« 被写体としてのお菓子 | トップページ | NYCハンバーガーを求めて22 -J'z Burger編- »

2009年3月17日 (火)

NYCハンバーガーを求めて21 -Goro's Diner編-

会社を早めに抜け出て向かったのは、Goro's Diner宇田川町店。先日食べた野菜抜きチーズバーガーがかなり良い感じだったので、続けて頼んでみる。この野菜抜きハンバーガー、第一回目は外苑前店の野菜抜きチーズバーガーを頼んだけれど、それは鉄板で焼き上げたハンバーガー。宇田川町店夜の特色は炭火を使ったハンバーガーなので、チーズバーガー(炭火焼)をオーダー。

Goroscheese

少しして運ばれてきたチーズバーガー。二種類のチーズがトッピングされているハンバーガー。

Goroscheese2

仕上げにバーナーで軽くチーズを炙るので、軽い焼き目がチーズの表面に付いている。

Goroscheese3

野菜をはさまず、そのままクラウンを載せたところ。二種類のチーズの色のコントラストが独特の存在感を出している。そのまま食べると、チーズの風味と一緒にカレー粉の風味が口に広がる。前回のクラシックバーガーは塩胡椒での味付けだったので、素材の味わいがダイレクトに伝わったけれど、このチーズバーガーは炭火焼VerでもGoro's Dinerお得意のスパイス系ハンバーガーに仕上がっている。味の緩衝材としての野菜が入っていない分、隠し味のカレー粉が思ったほど隠れていなく、結構ダイレクトに味わえる。肉とチーズのハーモニーを味わいために野菜抜きにしたものの、どうしてもカレー粉が気になってしまった。

このことから、Goro's Dinerのハンバーガーは野菜がハンバーガー内に組み込まれてこそ本領を発揮することが分かりました。そういう意味では、カレー粉が味付けに使われていないクラシックバーガーの野菜抜きが自分の求めていた一品なのかもしれません。次回、再チャレンジです。

Goroscurry1

締めに、カレーをオーダー。温野菜が入っている、かなりスパイシーなカレーです。疲れたときには、カレーのスパイスが一番の特効薬です、自分には。

|

« 被写体としてのお菓子 | トップページ | NYCハンバーガーを求めて22 -J'z Burger編- »

09. NYC風ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/44383510

この記事へのトラックバック一覧です: NYCハンバーガーを求めて21 -Goro's Diner編-:

» Sunny Dinner@北千住 [リッチバーガー]
久しぶりのバーガー日記。北千住に友達が住んでいるので、北千住に行く事に。北千住って商店街が栄えているなぁって思いながら駅からちょっと歩くと、周りとはちがう赤を基調としたかわいいお店を発見... [続きを読む]

受信: 2009年3月18日 (水) 13:25

« 被写体としてのお菓子 | トップページ | NYCハンバーガーを求めて22 -J'z Burger編- »