« Oyster & Wine Bar | トップページ | The Peak »

2009年1月11日 (日)

Fatburger

この名前にグッと来る方は、LAのハンバーガー好きの証拠。In-n-outと肩を並べるフレッシュ志向のハンバーガーチェーン。とは言いつつも、実は自分自身はこれまでFatburgerのハンバーガーを食べたことが無かったり。昔、Fatburgerの店舗近くで強盗か何かがあったため、親に連れて行ってもらえなかったというのがその理由。それが香港とマカオに店舗があると聞いて、ワンチャイ店に行ってみた。

Fatburger1

夢にまで見たFatburgerがココ、香港に・・・。早速入ってみると、店内は店員さんの元気な掛け声で賑やかな雰囲気に。レジで中国語で何か話しかけられたので、普通に英語で注文すると店員さんも英語モードに切り替わる。とりあえず、Fatburgerにベーコンとチーズをトッピング。ポテトは二種類(細いのと太いの)ある模様。店員さんのお勧めを聞くと太いのがいいらしいので、それをオーダー。ドリンク付きのセットで75香港ドル。レジ前にチップ用の箱が置いてあるので、5香港ドルを入れると「Fat Tip!」の掛け声が。これは、本場と同じ・・・らしい。ドリンクはアメリカのお店で出てくるような大きな容器に入って出てくる。番号札を貰って、席で受け取る形式。丁度カウンターが空いていたので、調理現場が見える席に座ってみる。

鉄板の上で次々と焼かれていくビーフパティ。In-n-outと同じく、冷凍のパティは使用しないところにコダワリが。驚いたのは、エッグトッピング用に、生卵からちゃんと焼き上げているところ。他のチェーン店では、そこまでやらないでしょう・・・。すこしして、運ばれてきたFatburger+ベーコン+チーズ。

Fatburger2

ハンバーガーも充分に大きいのだけれど、それ以上に存在感があるフレンチフライ。

Fatburger3

ここのハンバーガーは積み方が面白く、一番下にベーコン、そしてチーズ、パティと続く。レタスは細かく切ったものを使用し、トマトも入っている。味付けはマスタードにレリッシュ、刻みタマネギにピクルス。クラウンの裏には薄くマヨネーズが塗られている。ちなみに、ビーフパティの大きさは1/3パウンド。

早速食べてみると、バンズはそのまま抵抗感無く歯が沈んでいくタイプのもの。それほど存在感は無いけれど、切り目はちゃんとトーストしてある。肉類が下、野菜類が上の典型的な肉を強調するハンバーガーだけに、肉の味わいが直接伝わってくる。ベーコンは薄切りだけれども一番下に配置されているので、普通よりもベーコンの持つ塩気を感じることができる。レタスが刻まれているので、最後までバランスが崩れず、綺麗に食べることができた。三角に折りたたんである包み紙には、肉汁が少し溜まっていた。

とても豪快なハンバーガー。きっとファンが多いと思われるだけに、日本に上陸はしないのかな・・・?

|

« Oyster & Wine Bar | トップページ | The Peak »

43. 旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/43719790

この記事へのトラックバック一覧です: Fatburger:

« Oyster & Wine Bar | トップページ | The Peak »