの相性について思うことがあったので、頼んだのは新メニューのメキシカン風ハンバーガー。

Fellowsmexican1

見た目インパクトのあるハンバーガー。Fellowsのハンバーガーは力強い風貌のハンバーガー。

Fellowsmexican

一見、普通のアボカドバーガーに見えるこのハンバーガー。一口食べてみると、Tex-MexのTacos系の味わい。アボカドとパティの間に配置された辛目のスパイスで味付けされたミートソースが味の中心。単独で食べると辛いのだけれど、これがアボカドと旨く中和され、更にパティの風味と上手く共存している。ザクっと歯ごたえのあるグリルドオニオンが隠れた主役。アボカドというトッピングは、アボカドと張り合う力強い味わいのトッピングと上手く合わさったときは美味しさが引き出されることを確認。ただ、サルサトッピングのハンバーガーの宿命というか、冷たいトッピングのため、ハンバーガー全体の熱を奪っていて、ハンバーガー全体が「アツアツ」でないのがちょっと残念。この温度の課題を克服できれば更に美味しいハンバーガーになると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

Goro's Diner 宇田川町版アメリカンバーガー

まだ火曜日だというのに、なんか疲れてしまっているので、元気を取り戻すために渋谷のGoro's Dinerへ。カウンター席に座って、ずいぶん考えた末に頼んだのは、炭火焼のアメリカンバーガー。久しぶりに頼むこのハンバーガー、このいお店で味わえる、唯一のケチャップを使ったハンバーガー。

Gorosamerican1

相変わらず見た目が美しいハンバーガー。バンズの直径をはみ出さないように具材の大きさが統一されていて、まずは見た目で楽しませてくれる。

Gorosamerican2

上から目玉焼き、厚切りベーコン、チェダーチーズと一体化したビーフパティ、生オニオン、トマト、レタス、そしてレタスにマヨネーズ。クラウン裏にはマスタードが塗られている。早速一口食べると、まず意識するのはフワフワの目玉焼き。Goro'sで目玉焼きがトッピングされているのはこれとRio de Burger、そしてスペシャルバーガーの三種類のみ。フワフワの目玉焼きの下には、プルンとした厚切りベーコン。完全にチーズコーティングされた状態パティは炭火焼によって脂分が落ちて締まった焼き上がり。

さて、味わいのほうは普通に美味しいのだけれど、もう少し突き抜けた味わいが欲しかった。目玉焼きという、どちらかと言うと味わいを吸収する傾向のある具材があるために、特徴的な炭火の味わいが随分と弱く感じてしまう。炭火焼ではなく、鉄板焼きのほうが美味しく食べられる一品かも。具材の種類が多いハンバーガーで、しかも小さめのビーフパティを使っているハンバーガーなので、パティが中心的な存在ではなく、大勢の具材の中の1ピース、と言った扱い。普通なら、支離滅裂になってしまいそうな構成のハンバーガーだけれど、サクっといい音をして噛み切れる野菜類を始め、脇役がしっかりしているから成り立っているハンバーガー。

そういえば、外苑前の方のお店がご無沙汰だなぁ・・・近いうちに行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

松の盆栽

預かりものの松の盆栽がカワイイので、撮影してみました。

Bonsai1

Bonsai2

Henri Charpenterのケーキ。見た目は面白いんだけれど、ちょっと塩気が強めの味わいでした。

Henri1

Henri2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

Reg-on Diner ベーコンチーズバーガー

今日はヒマだったので、思い切って会社から歩いて帰ることに。新橋からスタートして、虎ノ門まで外堀通りを歩いて、六本木通りを左折。六本木ヒルズを越えて渋谷に向かう・・・途中、流石にお腹が空いてきたので、丁度いい場所にあったReg-on Dinerに寄ってみる。思えば、前回も高尾山に登った後に訪問したような・・・。

今回のオーダーはベーコンチーズバーガー。予告したハンバーガーとは違うような気もするけれど、気にしないでおこう。飲み物は7upで。手書きのメニューに新メニュー(?)のハンバーガーが記載されていて、詳細を聞いた結果、大きいことだけをウリにしたハンバーガーと判断し、パス・・・BROZERS'のロットバーガーの進化系だったら頼んでいたのに。

Regon1

これが運ばれてきたベーコンチーズバーガー。ハンバーガーの三大原色である茶、赤、緑が揃った美しい色合いのハンバーガー。

Regon2

上からベーコン、チーズ、パティ、オニオン、トマト、レタスの組み合わせ。ハンバーガー袋に入れて食べると、甘い味わいのハンバーガーであることが判る。バンズの甘い味わいが全体を包み込んでいて、ベーコンとパテイの味わいが控えめに感じられる。水分の多い野菜がハンバーガーの味の軸をボヤかしてしまっているように思う。前回食べた野菜抜きのチーズバーガーのほうが遥かに美味しかった。シンプルにすれば、ベーコンチーズバーガーらしさが復活すると思うけれど、そうするとReg-On Dinerさんの特色である「美しい」ハンバーガーが失われることになってしまう。見た目を優先させるか、力強い味わいを優先させるか・・・明確な解は無いと思うけれど、単純に「大きいこと」だけを追求してほしくないというのが正直なところです。

その後は、渋谷からは246を三軒茶屋方面に歩いていって、そこから世田谷通りを経由して帰宅。6時に会社を出て、結局家に到着したのは10時。およそ3時間以上歩いていたってことかな。Mapionで距離を調べたところ、15キロ近く歩いていたみたい。マラソンはこの約3倍かぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

NYCハンバーガーを求めて25 -Gotham Grill編-

今日は恵比寿に3月オープンしたGotham Grillへ。英語版のページでこのお店を紹介されたので、早速行ってみる。(実は、月曜日に夜桜を見た後に寄ってみたのだけれど、残念なことにお休み・・・不定休とあるけれど、月曜日が定休日なのかな。)お店の入り口近くにハンバーガーを焼くための網が見える。ニューヨークを意識したお店のようなので、例によって野菜抜きチーズバーガーを頼むことに。店員さんに聞いてみると、ハンバーガーはオープンスタイルで提供されるみたいなので、普通のハンバーガーにレッドチェダーチーズをトッピング。

Gothamcheese

シンプルに盛り付けされたハンバーガーが登場。フレンチフライは別料金。分厚いパティの上にはチーズがピタっと密着している。野菜類は生オニオン、トマト、そしてレタス。それにピクルスが付いてくる。

Gothamcheese2

野菜類を取り除いて、野菜抜きチーズバーガーに。ソース類は全く使ってなくて、純粋にパティの味わいを楽しむハンバーガー。持ち上げて、少し圧力を掛けると、パティの裂け目から赤い肉汁が染み出てくる。一口食べると、パティの外側はよく焼けているものの、内部はかなりの赤身、レア状態。ステーキハウスのハンバーガー、といったイメージ。この赤身具合は、過去最高かも。食べかけの写真は汚らしいので、この赤身具合は実際に食べて確認してください・・・。味付けは、薄くてシンプル。この赤身が凄いパティのせいで、レッドチェダーの存在感は薄め。野菜を一緒に食べたら、殆ど感じなくなるんじゃないかな。野菜類は、オニオンが強烈に辛かった。ビーフパティの味付けを抑え目にして、このオニオンの辛さでバランスが取れるような計算なのだろうか・・・単品で食べたので、判らないので、次回確認しないと。

この超レア状態のお肉をはじめ、かなり自分好み。ただ、ダメ押しの一撃が来ない。逆に言うと、もっと美味しく食べられるはずのハンバーガー。今後行くときは、ベーコンチーズバーガーを試してみよう。そういえば、トッピングにアボカドが無かったような。これは個人的には大きなプラスポイントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

千鳥ヶ淵 ライトアップ桜

Chidorigabuchi1

Chidorigabuchi2

Chidorigabuchi3

Chidorigabuchi4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

I-Kousya ガーリックバーガー

本日は水道橋のI-Kousyaへ。調べてみたら、昨年の11月以来の訪問・・・すごく時間が経ってしまっていた。選んだハンバーガーは新メニューのガーリックバーガー。牛肉とニンニク・・・焼肉では定番の組み合わせなのに、ハンバーガーではあまり見ない組み合わせ。果たして、どのようなハンバーガーが出てくるのかワクワクしながら待つ。

Ikousyagarlic1

これがガーリックバーガー。ホイル焼きされたニンニクの匂いがプンプンするハンバーガー。ガーリックチップを焼きこんだのではなく、ホイル焼きなのでホクホクとした食感のニンニクの粒がそのまま使われている。ローズマリーなどのスパイスを使いつつ、ニンニク部分が流れ落ちないように上手く纏められている。

早速一口。I-Kousyaの肉感の強いパティは、よりステーキ感が強まっていて、キュっと引き締まった焼き具合。だが、このハンバーガーは肉の味わい、食感は完全に脇役になってしまっている・・・パティが美味しいI-Kousyaなのに。

Ikousyagarlic2

このガーリックバーガー、ニンニク嫌いまたは刺激的な味わいが苦手な人にはオススメできない・・・逆に言うと、焼肉店でニンニクホイル焼きを頼むくらいニンニク好きな人にはヒットする一品。芯までトロトロに火の通ったガーリックは溶けるような食感。そして、ニンニクの風味に負けないくらい周りのスパイス類がかなり暴れる。今までの、ワイルドだけれど優等生的な今までのI-Kousyaのハンバーガーとは違い、コレは完全にワル系のハンバーガー。個人的には、辛味が強かったので、全体の味わいを少しマイルドにしたほうが好みでした。

こんなにニンニクを前面に出したハンバーガーは初めて。パワー不足を感じたときにオススメな一品です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

Giggle ベーコンエッグチーズバーガー

今日は、祖師ヶ谷大蔵のGiggleへ。帰り途中でハンバーガーが食べたくなったので、急遽行くことに。まずジンジャーエールを飲みながらメニューを一読。結局選んだのはベーコンエッグチーズバーガー(1,100円)。

Gigglebaconeggcheese1

少しして運ばれてきたハンバーガー。ベーコンにエッグと積みあがっているので、なかなかの高さ。

Gigglebaconeggcheese2

横から見ると、上からエッグ、ゴーダチーズ、パティそしてベーコンと、面白い重ね順になっている。ベーコンはかなり強めに焼かれている。一口食べると、色々な味わいが同時に攻めてくる。このハンバーガーの味の軸はどこだろう、と考えながら食べると、この具材の交わりの中で輝いていたのはバンズとゴーダチーズ。バンズは食感的には目立たないが、若干甘めの味わい。チーズは食べている途中は殆ど視覚的に目立たないけれど、しっかりと味の下支えをしている。

脇役がしっかりと周りを締めているから目立ち系具材のベーコンエッグが生きてくる。開店直後のベーコンのほうが、厚みもあってワイルドだったような気がするけれど、微妙に仕様変更したのかな?厚切りベーコンのプリっとした食感を生かすのであれば、上の歯で噛み切るときの食感が大切だから、個人的には上のほうに配置したほうが食感を生かせると思う。あと、下のレタスをもう少しハンバーガーの直径に合わせるように畳み込めば、もっと見栄えの良いハンバーガーになんじゃないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »