« Fellows Avocado Burger | トップページ | 香港到着 »

2009年1月 9日 (金)

NYCハンバーガーを求めて18 -West Park Cafe(丸の内店)編-

今日は珍しく半休を使ったので、ランチは超久しぶりに東京駅付近の丸ビル内にあるWest Park Cafeへ。12時頃にお店に到着したら既に満席で、店の外には列ができあがっていた。他のお店に行く気も起きないので、そのまま列に加わって席が空くのを待つ。待っている間にオーダーできるみたいなので、ランチセットであるWPCバーガーにチェダーチーズトッピングしたものを、野菜抜きで(1,400円)。ランチセットは前菜(サラダかスープ)とドリンク付(リフィル可)。時間に追われていないので、ゆっくりと料理が運ばれてくるのを待つ。

Westparkcafe1

これが、丸の内店のWPCバーガー。代々木上原店のハンバーガーのイメージとは全然違う。後ろに見えているのが、横に出してもらった野菜類。トマトとレタスで、珍しくオニオンは無し。

Westparkcafe2

ハンバーガーの近影。焼き加減を敢えてミディアムウェルにしたので、かなり焼きこんだパティ。表面は軽く炭化している。よく言えば、BBQキャンプ風、悪く言えば焼きすぎ。ミディアムウェルでこの焼き加減だとしたら、ウェルダンは本当にパサパサになってしまい、美味しくなさそう・・・。バンズとパティ以外はチーズとマヨネーズで味付けがされている。食べてみると、パティの表面がカリカリに焼かれているけれど、やっぱり焼きすぎ。やっぱり無難にミディアムレア、って頼んでおけばよかった。

さっきも触れたとおり、代々木上原店のハンバーガーと比べると、バンズが全くの別物。代々木上原店のバンズはかなりハードな口当たりでずっしりと重いのに比べて、丸の内店のは柔らかくて、軽い。柔らかいバンズ=一般ウケしやすい、硬いバンズ=マニアック、という漠然とした法則があるので、こちらのお店は一般ウケしやすいバンズを敢えて使っているのかも。食べやすいけれど、特別な特徴が無いのがちょっと残念。

代々木上原の本店で食べるハンバーガーはとても美味しいだけに、結構残念な結果だった。ランチタイムの超混雑時だったということもあるかもしれないけれど、もう少し丁寧に作って欲しかった。

|

« Fellows Avocado Burger | トップページ | 香港到着 »

09. NYC風ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/43687264

この記事へのトラックバック一覧です: NYCハンバーガーを求めて18 -West Park Cafe(丸の内店)編-:

« Fellows Avocado Burger | トップページ | 香港到着 »