« 香港到着 | トップページ | ザ・ペニンシュラ »

2009年1月10日 (土)

Shake'em Buns

香港は快晴で温度も東京に比べてだいぶ高いので、コートを羽織る程度で外出。地下鉄に乗って、向かったのはShake'em Buns。名前がアレだけれど、迷わず入ってみる。

Shake1

お店の奥のレジで注文をする形式。公式HPにメニューが載っているけれど、これがまた口にするのが恥ずかしすぎるネーミングばかり。ネーミングは置いておいて、どれも気になるハンバーガーなので、ちょっと邪道だけれどミニバーガー3個のセットを頼んでみる。3種類のコンビネーションがあるけれど、ミニベーコンチーズバーガー+パイナップル、チキンバーガー、フィラデルフィアチーズケーキの組み合わせのを頼む。ネーミングについては、公式HPのメニューを見てください。

Shake2

バスケットに入った三種類のミニバーガー。大きさは、直径5センチ位で、一口は無理だけれど、二・三口で食べられるサイズ。

Shake3

これがベーコンチーズバーガー+パイナップル。パイナップルの甘さが生きていて、とても調和している味わい。パティはハンバーグのように柔らかいタイプ。恐らく、タマネギがツナギとして使われているかな。

Shake4

これがチキンバーガー。香港っぽい中華風味付けがされたチキン。

Shake5

薄切りの牛肉と、炒めタマネギをチェダーチーズで纏め上げたフィラデルフィアチーズステーキ。厳密にはハンバーガーじゃないけれど、野菜無しでストレートな肉とタマネギのハーモニーが良かったです。

予想以上に美味しかったのと、昨日の機内食から何も食べていなかったので、もう一種類頼む。マッシュルームを使ったハンバーガー三種類のコンボを頼む。

Shake6

これがこのお店自慢のマッシュルームを使ったハンバーガー達。

Shake7

ベーシックにマッシュルームチーズバーガー。小さいハンバーガーでも、ちゃんとレタスとトマトが挟まっているのが嬉しい。ちゃんとマッシュルームの風味と歯ごたえを楽しめます。

Shake8

テリヤキソースを使ったマッシュルーム系ハンバーガー。テリヤキソースと言っても、それほど強い甘みを持ったソースではなく、割とアッサリとした味わい、

Shake9

クリームチーズを使ったハンバーガー。このハンバーガーだけ、使われているソースが違うせいで他のハンバーガーとは違った味わいに。それでも、ピザのトッピングであるマッシュルームとハンバーガー、相性はいいのに何でトッピングとしてはマイナーキャラなんだろう?

香港には全部で三店舗あるみたいなので、香港に行ってみた際には、試してみる価値はあると思います。ただ、下ネタが苦手な方はオーダー時に抵抗を覚えるかもしれません。でも、その前に香港に行ってまでハンバーガーを食べる人なんていないでしょうけれど。

|

« 香港到着 | トップページ | ザ・ペニンシュラ »

05. 特製ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/43702163

この記事へのトラックバック一覧です: Shake'em Buns:

« 香港到着 | トップページ | ザ・ペニンシュラ »