« 自作+ Chokolade Burger | トップページ | 焼肉ジャンボ 白金店 »

2009年3月23日 (月)

NYCハンバーガーを求めて23 -bar a vins tateru yoshino編-

今日は久しぶりに優雅なランチを。向かったのは汐留にあるパークホテル東京のロビーにあるbar a vins tateru yoshino以前一回来たことがあるけれど、今日試したかったのは野菜抜きのハンバーガー。以前はいろいろ詰め込んであるハンバーガーであるため、バランスが悪かった記憶があるので、シンプルなチーズバーガーにしたらどうなるか試したく、野菜類は全部別にしてもらった。ロビーは吹き抜けになっていて、気持ちいい空間。ソファも柔らかくて、座り心地がいい。

Tateru_yoshino1

そして、運ばれてきたハンバーガー。ここには写っていないけれど、本来ハンバーガー内に挟まっているはずの野菜は別のお皿に乗せられて運ばれてきた。野菜はアボカド、スライスオニオン、トマトにレタス、ピクルス。サラダとフレンチフライ、そしてスープ付き。

Tateruyoshuno2

ハンバーガー近影。しっかりと表面が焼かれた大きいビーフパティに、溶けているチーズ。それに軽く焼かれたベーコンが挟まっている。うん、これはビジュアル的にも期待できそうだ。

早速食べ始めると、クセの少ないビーフパティとチーズ、そしてバンズの相性が抜群。パティの表面がしっかりと焼かれているので、内部には程よい量の肉汁が封印されている。この肉汁とバンズの味わいが相乗効果的に味わいを深めている。かなりオススメの一品。ひとつだけ気になったのは、ベーコンがやや塩気が強いこと。まぁ、これは野菜抜きで食べているからであって、通常の重ねた状態ではちょうど良い塩加減なんだろうけれど。パティの塩加減は焼いているときに調整できるけれど、ベーコンは調整できないだろうからね。

別添えにしてもらった野菜類を食べてみると、アボカドはトロリとしつつ、しっかりと甘い味わいを持っていた。トマトは厚切りで、色合いからイメージした以上の甘さ。オニオンは生だけれど水にさらされたのか、ピリっとした刺激は殆どない。大人しめの野菜類の中で一番目立っていたのはピクルス。酸味が強くて、かなりアクセントになっている。

一年前に食べたときに比べて格段に美味しくなっていた。野菜有りのもバランスよく重ねてあって、上品なハンバーガーでありつつ、ワイルドさも兼ね備えているハンバーガー。共同通信ビル25階とちょっと分かりづらいところにあるけれど、汐留付近で美味しいハンバーガーと言ったら、ココになるかなぁ。まぁ、値はちょっと張りますが、その値段の価値はあるということで。

|

« 自作+ Chokolade Burger | トップページ | 焼肉ジャンボ 白金店 »

09. NYC風ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/44448547

この記事へのトラックバック一覧です: NYCハンバーガーを求めて23 -bar a vins tateru yoshino編-:

« 自作+ Chokolade Burger | トップページ | 焼肉ジャンボ 白金店 »