« パスカル カフェ | トップページ | 新宿伊勢丹デパ地下 »

2009年3月 6日 (金)

Onion & Mushroom Burger + Salsa

今日は駒沢大学駅のAS Classics Dinerへ。カウンター席にちゃっかり座って、オーダーしたのはマスターのオススメ。何が出てくるかワクワクしながらハンバーガーを待つ。

As

出てきたのは、オニオン&マッシュルームバーガーにサルサをトッピングしたハンバーガー。お店の賄いとして試作してみたところ、好評だったという一品。

As2

横から見た図。鉄板の上でグリルされたエメンタールチーズの溶け具合が食欲を誘う。ソース系のハンバーガーなので、どう上手く食べようか迷っていると、マスターから「押しつぶしても大丈夫です」と言われる。試しに押してみると、バンズの火の入れ方が工夫されていて、表面はサックリしているものの、切り口は柔らかく保ってあり、軽く潰すと具材が上手くバンズの中に収まっていく。見事な一体感。

早速食べると、一口でサックリと全ての食材を口に含むことができる。これぞ、ハンバーガーの醍醐味。エメンタールチーズが接着剤的な役割を果たしていて、見た目以上に食べやすくなっている。味わいのほうは、いつも通り力強い炭火焼のビーフパティとピリ辛のサルサの中で、意外にもかなり目立っているのがマッシュルーム。ダシ的な味わいを醸し出しているマッシュルームの風味がアクセントになって、サルサソースの辛さやエメンタールチーズの塩気をより一層感じられる構成になっている。見た目的にも、ピッツァ的な味わいを楽しめるハンバーガー。トマトソースは酸味よりも辛味が強いサルサですが。試験的にタルタルソースの配置が今までのハンバーガーとは違うのも注目。どう変わったかは実際に食べて、確認してください。

常に試行錯誤が続いているAS Classics Dinerのハンバーガー。同じメニューでも時間を置いて注文すると、目の前に運ばれてくるハンバーガーは全く違ったりして。AS Classics Dinerは力強いパティのお店だと思うので、是非ともパティの配置を一番下に持ってくるような形の配置にしてくれたら嬉しいです。

ちなみに、この記事で本ブログ、1000個目の記事です。全体のアクセスも先日で20万を越えました。かなりマニアックで鎖国的なブログですが、今後ともよろしくお願いいたします。

|

« パスカル カフェ | トップページ | 新宿伊勢丹デパ地下 »

05. 特製ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/44265002

この記事へのトラックバック一覧です: Onion & Mushroom Burger + Salsa:

« パスカル カフェ | トップページ | 新宿伊勢丹デパ地下 »