« Cocochi フォアグラバーガー | トップページ | 最近のケーキ »

2008年12月21日 (日)

GONO Burger & Grill

今日は、ちょっと用事があって吉祥寺へ。年末の用事がなければ普段は全く足を踏み入れないエリア、吉祥寺。そういえば、Yahoo!で取り上げられたハンバーガーがあったような・・・と記憶を辿ってみると、今年の10月にオープンしたばかりのお店があることを知る。吉祥寺の中央改札から5分程度歩くと、目的地であるGONO Burger & Grillを発見。地下一階のお店のようで、さっそく入ってみる。

お店は予想以上に大きくて、落ち着いた雰囲気の空間。メニューを一読して、炭火焼バーガーにチーズとベーコンをトッピング、あとパティを120グラムに増量してもらって全部で1,600円。メニューにドリンクが記載されていなかったので、ドリンクメニューを貰おうとしたらドリンクとサラダバーがセットになっているとのこと。強気の値段設定だと思っていたら、そういうカラクリな訳ね。サラダバーを取るときに厨房を見ることができるけれど、パティを整形していたような。パティの大きさを自由自在に変えることができるのも、このお店の特徴。パティの枚数を追加するのはよくあるけれど、パティの大きさそのものを変えられるのはココ以外では竹芝のC4U位かな。

Gono1

これが運ばれてきたベーコンチーズバーガー(120グラム)。付け合せはフレンチフライで、中に入れるべき野菜が奥に積まれている。

Gono2

近影。ベーコンは薄めに長くスライスされたものが使われている。そして、一番目を引くのはコッテリとした質感のチェダーチーズ。この溶け具合色合いはチェダーというよりアメリカンチーズのような気がするけれど、まぁいいや。

せっかく野菜が分離されているので、まずは野菜抜きで食べてみる。それぞれの味わいがしっかりしていて、予想以上に濃い味わい。炭火焼きの味わいは少し弱めで、グイグイ迫ってくるような迫力はない。だた、何故か惹かれる味わい、バランス。もう一度、野菜抜きチーズバーガーとして完食してみたくなった一品。

途中から野菜を乗せて食べてみる。ちょっとレタスが大きめであるため、ちょっとハンバーガーに乗せるのに苦労する。この苦労を考えると、最初からハンバーガーに積まれていたほうが良いかも。野菜込みで食べると、野菜類の水分で全体の味わいが若干薄くなってしまうように感じるけれど、それでも個々の素材感を感じられ、とても美味しいハンバーガー。辛味の強い生オニオンが良い刺激になって、ベーコンやチーズという他のトッピングの味わいをより深いものにしている。とびきり「○○が美味しい」と上手く説明できないけれど、予想以上に美味しいハンバーガー。きっと素朴さと素材の旨みのバランスの勝利だと思う。

吉祥寺には殆ど行かない自分だけれど、このお店のためだけに吉祥寺に行ってもいいかな、って感じたお店です。

-----店舗情報-----
最寄駅: 吉祥寺(JR線) 徒歩5分
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-10-12
    グリーンハウス伊勢平 B1
営業時間: 11:30~23:00(L.O. 22:30)
定休日: 不定休
HP: http://www.gono.jp/

|

« Cocochi フォアグラバーガー | トップページ | 最近のケーキ »

02. チーズ系ハンバーガー」カテゴリの記事

03. ベーコン系ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/43487831

この記事へのトラックバック一覧です: GONO Burger & Grill:

« Cocochi フォアグラバーガー | トップページ | 最近のケーキ »