« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月29日 (土)

六義園 紅葉ライトアップ

Rikugien1

Rikugien2

Rikugien3

Rikugien5

Rikugien6


| | コメント (0) | トラックバック (0)

East Village

今日は病み上がり、というか風邪が治っていないけれどツライので整体で体を楽にした後、池袋のEast Villageへ。池袋は結構久しぶりなので、どこに行けば良いのか良く分からなくて少し迷ってしまった。ケータイのナビを使って、なんとか到着。とても小さなお店で、まずは一階のカウンターでオーダーする。オススメを聞いた後に頼んだのはモッツアレラバーガー(バジルマヨネーズ)。階段を昇ると、7席ほどの小さなイートインスペースが。少しすると、ハンバーガーが運ばれてくる。

Eastvillage

思ったより、見た目が穏やかなハンバーガー。

Eastvillage2

角度を変えてみると、白いモッツアレラチーズが見える。サイドには三種類のポテトフライが。早速紙袋に入れて食べようとハンバーガーを持ち上げると、バンズのフカフカ具合に驚く。まずは一口。フカフカだけれど、軽くは無いバンズ。パティはミディアムな焼き具合で。しっかりした焼き具合が好みの場合は、ウェルダンでリクエストすれば応えてくれる模様。モッツアレラチーズはそれほど存在感が強くなく、バジルのソースがハンバーガーの味わいを支配している。今まで食べたことの無い、イタリアンな雰囲気のハンバーガー。単純な考えだけれど、バジルを利かせているのなら、トマト系の味わいを強めたら更にバジルとの相乗効果が出たかも。次は、普通のハンバーガーを試してみたいです、

-----店舗情報-----
最寄駅: 池袋(JR他)
住所: 東京都豊島区東池袋1-13-1 栄町通り
営業時間: 11:30 ~ 22:00
定休日: 火曜日
HP: なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

Goro's Diner (宇田川町店)

さて、Goro's Diner宇田川町店のオープニングレセプション、出てきたハンバーガーはこんな感じです。とてもシンプル。

Goros4

今日はスタンディングのため、こんな感じの撮影に。今日はシンプルにプレーンのハンバーガー。炭で焼かれたバンスとパティ、それに生オニオン、トマト、レタス、バターが主な材料。とにかく、その匂いが良い。先に召し上がっている方々に近寄ると、とても香ばしいハンバーガー特有の匂いがしていて、匂いだけで期待してしまうハンバーガー。早速食べてみると・・・炭火焼きのパティの味わいが前面に出ているハンバーガー。焼き加減は、神宮前店ではシッカリと焼いているのに対して、それほど強く火は入れていなく、ミディアムな焼き加減。その分、フンワリとしたパティの食感を楽しむことができる。

神宮前店と一番違うのはバンズかな。神宮前店のバンズは最初からその甘味をふんだんに発揮しているのに対し、宇田川店の新バンズは華やかな甘味は無いものの、ジワジワとその存在感を示してくる。軽く炭火の上で焼き目を付けているため、その甘さに香ばしさが加わって味に奥行きが出ている。バンズだけでも充分美味しいんだけれど、やっぱり主役はビーフパティに落ち着いている、そんな感じのパワーバランス。食感は目が細かいため、神宮前店のに比べるとちょっと重い感じ。緩めに焼いたパティの肉汁もシッカリ受け止めている、見た目以上にシッカリとしているバンズ。

神宮前店では、グリルされて出てくるオニオンだけれど、ここでは生のまま提供される。ピリっとした辛味を効かせてあって、これがハンバーガー全体のアクセントになっている。バンズ、パティ、トマトといった「甘味」を醸し出す素材の中でこのピリっとしたオニオンの辛味が全体の味わいを引き締めている。分量的にも、バランス感覚は抜群。

自分が食べた後に、チーズバーガーが作られていたのだけれど、それは今度別の機会に・・・。野菜抜きにして、食べてみたいです。本当はもっとレセプションに長居したかったのだけれど、一昨日から風邪を引いてしまったため、立っているのもツライ状態だったので、少しして帰宅。飲食店の開店パーティに風邪引きが居たら良くないでしょう・・・と。最後まで居たら、何かサプライズがあったのかな・・・かなり残念でした。

最初に神宮前店を訪れたのがほぼ2年前(記事内容も、写真のクォリティも今見るとかなりアレですが・・・)。まさか2年間で急成長し、渋谷の繁華街に二号店が出来るとは思いませんでした。神宮前店を最初に訪れたとき、お店の放つオーラにビビって入るのを躊躇したのは、今となっては良い思い出です。もし、あのドアを開けていなければ、このブログがここまでハンバーガーについて追求したものではなく、何か別のトピックについてのブログになっていたかもしれません。そういう意味では、日本のハンバーガーの素晴らしさを気づかせてくれた、自分にとって特別な思い入れのあるお店です。Goro's Dinerと出会えてよかった。

実は、まだ宇田川店のメニューを見せてもらっていないので、昼のメニューと夜のメニューの違い、及び提供される品々がどうなるのかサッパリ見当がつきません。まぁ、それは徐々に明かされるということで、今後の楽しみとして取っておきます。

-----店舗情報-----
最寄駅: 渋谷駅(JR他) 徒歩15分
住所: 渋谷区宇田川町11-11柳光ビル1階
営業時間: ランチ 11:30 ~ 15:30 (L.O. 15:00)
               ディナー 17:30 ~ 23:00 (L.O. 22:30)
定休日: 月曜日
HP:http://gorosdiner.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

祝、Goro's Diner宇田川店オープン

明日、11月28日は外苑前の名店、Goro's Dinerがついに渋谷に進出。二号店(宇田川店)は渋谷東急ハンズのすぐ近く、サイゼリアのある坂の上。本日はオープニングレセプションが開催されていたので、ちょこっと顔を出してみる。

Goros_2

これがお店の外観。冬の間は寒いのでビニールシートが被せてあるけれど、夏場はそれが取られるはずなので、もっとカッコイイ外観になると思う。お店のロゴは新しく、ちょっとアンティーク感のあるロゴ。今日は神宮前店はお休みで、神宮前店のメンバーもこの新店に集結していた。少しすると、ついにハンバーガーの調理が始まる・・・。

Goros2

チャーコールグリルと対峙するマスター。パティにスパイスを掛けていく手際は天下一品!

Goros3

これですよ、これ。パティをひっくり返すときに上がる炎!炎が上がると同時に、店内は肉を焼くときに出てくるとてもいい匂いが充満する。さて、出来上がったハンバーガーは如何に?

-----店舗情報-----
最寄駅: 渋谷駅(JR他) 徒歩15分
住所: 渋谷区宇田川町11-11柳光ビル1階
営業時間: ランチ 11:30 ~ 15:30 (L.O. 15:00)
               ディナー 17:30 ~ 23:00 (L.O. 22:30)
定休日: 月曜日
HP:http://gorosdiner.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

高尾山の紅葉

今日はずっと行きたかった高尾山へ。目的は、今が見ごろだという噂の紅葉。京王線で高尾山口に向かうけれど、高尾の駅で大量に乗客が乗ってきたので、今日は大混雑だということを覚悟する。まぁ、スキー場も三連休の中日が一番混むから、仕方ないか。高尾山口に着くと、人だらけ。ゆっくりとロープウェーの方に進んでいくけれど、ロープウェーは1時間以上の待ち時間。待っているのも馬鹿らしいので、登ることにする。

Takaosan01

順調に上っていくけれど、この滝の先から一気に傾斜が急になる。徐々に足が重くなる・・・けれど、途中で休憩を取ってしまうと更に疲れが溜まってしまうので、一気に登りきる。

Takaosan02

ロープウェー終点近くの展望台から。思ったほど葉っぱの色は変わっていないかな。左下に見える道路は人で溢れかえっている。

Takaosan03

Takaosan04

マクロで狙ってみる。

Takaosan051

いろはもみじの木を下から見上げて撮影。

Takaosan061

ここから、ちょっと先まで更に登ってみる。

Takaosan07

途中にある、サル園にも行ってみる。

Takaosan081

Takaosan09

子供を抱えているサル。

Takaosan101

綱渡り中のサル。

Takaosan11

ロープを揺すって威厳を示しているボス。

下りも、一時間以上の待ちだったので、今度は舗装された道を下っていくことに。やっぱり道が舗装されているので歩きやすい。本当はリフトに乗りたかったけれど、待ち時間が95分と言われてしまったら・・・ねぇ。明日は筋肉痛っぽいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NYCハンバーガーを求めて15 -Reg-On Diner編-

登山の疲れを癒すために向かったのは、渋谷のReg-On Diner。今まで行きたいと思っていたけれど、タイミングが合わずいけなかったお店。渋谷駅から徒歩でおよそ10分くらい。店員さんにオススメを聞いてみると、ABCバーガー(アボカド、ベーコン、チーズ)がオススメとのこと。オススメを聞いた後で申し訳ないのだけれど、やっぱりここはチーズバーガー野菜抜きを頼んでしまう。900円。お供はブルックリンラガー。

Regon

こちらが運ばれてきたハンバーガー。ゴマが多い、綺麗な色をしたバンズと、オニオンが間引きされている野菜類、そしてフレンチフライにピクルス。早速バーガー袋に入れて食べ始める。(バーガー袋にはちょっとした細工がしてあります。運がいいと分かるかも!?)

ビーフパテイは細挽きで、中心部までしっかりと焼かれている。それでいて全体的なジューシーさは失われておらず、肉汁がこぼれる事はないけれど、しっかりシットリしているビーフパティ。味付けはチーズと塩コショウ、そしてマヨネーズ。マヨネーズが入ってしまうと、その味わいに支配されることが多いけれど、このお店のハンバーガーのマヨネーズは適量で、パティとチーズの味わいを邪魔しないくらいの分量。途中、BBQソースをかけてみた。もっと甘いBBQソースを想像していたけれど、ちょっとビターな感じのBBQソース。スモーキーさの香りをプラスする役割なのかな。この食べ方だと、素材の味わいを楽しめるのが嬉しい。最近のアツいポイントは、バンズ中央の胡麻が密集している部位を食べるときの胡麻の香ばしい風味が口中に広がるところ。胡麻の風味とパティが重なる瞬間が好きだなぁ。

野菜類は、オニオンはピリっと強めの辛味。トマトはピリっとしたオニオンの緩衝材的存在。レタスは折りたたまれているので、見た目以上に量が多い。使っているポテトが良いのか分からないけれど、フレンチフライが美味しかった。

本当は二つ食べたかったけれど、一つ食べて満腹になってしまったので一つで断念。次に伺うときはオススメのABCバーガーを試してみたいです。

-----店舗情報-----
最寄駅: 渋谷 (JR他) 徒歩10分
住所: 東京都渋谷区東1-8-1 K HOUSE 1F
営業時間: 11:00 ~ 22:00 (21:30LO)
定休日: 火曜日
HP: なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

NYCハンバーガーを求めて14 -The Great Burger編-

定時過ぎに、いきなり同僚から「ハンバーガー食べに行きましょうよ」と誘われる。ハンバーガーのお誘いを断るなんてできないので、微妙に仕事が残っていたけれど、30分後には事務所を出ていた。さて、どこに連れて行くか迷う。二日連続で同じ店に行くのは芸がなさ過ぎるし、かといって自分が行ったことのないお店を「オススメ」という形で紹介するのもアレだし。といろいろ考えた結果、明治神宮前のGreat Burgerに決定。ここなら、ハンバーガーを食べた後、お酒もゆっくり飲めるし、もし満席でも近くの*easeがあるから、といった理由。

お店には無事に着いて、ハンバーガーをオーダー。同僚はチリバーガーとゴルゴンゾーラバーガーを頼む。自分は、ここでも野菜抜きチーズバーガーを。野菜抜きハンバーガーの意義を説明するも、あまり理解されず。まぁ、そんなもんだ。

Greatburgercheese1

これが運ばれてきた野菜抜きチーズバーガー。

Greatburgercheese2

横からの図。バンズの色合いがとても美味しそう。ちなみに、自家製バンズは売り切れていた。

早速食べると、やや強めのチーズの味わい。マヨネーズも抜いているので、純粋にバンズとビーフパティ、チースそして塩コショウのみの味わい。野菜類が無いと、チーズと塩コショウを抑制する具材がないので、ちょっと強めに感じる。それでも、ふんわり甘いバンズと芯のある味付けがされているパティでハンバーガーとしての存在感は抜群。

Greatburgercheese3

別添えにしてもらった野菜類。トマトは大きな一枚の輪切り。その下には、細かく形を整えて重ねてあるレタスが沢山。一番の驚きはレリッシュ。ピクルスのサワーな味わいにちょっと甘みを付けていて、単体で食べてもそのままお酒のツマミになりそうで非常に美味しい。ホットドッグにこのレリッシュを目一杯掛けて食べてみたくなった。

帰りは、散歩がてら渋谷方面へ。

-----店舗情報-----
最寄駅: 明治神宮前(東京メトロ千代田線・副都心線) 徒歩5分
住所: 東京都渋谷区神宮前6-12-7 J-Cube A  1F
営業時間: 11:30 ~ 23:00 (L.O.22:30)
定休日: なし
HP: http://www.the-great-burger.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

Goro's Diner (外苑前)

さて、二号店ラッシュが続いているハンバーガー業界。今日は近々大きな動きがある予感の外苑前にあるGoro's Dinerへ。水曜日は定時退社日なので、早めの帰宅ってことで。

外苑前のお店は新体制に移行していて、しまちゃん店長(?)、すみれちゃん、男性の三人体制。今日は、ちょっと意地悪なオーダーとして、「キラーバーガーのお任せ」を頼む。果たして、どういうハンバーガーが出てくるか楽しみに待つ。

Kil

以前と変わらない風貌のハンバーガーが登場。今日のトッピングは、ピクルス、アボカド、チーズにグリルドオニオン。ピクルスは一番上ではなく、グリルドオニオンの下、つまり一番下に位置しているのが特徴。

Kil2

久しぶりのような気がする、真横からのアップ。早速、食べようと口に運ぶ。フワっとした峰屋のバンズとバターが混ざった甘い匂いにやられそうになる。ハンバーガー自体も、今までどおりの濃厚なトマトソースに混じって各種トッピングが味わいに深みを追加ている、期待した通りのハンバーガー。どちらかというと、ソース的な位置づけになりやすいアボカドが上手くトマトソースと調和して、アボカドの持つ独特の甘さをトマトソースにプラスしていた。サクっと完食。

見栄え、味わいともに、しまちゃん店長(?)の几帳面さと厳しい練習の成果が出ていて今までと比べて味わいは落ちていないと思う。若干、昔に比べて出てくるまでの時間が長くなっているような気もするけれど、それは作業に慣れてきたらどんどんスピードアップするし、見た目もどんどん良くなってくると思います。会社からの帰宅ルートを大幅に変更することなく行くことの出来る外苑前、これからもお世話になりそうです。

-----店舗情報-----
最寄駅: 外苑前 (東京メトロ銀座線) 徒歩5分
住所: 東京都渋谷区神宮前3-41-2 岡本ビル 1F
営業時間: 月~土 11:30 ~ 22:00 (L.O. 21:30)
               日・祝 12:00 ~ 18:00(L.O. 17:00)
定休日: 月曜日
HP: http://gorosdiner.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

NYCハンバーガーを求めて13 -1010 Noel Dr. 編-

今日は、用賀にある1010 Noel Dr.という名のハンバーガーショップへ。実は、今回が三回目の訪問。過去二回は、残念ながら閉まっていたので、ハンバーガーにはありつけなかった。店内は、カウンター席がメインな静かで落ち着いた雰囲気。個人経営の喫茶店みたい。ご夫婦でお店を営んでいる模様。オーダーしたのは、チーズバーガー。このお店のハンバーガーは最初から野菜類が別積みになっている。カウンター席なので、ハンバーガーを作るところを眺めながら待つ。

1010

これが、チーズバーガー。グリルでしっかりと焼いたパティの上には、トロリと溶けているチーズ。野菜類はピクルス、トマト、オニオン、レタス、そしてクレソン。レタスの上には、自家製のタルタルソースが隠れている。

早速野菜を重ねずに食べ始める。バンズは目の細かい、重めで、パティの肉汁をしっかりと受け止めている。パティは味付けも控えめな、とてもクリアな味わい。こだわって、近くのお肉屋さんから特注の国産牛パティとのこと。余計な脂分を落とした、とてもタイトな焼き上がり。焼き上がりはミディアムウェル状態だけれど、内部に残った肉汁がキラキラと光るパティ。パティの味わいを邪魔しないようにと、チーズはとてもアッサリしたものを使用。

実質三回目の訪問なので、もう一個食べることに。オススメを聞いてみると、やはり店名を冠した1010バーガーがオススメとのことなので、ソレを頼む。特製味噌と茄子のハンバーガーらしい。茄子はオリーブオイルを使って鉄板の上で焼き上げる。焼きあがった後、特製の味噌を塗って、完成。

10102

これが1010(テンテン)バーガー。

10103

茄子は、丸々一個を使用。その上に味噌が塗ってあるため、味噌の香りを楽しめる。今度は野菜類を乗せて食べ始める。・・・けれど、ハンバーガーの形を崩してしまい、茄子が落ちてしまった。個人的には、上に乗せてある三切れ目がバランスを崩していると思うので、三切れ目だけは別にフォークとナイフで食べて、残りの二切れをハンバーガーとして楽しむのがベストかと。どうやら、本当は違う種類の茄子を使いたいとご主人が話していたので、今後は別の形に進化するかも。味わいのほうは、主役が完全に茄子+味噌に持っていかれてしまっているので、クリアな味わいのパティは脇役になってしまっている。個人的には、最初のチーズバーガーの方がハンバーガーらしくて好きだな。

食べ終わったあと、色々とお話を伺えた。このお店が目指しているのは、年齢の高めの方々でも安心して食べられるハンバーガー。そのため、大きさもそれほど大きくなく、パティも安心して食べられるようによく焼いている。その言葉通り、自分が帰り際に入ってきたお客さんは近くに住んでいると思われるご婦人。確かに、他のハンバーガーショップとはちょっと客層が違う。

これで、また田園都市線のハンバーガー激戦区(渋谷、池尻大橋、三軒茶屋、駒沢大学)にまた一店が参入。ただ、このお店は今までのハンバーガーショップのコンセプトからはちょっと違うので、今度どう進化していくか楽しみです。若年層向けじゃないハンバーガー、すごく興味があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

FELLOWS 三周年

今日、11月14日はFELLOWSの三周年記念日。仕事も久しぶりに早めに切り上げて、新橋から一気に駒沢大学駅まで向かう。ちなみに、3周年記念だと知ったのは、何気なくお店のブログを見たから。マスターの指の治り具合も気になっていたり。

お店に着くと、カウンター席が空いていたのでそこに座る。何を頼もうか迷ったけれど、ここはお祝いということでダブルチーズバーガーを頼む(1,900円)。3周年サービスのビールを飲みながら、ハンバーガーが運ばれてくるのを待つ。

Fellowsdouble1

運ばれてきたハンバーガーの大きさに驚く。ダブルチーズバーガーという名前だけれど、立派な2×2(ツーバイツー)の構成。とにかく大きい!ちなみに、焼き加減はレアで。串で形を整えてあって、先にはピクルスが刺さっている。

Fellowsdouble2

ハンバーガーのアップ。パティの大きさにも驚くけれど、実は野菜も大量に入っているハンバーガー。特に、トマトは二層に分かれて入っているので、トマトが好きな人には堪らないハンバーガーだと思う。上からピクルス、トマト、オニオン、チーズ、パティ、チーズ、パティ、トマト、レタスと挟まっている。まさに、戦うオトコの為のハンバーガー。

レアで仕上げたパティはいつも通り炭火で焼かれたとても香ばしいパティ。どうしても上下をキッチリ押さえつけてしまうと、パティの形が崩れてしまう。この混ざりっぷりは、とても食べにくく、評価が分かれるところだろうけれど、レア肉の持つ食感が好きな人には自信を持ってオススメできり一品。チーズの効果もあって、とても一体感のあるハンバーガーだった。気持ち、ミディアム寄りの焼き加減だと、パティの表面がカリっと仕上がって、さらに美味しさが増すかも。そういう意味では、FELLOWSのハンバーガーをレアで頼むときは、ベーコンをトッピングするとバランスが良くなり、味わいが広がるかも。試してみなければ・・・。

三周年、おめでとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

日本一

今日は、どっちにしろ胴上げが見られるので、また東京ドームへ。お財布と相談して、今日は三塁側の席をゲット。

Tokyodome1

昨日の席ほど近くないけれど、充分グラウンドが良く見える席。試合が始まる前に、予め買っておいたFireHouseのベーコンチーズバーガーを食べる。

Tokyodome2

Tokyodome3

買ってから時間が経っているので、冷めてはいるけれど、その分全体の具材が馴染んでいるような味わい。

試合の方は、先制・追加点を挙げるも、西口が降板後はノーヒットに抑えられて、結局は逆転負け。片岡のような、デッドボールでも出塁する、っていう意地が出れば結果は違っていたかも。てか、某一塁手のへっぴり腰の三振は観てて気力が抜ける。日本一になってければ、小笠原を一塁に持っていけたのに・・・来年も居座るのかなぁ。居ないほうがいい。

Tokyodome4

喜ぶ西武ライオンズ。胴上げは、ポールが被ってしまったので、載せるに堪える写真ではないので、あしからず・・・。

Tokyodome5

優秀選手、敢闘選手の表彰。

アジアシリーズでは、是非とも文句なしの優勝を達成して欲しいです。てか、出場4チーム中、3チームが「ライオンズ」って凄い偶然だ。果たして、WBCの監督は原監督のままなのか、ということも気になります。やっぱり、経験云々じゃなくて、日本一になった監督がやるべきだと思うけれど。

今シーズンは、神宮、NYヤンキース戦、CSと日本シリーズの五試合を観にいったけれど、やっぱり生観戦はテレビと全然違う。今まではシーズンに一回くらいしか観にいってなかったけれど、来シーズンはもっと試合を観にいきたくなった。(地上波でも放送が少なくなったし)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

NYCハンバーガーを求めて12 -I-Kousya編-

今日は、また胴上げが見られるかもしれないので、水道橋へ。先々週は品切れで早めに閉店していたI-Kousyaだけれど、今日は無事に開いていた。オーダーしたのはラージサイズのチーズバーガー。I-Kousyaさんは、最初から野菜類が別になっている。

Ikousyacheese

運ばれてきたチーズバーガー。パティはより厚みが増している150グラム。早速一口・・・美味しい。チーズとパティの間にはかなりの量の胡椒で味付けがされているけれど、これがクドくなくてパティの味わいにパンチを加えている。かぶりつく時には炎で焼き上げたパティの証であるスモーキーな匂いが鼻を刺激する。パティの厚みが加わっているので、パティの中身はミディアムレア。ポタポタと肉汁が垂れることはないけれど、しっとりした旨みの凝縮されたパティ。

Ikousyacheese2

とても綺麗にまとまった、優等生っぽい風貌のハンバーガー。付け合せの自家製ポテトチップスも改良されたのか、以前と比べると、確かな噛み応えは残しつつも、それほど硬くなくなった。野菜類は、フレッシュなトマトに、マヨネーズ系のソースと和えたオニオン、そしてレタス。確か、昔はオニオンはフレッシュオニオンをスライスしたものだったような気がする。絶えず、味の試行錯誤さされていることが伺える。

完成度の高い、とても美味しいチーズバーガーでした。この企画の趣旨に合った、シンプルだけれど美味しい、NYCで食べられそうなチーズバーガー。

チーズバーガーで満腹になったら、その足で東京ドームへ。

Tokyodome

綺麗にライトアップされた東京ドーム。日本シリーズの第六戦です。

Tokyodome2

今日の席は特別にいい席で、前から5列。至近距離でウォーミングアップをする高橋を見ることができた。

Tokyodome3

ネクストバッターの李が被ってしまう。試合の方は、グダグダの展開で、結局4-1で負け。巨人戦観戦時の不敗神話が途切れてしまいました。恐らく、10試合くらい負け無しだったと思うけれど・・・。試合に負けて帰るのがこんなに悔しいとは・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

NYCハンバーガーを求めて11 -The Oak Door編-

今日はかなり珍しく社外セミナーに参加した後そのまま直帰。会場が六本木だったので、その足で六本木ヒルズのGrand Hyatt内のThe Oak Doorに再び訪れる。目的は、前回食べられなかったハンバーガー。

お店の人に聞いてみると、夜のメニューには載っていないものの、オーダーすることは出来るみたいなので、The Oak Door Burgerを頼む(2,300円)。元がベーコンチーズバーガーなので、BBQソースと野菜類は別乗せにしてもらう。お供のドリンクはSamuel Adamsで。

Oakdoor1

まだ6時前なのに、ビールが飲めるこの開放感・・・。

Oakdoor2

少しすると、ハンバーガー登場。バンズ裏には綺麗な格子状の焼き目が付いている。ハンバーガーの方は大きめのビーフパティにチェダーチーズがトッピングされている。ベーコンがチーズの下に閉じ込められ、隠れている。大量のフレンチフライと、衣がサクサクのオニオンリングと共に。後ろには、別添えにしてもらったBBQソースと野菜類。マスタードの用意があるみたいなので、それも頂く。

Oakdoor3

クラウンを乗せてみたところ。食べ始めてみると、とてもドッシリとした重いバンズであることが分かる。ビーフパティは、ミディアムレアで頼んだけれど、個人的にはミディアムウェル寄りな、かなりしっかりと焼かれているパティに感じた。とても細かくミンチされているパティで、水気がちょっと飛びすぎているような気がした。おそらく、水分を野菜類やBBQソースで補うバランスで焼きあがるよう設計されているけれど、今日は野菜は無し。食べていくうちに喉が渇いていく。炎のグリルで焼き上げたため、スモーキーな風味が漂っていて匂いはいいんだけれど、全体的にもう一工夫が欲しかったな。

オニオンリングは、細かいパン粉の衣で出来ている逸品。柔らかくて甘いオニオンの味わいを楽しめる。マスタードは粒マスタードとペースト状の二種類を持ってきてもらった。高級ステーキハウスのマスタードらしく、そのまま食べても辛くなく、むしろホンワカした甘さを感じられるマスタード。あと、トマトが驚くほどとても甘くて美味しかった。そんな美味しいトマトは二切れ付いてくる。ハンバーガーのトッピングとしてのオニオンは無し。レタスは美味しい部分を贅沢に三枚綺麗に切り抜いてあった。

全部食べると、かなり満腹になります。このお店でハンバーガーをオーダーするときは、焼き加減は「レア」で頼むことをオススメします。(ミディアムレアだと、若干焼きすぎているような気がするので)

満腹で気分良くなった後は、そのまま帰るのも勿体無いので、六本木ヒルズ内の映画館でEagle Eyeを観てから帰った。さすがに平日の夜なのでガラガラ。途中までは面白かったけれど、終わり方が疑問だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

NYCハンバーガーを求めて10 -Double Six編-

The Big Winnerを出たあと、駅のほうに歩いていく途中で、「もしかしてこっちに行けば・・・」と左折してみると、Double Sixを発見。こんなに近かったなんて。まだ待ち合わせの時間まであったので、吸い込まれるように店内へ。カウンター席に座って、また同じもの(野菜抜きチーズバーガー」を頼む。

Doublesix

運ばれてきたハンバーガー。揚げたてのフレンチフライとピクルスと共に。前回食べたときと同じく、小ぶりだけれど存在感のたっぷりあるハンバーガー。チーズが大盤振る舞いのダブルで、パティを覆い隠してしまうくらいの勢い。ただ、チーズそのものは通常のスライスチーズのため、見た目とは裏腹にコクという意味ではちょっと力不足かな。しかし、その印象を吹き飛ばしてくれるのがビーフパティ。ジューシーで中心部がミディアム状態に仕上げられている旨みの詰まったビーフパティ。

野菜は、トマトの下にはグリルされたオニオン、そしてレタス。マヨネーズ系のドレッシングで頂く。最近、個人的興味としてトマトとオニオンを積む順番が気になっていたり。まず大きく、肉類を上か下に持ってくるかあるけれど、その後の「たんぱく質ゾーン」と「野菜類ゾーン」内でも具材をどう積むかでもお店によって全然違うのが面白い。個人的には、上たんぱく、下野菜の組み合わせが好きです。

チーズの味の存在感は薄いけれど、ビーフパティを生かすために敢えて弱めにしているのであれば、合点が来るハンバーガー。個人的には、Double Sixさんの美味しいビーフパティと競合できる強いチーズで食べてみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

NYCハンバーガーを求めて9 -The Big Winner編-

土曜日は会社の人の結婚式のために、千葉の方に行く予定。夕方からの式なので、その前に柏に行って、行きたかったお店に伺うことに。柏は完全に行動エリア外なので、こういう機会が無いと行けない。

Bigwinner

目的のThe Big Winner。昼間なのにちょっと薄暗い店内。一番明るそうな入り口付近の席をキープ。オーダーしたのはもちろんチーズバーガー。ハンバーガーとは全く関係ないけれど、店内のラジオ(有線?)がRick DeesのWeekly Top 40だったのがポイント高し。トークの話題が来週の大統領選挙だったので、ほぼリアルタイムで配信されているのかな。自分は音楽は聴かないけれおど、彼のCandid Phoneが馬鹿馬鹿しくて大好きです。

Bigwinner2

これがThe Big Winnerのチーズバーガー。付け合せはクリスカットフライ。バンズやパティは薄め。野菜類は軽くグリルされたオニオンとトマト、そしてレタス。早速食べ始めると、バンズはトーストされていないけれど、フワフワした食感。パティは薄めで、かなり焼き込んである。チーズは、パティの上に均等になるように引き伸ばしたような感じ。もう少し、ジューシーさが欲しいかな。クリスカットフライもアツアツの状態で食べたかった。衣がちょっと硬かったなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »