« 上海17日目 Blue Frog再訪 | トップページ | これからNYCへ »

2008年9月14日 (日)

Sun Burger

日本に帰ってきております・・・が、上海18日目から急激に喉が痛み出して、ホールズ等で紛らわせていたけれど、最終出社日には全身に力が入らない。熱があることを判っていながら出社、夜遅くまで仕事。体温計がないので計れないし、熱があるとわかったところで、休めないので。日本から持っていった風邪薬と気合で何とか帰国。家に着いたら本当にフラフラ。

体温を計ってみると37.8度。気分的には改善してきた気がしたので、きっと上海のホテルを出る頃はもっと高かったと思う・・・。次の日に友人の結婚式が大阪であるので掛かり付けの医者に直行、色々な薬を処方してもらってすぐに就寝。(本当は金曜日に大阪入りする予定だったけれど、ホテルはキャンセル)

土曜日朝、何とか動けたので大阪まで強行移動。新幹線の中でも爆睡。披露宴ではお酒を全く飲まずに、全て烏龍茶、オレンジジュースしか飲まなかった。来週はNYCへの旅行が控えていることから、親は欠席することを強く勧めたけれど、結論から言うと、個人的には強行してよかったと思う。

で、今日はそのまま帰るのも勿体無いので、友人に滋賀の南彦根のSun Burgerまで車で連れて行ってもらう。京都から3時間位車でマッタリとドライブして到着したSun Burger。お店の裏にある駐車場に車を停めていざ入店。カウンター席がメインのお店。メニューを見渡して、自分はベーコンチーズバーガー、友人はスペシャルバーガー(佐世保風)を頼む。メニューには大きく近江牛が使われていることがアピールされている。

Sunburger1

これが自分が頼んだベーコンチーズバーガー。サイズ的にはそれほど大きくなく、シックリくる大きさ。付け合せはポテトチップスを少々。一口目からケチャップの味が口の中に広がる。フレッシュな野菜がいい味を出している。近江牛を使ったパティは柔らかく、味わい深い。サンプルが少なくて恐縮だけれど、関東圏から離れたハンバーガーは全体的にパティが緩く柔らかい傾向があるような気がする。最後の一口が偶然にもケチャップが少ないパティとベーコンの部分で、最後の一口のパティの甘い余韻が良かった。個人的にはもっと近江牛を使ったパティ自身を味わいたかった。

壁のメニューを見ると、「絶品ベーコンバーガー」があることに気づく。てっきり、このお店のベーコン全てが「絶品」であるのだと思ったけれど、どうも手元のメニューとは値段が違う。聞いてみると、やはり別モノであって、普通のベーコンとは違い、厚切りの国産豚を使ったハンバーガーとのこと。朝から何も食べていなかったので、これも一緒にオーダー。

Sunburger2

これが絶品ベーコンバーガー。最初に食べたのと被るのを避けるため、チーズは抜きで。ベーコンの厚さが通常の三倍近くあって、とてもジューシーなベーコン。最初からこっちのベーコンでベーコンチーズバーガーを頼めばよかったとちょっと後悔。ただ、こちらもケチャップがメインを張りすぎてしまい、メインに添えるべきの厚切りベーコンと近江牛パティの味の融合が目立たなくなってしまっている。もしかすると、頼むときにケチャップではなく、タルタルソースにソースを変えれば自分好みの味わいになっていたかも。(ソースの変更は無料、とのこと)

Sunburger3

これが友人が頼んだスペシャルバーガー(佐世保風)。食べていないので、コメントはできないけれど、トロトロのタマゴが美味しそう。

さて、明日からはNYC編へ(恐らく)突入するはずです。

|

« 上海17日目 Blue Frog再訪 | トップページ | これからNYCへ »

02. チーズ系ハンバーガー」カテゴリの記事

03. ベーコン系ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/42477777

この記事へのトラックバック一覧です: Sun Burger:

« 上海17日目 Blue Frog再訪 | トップページ | これからNYCへ »