« 松の盆栽 | トップページ | メキシカン風バーガー »

2009年4月14日 (火)

Goro's Diner 宇田川町版アメリカンバーガー

まだ火曜日だというのに、なんか疲れてしまっているので、元気を取り戻すために渋谷のGoro's Dinerへ。カウンター席に座って、ずいぶん考えた末に頼んだのは、炭火焼のアメリカンバーガー。久しぶりに頼むこのハンバーガー、このいお店で味わえる、唯一のケチャップを使ったハンバーガー。

Gorosamerican1

相変わらず見た目が美しいハンバーガー。バンズの直径をはみ出さないように具材の大きさが統一されていて、まずは見た目で楽しませてくれる。

Gorosamerican2

上から目玉焼き、厚切りベーコン、チェダーチーズと一体化したビーフパティ、生オニオン、トマト、レタス、そしてレタスにマヨネーズ。クラウン裏にはマスタードが塗られている。早速一口食べると、まず意識するのはフワフワの目玉焼き。Goro'sで目玉焼きがトッピングされているのはこれとRio de Burger、そしてスペシャルバーガーの三種類のみ。フワフワの目玉焼きの下には、プルンとした厚切りベーコン。完全にチーズコーティングされた状態パティは炭火焼によって脂分が落ちて締まった焼き上がり。

さて、味わいのほうは普通に美味しいのだけれど、もう少し突き抜けた味わいが欲しかった。目玉焼きという、どちらかと言うと味わいを吸収する傾向のある具材があるために、特徴的な炭火の味わいが随分と弱く感じてしまう。炭火焼ではなく、鉄板焼きのほうが美味しく食べられる一品かも。具材の種類が多いハンバーガーで、しかも小さめのビーフパティを使っているハンバーガーなので、パティが中心的な存在ではなく、大勢の具材の中の1ピース、と言った扱い。普通なら、支離滅裂になってしまいそうな構成のハンバーガーだけれど、サクっといい音をして噛み切れる野菜類を始め、脇役がしっかりしているから成り立っているハンバーガー。

そういえば、外苑前の方のお店がご無沙汰だなぁ・・・近いうちに行こう。

|

« 松の盆栽 | トップページ | メキシカン風バーガー »

05. 特製ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/44673130

この記事へのトラックバック一覧です: Goro's Diner 宇田川町版アメリカンバーガー:

« 松の盆栽 | トップページ | メキシカン風バーガー »