« 自由が丘バーガー | トップページ | La, Boufe »

2009年2月25日 (水)

Goro's Diner 炭火焼クラシックバーガー

今日は久しぶりのGoro's Diner宇田川町店。カウンター席に座り、ハンバーガーメニューを見る。夜は炭火バージョンのハンバーガーが食べられるので、シンプルなクラシックバーガーを炭火で作ってもらう。一人での訪問なので焼き上がりを眺めながらジンジャエールを飲んでいると、いつも気さくな店員さんが話しかけてくれる。実は彼女もハンバーガー巡りをしていて、関西のAunty-Mee Burgerなども制覇していたりする、隠れ(?)ハンバーガーファンです。

20090225_goros

これが、炭火焼クラシックバーガー。炭火焼のハンバーガーはライ麦バンズで出てくるけれど、今日は通常のバンズで作ってもらった。付け合せはフレンチフライとコールスロー。

20090225_goros2

横から見た図。綺麗に積みあがったハンバーガー。軽く焦げ目が付いたベーコンと、フンワリ匂う炭火焼きの風味が食べる前から期待感を増幅させてくれる。一口食べると、シンプルながら締めるところは締めているメリハリのある味付けのハンバーガーの味わいが口の中に広がる。予想外だったのが、エメンタールチーズの味わい。パティを焼きあげる途中で蓋をして蒸し焼きにしているのだけれど、その時に炭火の風味を磁石のように吸収している。鉄板焼き版では味わうことの出来ない圧倒的なバーベキュー感を楽しめる。鉄板焼きバージョンも美味しいけれど、このハンバーガーのポテンシャルが最大限に発揮されるのは炭火で焼いたとき。オススメです。

久しぶりに気分が良くなったので、限定10個という賄いバーガー、「ツナバーガー」も頼んでみる。ビーフパティを使っていないので、ハンバーガーよりはサンドウィッチと言うべきか。そういうことで、自分の中の「1日1ハンバーガー」の約束は(辛うじて)守っているかな。

20090225_goros3

小さめの表面カリカリのバンズに包まれて運ばれてきたツナバーガー。付け合せはフレンチフライとピクルス。

20090225_goros4

横から見た図。パテのように具材が練りこまれたツナフィリング。その下にはレタスとキュウリが薄く敷かれている。見ての通り、ビーフパティはなし。ツナフィリングは纏まってはいるものの、流動性があるので、食べるときに押しつぶしてしまうと横に出てしまう。ギリギリまで押しつぶさず、自分の口に入るところまで潰して食べる。濃厚なツナの味わいと同時に、レバーペーストのようなちょっとクセのある風味が時間差で訪れる。その味わいに反応してか、下のキュウリがメロンのように甘みが増すように感じられて、面白い一品。(そういえば、キュウリにハチミツでメロン、っという話を聞いたことがあったな・・・自分で試したことは無いけれど。)

見た目以上にコッテリしている一品なので、ビールと一緒にツマミ的に食べるのが一番相性が良いかも。普通のハンバーガーに飽きたときにオススメします・・・っていうか、やっぱりこれはハンバーガーではなくサンドウィッチだよね。

|

« 自由が丘バーガー | トップページ | La, Boufe »

02. チーズ系ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/44176888

この記事へのトラックバック一覧です: Goro's Diner 炭火焼クラシックバーガー:

« 自由が丘バーガー | トップページ | La, Boufe »