« 新宿伊勢丹デパ地下 | トップページ | 被写体としてのお菓子 »

2009年3月11日 (水)

NYCハンバーガーを求めて20 -Sunny Diner編-

ついに20回目になったこの野菜抜きチーズバーガーのシリーズ。向かったのは、通常の行動範囲から離れている北千住のSunny Diner。以前一回だけ行って、是非とも野菜抜きで食べたかったお店。

カウンター席に座って、チーズバーガーを頼もうと思ったら、2x2(ツーバイツー、つまりダブルパティ、ダブルチーズ)のハンバーガーがあることに気づく。フレンチフライの量から、このお店のハンバーガーは若干小さかった記憶があったので、ボリュームを出すためにツーバイツーを頼む。その代わりというか、フレンチフライは通常の半分程度に減らしてもらう。カウンター席で、ハンバーガーが焼きあがるのを眺めながら待つ。

Sunnydiner2x21

見事なツーバイツーのハンバーガー。フレンチフライが多くあるように見えるけれど、これでも通常の半分位。表面を軽く焼いたフワフワのバンズに重量感があるビーフパティとチーズのスタック。右奥にはレタス、トマト、生オニオンそしてピクルス。

Sunnydiner2x22

クラウンを載せて、近影。クラウン裏には、軽くマヨネーズが塗ってある、チーズのトロトロの溶け具合が凄く食欲を刺激してくる。

ハンバーガー袋に収めて、食べ始める。フカフカのバンズなので、袋の中での納まりもよく、とても食べやすい。食べて驚くのは、粘着力の強いチーズの存在感。チーズと肉汁溢れるパティが合わさり、とても濃密なチーズバーガー。パティは濃密であるものの、臭みは少ないスッキリとした味わい。第二十回目という区切りのハンバーガーで、野菜抜きチーズバーガーの一つの到達点に見事に合致したハンバーガーに出会えた気分。嬉しい。

シンプルな味わいなので、スパイス系の変化球系ハンバーガーが好みの方には受け入れられないと思うけれど、肉の味わいを楽しむストレート系のハンバーガーが好きな方には是非とも試して欲しい、Sunny Dinerの2x2バーガーです。

|

« 新宿伊勢丹デパ地下 | トップページ | 被写体としてのお菓子 »

09. NYC風ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/44316380

この記事へのトラックバック一覧です: NYCハンバーガーを求めて20 -Sunny Diner編-:

« 新宿伊勢丹デパ地下 | トップページ | 被写体としてのお菓子 »