« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

ZipZap

今日は無駄に歩いた・・・。会社をほぼ定時に出て、向かったのは中目黒。昨日のリベンジを果たそうと思ったけれど・・・今日も閉店。よく見ると、張り紙がしてあってメンテナンスのため30日まで休み、とのこと。うーん、昨日その張り紙に気づいていれば・・・。そのまま帰る気にならなかったので、そこから三軒茶屋まで歩いていく。やっと三軒茶屋のお店に到着・・・と思ったら悪夢の再来。また店内が暗い・・・。ここでケータイでWebを確認・・・駒沢の二店舗も今日はお休みの模様。やられた・・・でも、ここまで歩いたのに何も食べずに帰るのも悔しいので、田園都市線に乗って表参道まで戻る。向かった先は原宿のZipZap。

夜だったので意外に席が空いていたので適当に照明の明るそうな席に座る。何にするか迷ったけれど、Q-Pot Golden Burger Festival用の特製バーガー(2,300円をオーダ)。ビーフパティが230グラムもある、重量級のハンバーガー。

Zipzap1

運ばれてきたハンバーガー・・・やはり大きい。特徴は沢山入っているアボカド。どうやら、このキャンペーンのネックレスと同じ風貌のハンバーガー、というコンセプトである模様。大きいハンバーガーなので、頼めば店員さんにバーガー袋に入れてもらえるみたい。

Zipzap2jpg

横からの図・・・というかちょっと見上げている構図。繋ぎなしのビープパティが少し割れてしまっているけれど、気にしないでおこう。焼き加減はミディアムで。大量のレタスの上にビーフパティそしてトマトベースのソース。スライスされたオニオンにトマト、そしてアボカド。230グラムのビーフも気になるけれど、全体的に野菜分が多いハンバーガー。

さて味わいのほうは、やはり大きいハンバーガーなので具材が上手く混ざり合うポイントを探るまで一苦労。あと、アボカドと大量のレタスがあるため、肉やソースの味わいをガツンと感じることが出来なかった。個々の素材(パティ、アボカド)は美味しいんだけれど、味の融合というか一体感を感じられなかった。ただ、水気の少ないトッピングで固めたら(たとえば、ベーコンチーズバーガー)、かなり美味しくなるんじゃないかと推測。今度行くときはベーコンチーズバーガーを頼んでみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

LOWKEY TONE COFFEE

今日は新規開店したお店に行ってみようと池尻大橋まで行ったものの、久しぶりの空振り。ゴールデンウィークの休みを甘く見ていた。

地元まで戻ってきて、コーヒーが飲みたくなったのでLOWKEY TONE COFFEへ。

Cafe1

今日はカウンター席。今日はベークドチョコレートケーキをアイスコーヒーのセット(940円)。ベークドチョコレートケーキは甘さ控えめでシットリとした食感でコーヒーにベストマッチ。アイスコーヒーも濃い目の抽出でコクがあって深い味わいだった。

Cafe2

店内にはコーヒー関係の本、雑誌そしてミルなどのグッズが所狭しと飾られてある。何故かとても落ち着いているので、本を読んだり文章を書く場所として良く利用している。店内には自家焙煎のコーヒー豆の匂いが漂っていて、いい感じ。なんと言っても完全禁煙というのが素晴らしい。今年で三年目に突入したみたいです。周りにもコーヒー店が複数あるけれど、自分はこのお店に通い続けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

ハンバーガー@神宮球場

今日は中日対東京戦を観るために神宮球場へ。その前に、球場で食べるためのハンバーガーを調達するために明治神宮前のThe Great Burgerへ。4時頃という時間帯に行ったのに店内は満席、それにウェイティングのお客さんも沢山。自分はテイクアウト用のオーダをして、外でのんびり待っていた。道行く人もこの混雑を見て「これが例のハンバーガー・・・」っていう感じで話しをしていた。

ハンバーガーが出来上がってから、歩いて神宮球場まで。日曜日だからか、それともGWだからか、沢山の人・人でとても歩きにくかった。途中、ニューヨークスタイルのホットドッグの出店があったけれど、あれは一体なんだったんだろう・・・。

Jingu1

神宮球場に到着。球場が若干広くなって、スコアボードも一新されている。

Jingu2

まだ試合前なので、守備練習中。

Jingu3

これがThe Great Burgerのデリバリーボックス。手書きでBCB(恐らく、ベーコンチーズバーガーの略称だろう)、それにThank youの文字が。

Jingu4

あけてみると、包み紙にくるまれたハンバーガーとフレンチフライが。ケチャップ付き。マスタードが欲しい人は、予め伝えておいたほうがいいかも。店内にはマスタードのパケットも用意されているので。

Jingu5

テイクアウトで食べるハンバーガーの味わいは・・・良い。包み紙によって、予め圧縮されているので、高さ的には食べやすくなっている。屋外で食べるため、汁気が少ないハンバーガーの方が食べやすいと思う。そのため、今日はベーシックなベーコンチーズバーガー(1,200円)。濃厚なチーズの味わいと塩気の強めのベーコン、それにピリっと味わいを深めている塩コショウとレリッシュ。テイクアウトであっても、The Great Burgerの美味しさは健在でした。野球観戦とハンバーガー、相性は抜群にイイので、今度試してみてください。

Jingu6

神宮球場の新スコアボード。基本的には今までのスコアボードの形態を継承しているけれど、演出時には全画面で映像を表示できる。

Jingu7

もうすぐ5月なのに、ちょっと肌寒くなってきた。寒いからか、球場全体がちょっとだけ靄がかってきた。

Jingu8

試合終了。最後は絶対的守護神の岩瀬が締めてゲームセット。

試合後、The Great Burgerも参加している「Q-POT. GOLDEN BURGER FESTIVAL」の参加店である「KOKORO」でライスバーガーを頂く(700円)。

Jingu9

焼きおにぎりのように表面がパリパリのお米に生姜焼きが乗っているライスバーガー。ヒール部分(と呼んでいいのか?)には梅干と甘辛のソースが塗ってある。お箸が用意されたので、お箸で食べてみる。うーん、ナイフとフォークでハンバーガーを食べるときと同じく、どうしてもこの食べ方だと素材を一つ一つ食べていく感じがして、ハンバーガーの醍醐味である異なる素材の味の融合を楽しむことが出来ない。ここは手づかみで一気に食べるべきだったのだろうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

ベーコンスピナッチバーガー

今日は千駄木へ。目的は根津神社のつつじ祭りだったけれど、天気が悪くなって雨まで降り出してしまう始末。仕方ないので、つつじ祭りは諦めてRainbow Kitchenへ。

今回は何を食べようかと迷っていたら、ベーコンとほうれん草を使ったハンバーガーを発見したので、それ(ベーコンスピナッチバーガー)を頼む。(1,250円)

Rainbowspinach

運ばれてきたハンバーガー。ピンク色のベーコンの下にはソテーされたほうれん草が。このお店はバーガー袋が無いので、中身が零れ落ちないように細心の注意を払って食べた。ベーコンは大人しめで、ほうれん草はちょっとビターさが残っている。もう一押しベーコンにパンチを利かせたら更に美味しくなるんじゃないかな。全体的に薄めの味付け。

もう少しゆっくりしたかったけれど、隣のテーブルのゴマ擦りPTA会話とタバコの煙が嫌だったので退散。タイミング悪かったかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

軸の確認

今日は本日発売になった雑誌「safari」に掲載されたGoro's Dinerへ。最近遠征をして、いろいろな味わいのハンバーガーを食べてきたので、もう一度自分の中の「軸」を再確認したかった。本来であればベーコンチーズバーガーで軸を確認すべきだけれど、今日は心機一転、このお店を好きになるキッカケになったスペシャルバーガーを頼む。(1,600円)

Gorospecial1

少しして運ばれてきたスペシャルバーガー。Goro's Dinerの旗は健在だった。

Gorospecial2

フワフワに緩く焼き上げているタマゴや、バーナーでしっかりと表面が焼かれたトロトロのチーズ、甘めのBBQソース、そのなかでもしっかりと存在感を保っているビーフパティなど、元々完成度の高いハンバーガーは見た目もかなり進化していた。「軸」を再確認しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

Lucky Pierrot

3時間半の列車の旅を終えて、終点の函館へ。

Luckyp1

終点の函館。駅数を逆算するとおよそ70駅を通過してきたことになる。

Luckyp2

お世話になった北斗14号。よく見ると、ちゃんと北斗七星が描かれている!

Luckyp3

函館駅前の広場。ここから函館空港行きのバスが出ていることを確認して、目的地のラッキーピエロへ。大通りからはちょっと分かりにくい場所にあるけれど、店内はほぼ満席。

Luckyp10

レジの緑のエプロンをしたオバチャンに店内で食べることを告げて、オーダー開始。かなり迷ったけれど、一番人気のチャイニーズチキンバーガーと写真の中で 一番ハンバーガーっぽかったラッキーチーズバーガーを頼む。ドリンクはジンジャーエールで。運よく席が一席だけ空いていたので、そこに座る。周りの方々別 にハンバーガーばかり食べているわけではなくて、カレーライスやらオムレツやらを食べている・・・しかし、その大きさが半端なく大きい。

Luckyp4

運ばれてきたジンジャーエール。ドリンクのサイズも大きい!グラスにはお店のロゴがドーンと飾られている。ちなみに、このコップは店内で販売しているみたい。自分は、荷物がかさばるので買いませんでしたが・・・。

Luckyp5

少しして運ばれてきたハンバーガー。店内でも包み紙で提供される。まずは、一番人気のチャイニーズチキンバーガー。

Luckyp6

超厳密に言うとこれはビーフパティが無いので、ハンバーガーには分類されない・・・けれど、ラッキーピエロが誇る不動の人気No.1のハンバーガーなので、ハンバーガーと扱うことにします。

Luckyp7

横から見た図。ゴロゴロとしたチキンのから揚げに中華風の甘いソースが掛かっているらしく、甘い匂いが漂ってくる。その上にはレタス少量にマヨネーズの組み合わせ。早速食べてみる・・・良い意味で、予想通りの味わい。

Luckyp8

お次はラッキーチーズバーガー。メニューの中ではこれが一番ベーシックっぽいハンバーガーのように見えたんだけれど。

Luckyp9

パティが完全に隠れるくらいに濃厚なチーズ。パティはやはり柔らかめの食感で、おそらくトッピングされたダイスドオニオンの食感がアクセントとなっている。チーズが濃厚だけれど、ちゃんとパティの味わいも楽しめる、見た目ほど「濃く」ないチーズバーガー。

しかし、両方ともかなり良心的な価格なのに、サイズが大きめでびっくり。他のファストフードチェーンが入ってこれないわけです。本当はもっといろいろな種類のハンバーガーを食べたかったけれど、もうこれ以上食べられないので、今回はこれで終了。

Luckyp12

バスで函館空港へ。今回も先週同様、ハンバーガーを食べること以外は何もしなかった小旅行でした。次回は、日帰りじゃなくてゆっくりとしたスケジュールで北海道を満喫したいな。もう一軒、北海道で行かないといけないお店があるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

北海道へ

今日は北海道にいくために羽田空港へ。なんとも残念なことに、今日も小田急線のダイヤが乱れていたので、仕方なく最初に予定していたルートを変更して羽田空港へ。この一週間、ダイヤが常に乱れていたような気がする小田急、なんとかしてくれ。

羽田空港で搭乗手続きを終えた後、北海道の新千歳空港まで一っ飛び。今回はルートもバッチシ調べ上げているので、問題ない・・・はず。まずは新千歳空港から新札幌へ。

Treasures1

ちょっと薄暗い地下の新千歳空港。新札幌駅に到着後、地下鉄東西線の新さっぽろ駅に乗り換える。途中、ラーメンのいい匂いにやられそうになるけれど、「自分はハンバーガーを食べに来たんだ」と自分に言い聞かせ、なんとかスルー。朝から何も食べていないので、お腹すいた・・・

Treasures2

西11丁目駅で降りる。3番出口のローソンの角をプリンスホテル方面に歩いていく。そして、プリンスホテルの交差点をまた左に曲がって少しすると目的の店が・・・あった!?

Treasures3

目的としていたお店はTreasuresというんだけれど、名前が違うみたい。でも、小さく昔のロゴがあるので、このお店で間違いないだろう。沖縄料理とハンバーガーのお店。北海道にある沖縄料理店へ東京から食べに行っている自分がちょっと面白いような。頼んだのは白老牛を使ったトレジャーズ・チーズバーガーにベーコンをトッピングしたハンバーガー(800円)。メニューには、2月21日にUBUSUNA(うぶすな)というお店に生まれ変わったことが記載されていた。詳細はHamburger Streetさんに詳しく記載されているので、そちらをどうぞ。

Treasures4

黄色を基調とした楽しげな店内。店内はMAXで12人までかな?

Treasures5

運ばれてきたベーコンチーズバーガー。バンズもパティもフワフワしているハンバーガー。そのなかで歯ごたえのあるベーコンの味わいが際立っている。全体的に甘みを感じるハンバーガー。ベーコン以外はそれこそ口の中でとろけてそのまま飲み込めるくらい柔らかい。かみ締めてみると、パティのツナギに玉ねぎが使われていて、玉ねぎの甘みがパティの肉汁に加わって更に美味しくなる。お腹がすいていたこともあって、一気に食べてしまった。

Treasures6

サックリとしたオニオンリング。フリカケが掛けてあるのが特徴的かな。

せっかくココまで来たので、テイクアウトをすることに。特急電車の中で食べるため。通常のハンバーガーにはトマトとオニオンが入っていないので、それに加えてピクルスとアボカドをトッピング。出来上がったハンバーガーを持って、元来た道を帰る。

Treasures7

西11丁目駅から、また新札幌に戻り、函館までの特急電車、北斗14号を待つ。

Treasures8

新札幌駅。

Treasures9

自分が乗る北斗14号。

Treasures10

ホームに入ってくる北斗14号。席に座り、早速テイクアウトしたハンバーガーを食べてみる。時間的には30分以上経ってしまっているから、どうなっていることやら。

Treasures11

これがテイクアウトしたハンバーガー。

Treasures12

やはり、運んでいる間に形が崩れてしまった。先ほど食べたハンバーガーに比べて、トマトとオニオンが加わったことによっていつも食べ親しんでいる味の構成になった。美味しいんだけれど、やっぱりハンバーガーは出来立てが一番だっていうことを痛感した。

電車の中で外の風景をみつつ、ウトウトと眠ったりの繰り返し。なんせ、函館まで移動に3時間以上掛かるからね・・・贅沢な時間の使い方で、気分がリフレッシュできた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

予告2

また、見慣れない地域の指定券が・・・。

Tickets1

明日も早起きです。
(これだけでドコに行くのか分かってしまいそうなのが怖いです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hawaiian Dining KAHALA 2

今日は用事を済ませた後、成城学園前のHawaiian Dining Kahalaへ。土曜日はライブをやるみたいなので、店内はセッティングに大忙し。席に座って、今日頼んだのはトッピングなしのハンバーガー。前回、ソースがちょっと多かった気がするので、ソースは少なめにしてオーダー。

Kaharaburger

180グラムの大型パティの上には焼き色がついたオニオン。それ以外は前回と一緒。BBQソースは薄めであるため、パティの焼き色が見える。食べてみたら、前回よりも素材の味わいを楽しめた。オーダーするときはBBQソース少な目で頼むのが良いかも。一押しはアボカドバーガーみたいだけれど、アボカドバーガーにはBBQソースは必要ないともう。逆にパイナップルのハンバーガーには丁度いい味わいかも。今回はプレーンのハンバーガーだけれど、次はパイナップルのハンバーガーを頼んでみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

オマケ

旅のオマケです。

Omake1

新幹線の自由席・・・さすがに、指定席を取り直すために5000円を払い直すのもアレだし・・・。これからは帰りの切符は買わないようにします。

Omake2

今回、全くと言って良いほど関西っぽいことを体験していない自分。せめて弁当だけでも、ってことで京おばんざいの弁当を。

Omake3

中身は意外にカラフル。

Omake4_2

今回、入手することが出来た二つの貴重なサイン。そろそろ裏面が埋まりそうです。まだ8/29、ですが。

Omake5

エスケールのベーカリーのパンです。これは明日の朝食に・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Esquerre

AUNTY-MEE Burgerを出た後は、JR線に沿って歩いていく。歩くこと10分くらいで唐崎駅に到着。

Esquerre1

ホームからの風景。

Esquerre2

駅に着いたものの、いまいちどうやって動けばいいのか良くわからないので、とりあえず京都行きの電車に乗って路線図を確認することにする。目的地はEsquerre

Esquerre3

どうやら、尼崎にて乗り換えて行けば良いらしいので、不安を抱えながら電車に乗る。こういうときに頼りになるのがケータイの乗り換え案内。途中、ものすごい不安に襲われる。Esquerreさんは最終的にはバスに乗らないとたどり着けない場所にある。で、今日は日曜日なので最寄の西宮名塩駅に着いても足止めを食らってしまう可能性がある。とはいってもタクシーをすぐに捕まえられる保証も無い・・・ということで、宝塚駅で一旦降りて、タクシーで向かう。幸い、お店のすぐ横に病院(高田上谷病院)があるので、問題なくたどり着くことが出来た(予想外の出費がかさんだのはこの際不問としよう)。
Esquerre7

一階がベーカリー。お店が満席だったので、名前を伝えた後、ベーカリーで買い物をしてから待つ。ピーク時間を過ぎていたからか、少し待った後に入ることが出来た。自分が5人目で、ハンバーガーが残り4個しかない、と聞いたときは焦った。ココまで来てハンバーガーが食べられなかったら泣くよ?(運良く、ハンバーガー目当てではないグループだったので、助かった・・・)

4月の限定バーガーにも非常に惹かれたけれど、ここはハンバーガーの基本であるベーコンチーズバーガーを頼む(1,000円)。ラージサイズは売切れてしまったので、スタンダードサイズ。

Esquerre4

白ゴマたっぷりの白いバンズのハンバーガーが登場。

Esquerre5

高さは無いけれど、その美味しさが匂いで伝わってきて、食べる前から期待してしまうハンバーガー。食べてみると、スモークしたベーコンの香りが絶品。最初の一口目でバーベキューソースのような味わいを感じた。どっぷりと甘いバーベキューソースを想像したけれど、意外にバーベキューソースの主張はそれほど強くなく、本来主役であるべきのビーフパティとベーコンのサポートに徹している。ビーフパティはゴツゴツしていて噛み応えがあって、噛むごとに肉汁が染み出してくる、とても肉々しいパティ。バンズ自身もかなり硬めに焼きあがっているため、全体的に噛み応えを重視したハンバーガー。「男のバーガー」みたいな感じかも。

時計を見ると三件目には行けない時間帯になってしまったことに気づく。やはり土地勘が無いので、移動に必要な時間が計算できないのが痛い。そこで、三件目には行くことを諦めて、美味しそうな写真に惹かれたプランタニエ(850円)を頼む。

Esquerre6

先ほどは「男のバーガー」とは180度違うデザートだなぁ。とても美味しそうな苺にスフレグラッセ(軽いアイスクリーム)、マカロン、ギモーブ、オートミールやアーモンドのクランチで盛り付けられた一品。自分は苺も好きだけれどラズベリーも好きなんだな、と再認識した一品でした。

チーフの北垣さんの案内により、西宮名塩駅までのバスにありつく。(北垣さん、ありがとうございました)外は予報どおり雨が降り出していた。

Esquerre8

Esquerre9

ここから、新大阪まで出て、新幹線で帰宅。自由席が空いていて本当に良かった・・・

Esquerre10

今回行けなかったお店も含め、また近いうちに遠征を行います!

(それにしても、本当にバーガーしか食べていない小旅行だなぁ)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

Aunty-Mee Burger

自分にとって初のハンバーガー遠征。とは言いつつも、昨日の夜に思い立ったので、殆ど準備はしていない。とりあえず、行く予定のお店の最寄り駅と地図だけプリントアウトした。まぁ、あとは何とかなるでしょう。

ということで、朝の新幹線に乗って京都へ。

Auntymee1

京都から湖西線の大津京駅で降りて、京阪電車に乗り換える。(Google Mapだと、昔の駅名が表示されていて、かなり混乱した)

Auntymee2

ちょうど二両編成の電車が到着していたので、急いで乗る。降りたのは、二駅目の南滋賀駅。改札が無く、車掌さんに切符を渡すシステム。

Auntymee3

ここからは、ケータイのGPSマップ機能を使って目的地まで歩いていく。GPS万歳!

Auntymee4

歩いて5分くらいすると、目的のお店が登場!自分が到着した頃はまだ開店準備中だった(「OPEN」の電気が灯っていない)。先に到着していたご家族がいらしたので、ちょっと話をすると名古屋からいらしたそうな。どうやら、昨晩にテレビでこのAUNTY-MEE BURGERが特集されていたらしい。

11:30に開店して、まずは前説付きのオーダー。やはり初回は4種類の中からしか選べないらしい。当然、クイーンのパイン入り(750円)で。すると、マスターの実演調理が始まる。

Auntymee5

噂には聞いていたけれど、この説明が面白い。バンズの説明時の押しつぶされたバンズがスーっと元の形に戻っていくところは一見の価値あり。

Auntymee6

パインのハンバーガーを頼んだけれど、パインを半分だけ乗せて、パインがある部分と無い部分を食べ比べさせてもらえることに。余ったパインをそのまま生で食べたけれど、缶詰のパインとは違い、シロップの甘さでない、自然でまろやかな味わいのパインだった。

Auntymee7

最後には、ケチャップとマスタードを掛けて出来上がり。後ろの時計を見れば分かるけれど、ハンバーガーを作る所要時間はおよそ5分。後ろをみると、もう既に5人以上の行列が出来ている。恐るべし・・・。

Auntymee8

これが念願のAUNTY-MEE Burgerの姿。今日の日付入りです。つぶして食べる前に、ちょっと中身を撮影・・・。

Auntymee9

フワフワのバンズにパインが見えるハンバーガー。

Auntymee10

かなりマスタードが掛かっていて、この写真だけ見ると辛そうなハンバーガー。しかしこれはフレンチマスタードなので辛くなく、味わいを深めている存在。全体的にまろやかな味わい。ビジュアル的にパインが入っているともっと甘酸っぱい食べ物をイメージするけれど、先ほど生で食べたときと同じく、パイン自身は主張を最小限に留め、甘みの味わいをさりげなく提供している程度。オーダー時にも言われたけれど、一般的なハワイアンバーガーのようなパイナップルの甘みを期待して食べるのとはちょっと違うハンバーガー。個人的にはパイナップル入りの方をお勧めします。

その後もオーナー、マスター、常連の方とお話できて楽しい一時を過ごしました。本当はもっと居座りたかったけれど、次のお店に行かないといけないので、名残惜しいけれど退店。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

予告

気がついたらこんなものがポケットの中に・・・

Tickets

明日は早起きです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

自作テリヤキバーガー

昨夜の「チューボーですよ!」にインスパイアされて、照り焼きバーガーを自作してみました。今まではソースを使わないハンバーガーだったので、どうなるか不安になりながらも作ってみました。レシピはスタジオのではなく、AS CLASSICS DINERさんのを参考にしています。

Jisakuteriyaki1

まずは材料から。今回の特選材料はなんと言ってもWest Park Cafeさんのバンズ。本格的なハンバーガーバンズでハンバーガーを作るの、今回が初めてです。それ以外には、新玉ねぎやハチミツなどがポイントかな。それ以外のレタスなどは冷蔵庫に入っているものを流用。

Jisakuteriyaki2

具材を仕込んだ後、バンズを焼き始める。うーん、やっぱり今回のは(少なくともビジュアル的には)美味しく出来そうだ。

Jisakuteriyaki3

今回はバンズが大きいので、パティも大きめに。130グラムくらいのお肉をパティにしました。牛脂を入れることなく、牛挽肉と脂分を多めに含んでいる部位を軽く混ぜただけのパティにしています。今までは蒸し焼きにする工程があったのでパティと玉ねぎを一緒に焼いていたけれど、今回は玉ねぎだけを先に焼いておく。

Jisakuteriyaki4

ヒール部分にマスタードを塗り、生野菜と焼いたオニオンを乗せて野菜部分は準備万端。後は肝心のテリヤキソースに絡めたパティです。クラウン部分もいい感じに表面がカリカリに焼けました。

Jisakuteriyaki5

あまり見た目が良くないけれど、片面を焼いた後に蜂蜜を垂らして、先に作っておいたテリヤキソースを絡める。テリヤキソースが煮立って、パティをコーティングして一体化していく。それ以外の味付けは胡椒のみ。

Jisakuteriyaki7

パティをオニオンの上に乗せて、マヨネーズを掛けて完成!

Jisakuteriyaki6

横からの図。今までの自作ハンバーガーに比べてパティの色合いが全然違う(当たり前か)。まぁ、初回にしてはナカナカの出来かな?

食べてみたら、微かに感じるハチミツの甘さと醤油の味わいのハンバーガー。両面をもう少し焼いてからハチミツとテリヤキソースに絡めないとパティの表面が崩れやすくなってしまう(ハチミツとテリヤキソースによって、温度が急激に下がってしまうため)。あとは、ソースにもっとトロみを付けたほうがテリヤキバーガーっぽくなるかな。また一つレパートリーが増えました。

それにしても、テリヤキバーガーを食べての感想が「テリヤキバーガーですね」っていうのは・・・そういうことだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

WPC Bacon Cheeseburger

かなり長距離歩いた後は代々木上原のWeST PArK CaFEへ。土曜日の夜ってことで店内は大盛況。場所柄か、外国人のお客さんが多い。オーダーしたのはベーコンチーズバーガー(1,470円)。焼き加減はミディアムレアで。入り口に置いてあったフリーペーパー、Metroplisを読みながら待つ。アイスティーはお代わり自由ってことでゴクゴク飲んでしまった。歩きっぱなしで全然水分を補給していなかったので・・・。

Wpcbaconcheese

このお店特有のシッカリとした厚みのあるバンズが印象的なベーコンチーズバーガーが登場。

Wpcbaconcheese1

パティが一番下で、野菜類が上に来ているWPCのハンバーガー。パティの重量感がすごい。一口食べてみると、パティの中身は肉汁滴る綺麗なピンク色。ちゃんとミディアムレアになっています。パティ自身は味付けは薄めで、味のアクセントは程よく焼きこんであるジューシーなベーコンとチーズの役割となっている。一応野菜分も入っているけれど、明らかにWPCの主役は下半分の肉類。ペロりと美味しく頂きました。

このお店では使用しているバンズが売られている。帰り際に数個買ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜めぐり

桜もそろそろ見納めなので都内の桜を見に行く。まずは小石川後楽園から。

Kourakuen1

Kourakuen2

Kourakuen3

Kourakuen4

Kourakuen5

Kourakuen6

ここから靖国神社まで歩いていく。(神田川を沿って市ヶ谷まで歩いてから九段下方面へ)

Yasukuni

Yasukuni2

ここから千鳥が淵へ。

Chidorigafuchi1

Chidorigafuchi2

Chidorigafuchi3

暗くなってきたので、ライトアップが始まるまでちょっと待つ。

Yozakura

Yozakura1

Yozakura2

Yozakura3

Yozakura4

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年4月 4日 (金)

AS Teriyaki Burger

今日は明日(4月5日)にTBS系「チューボーですよ」でピックアップされるAS CLASSICS DINERへ行くために会社が終わった後駒沢へ。ASさんはラストオーダーが22:30までなので、会社帰りにでも受け入れてくれるのが嬉しい。頼むハンバーガーは決まっている。テリヤキバーガー(1,155円)。カウンター席で巨匠の調理を眺めながら待つ。

Asteriyaki1

いつもよりクラウン部分のゴマが散らばっているような感じ。お供は久しぶりにコロナで。久しぶりにビールを飲むなぁ。

Asteriyaki2

横からの一枚。タップリのマヨネーズの下には蜂蜜と特製ソースを絡めて作ってあるテリヤキソース。ハンバーガー履歴を見ていただいても分かるように、今までテリヤキバーガーをあまり食べてこなかった自分。なので、テリヤキバーガーのスタンダードがドコにあるのか分からないけれど、脳内のイメージではテリヤキバーガー=甘さだけでグイグイ押し切ってしまうファストフード的なハンバーガー、というイメージだった。

最初の一口で、ソースの味わいが濃くなく、それほど甘くないことに自分のステレオタイプとのギャップを感じる。テリヤキの和風な甘みを感じるのはハンバーガーを飲み込んだ後の余韻の時。これはテリヤキソースがハンバーガーに馴染み、他の具材と調和しきっている証拠。AS CLASSICSさんの炭火焼パティも、いつもながら美味しい峰屋のバンズも普段どおりの美味しい味のコンビネーションを崩していなく、それにさりげなくテリヤキソースの甘さが加わっている。他の食材の持つ味わいを邪魔することなく共存しているテリヤキソース、見事です。サラっとした食べ応えなのでスルスルと食べてしまった。

前々回、スペアリブが美味しかったので、単品でスペアリブを追加オーダーしてみる。(900円)

Asspareribs

お酒のツマミにもってこいのスペアリブ。ソースの色合いが絶品!

Asspareribs2

ハンバーガーで使うスペアリブと違って、こちらは予めタレに漬け込んでトロトロになるまで煮込んでいるスペアリブ。(ハンバーガーに使っているスペアリブはタレに漬け込むことなく最低限の味付けだけをして煮込み、ハンバーガーと合わせるときに特製BBQソースと絡めている)

見た目はゴツいスペアリブだけれど、驚くほど肉が柔らかく、骨からスルリと剥がれ落ちていくのは凄い、の一言。アメリカのスペアリブの場合、ハズレのお店のスペアリブを食べると肉を骨から剥がすので一苦労、それだけで食べる気力を失ってしまうことがあるけれど、スルっと剥がれ、口の中で溶けるような食感。かなり熟練の技です。手が汚れるけれど、お酒のツマミには最高、コロナの二杯目をオーダーしてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

おまかせKiller Burger

今日は会社を早めに抜け出して、外苑前のGoro's Dinerへ。それにしても、6時頃って電車が混んでるね・・・いつもこの時間帯に帰れる人たちが羨ましい。

さて、もう殆どメニューにあるハンバーガーは食べてしまっているので今日はKiller Burgerを「おまかせ」で頼んでみる。一体どんなハンバーガーが出てくることやら。

Goroskilleromakase

通常のGoro's Dinerのハンバーガーに比べ、若干小さいハンバーガー。

Goroskilleromakase2

上でゴロゴロしているのは特製のトマトソース。それにエメンタールチーズにベーコン、写真では見れないけれどハラペーニョ。ビーフパティの下にはグリルドオニオンとトマトが敷かれている(1,000円)。

トマトソースが押し出されないように丁寧に掴んで、一口。野菜の甘みが強烈なトマトソースが何といっても美味しい。コクのあるベーコンとエメンタールチーズの濃い濃いコンビがしっかりとハンバーガーらしさを演出している。ビーフパティとグリルドオニオンのコンビネーションは相変わらず冴えている。生の薄くスライスされたトマトが一番上のトマトソースとは違ったフレッシュな味わいでアクセントとなっている。通常のハンバーガーと違ってレタスが入っていない分、食感ではなく素材の持つ味わいでグイグイ押し切って一気に食べてしまえるハンバーガー。途中からハラペーニョの味わいも加わるので、決して単調でなく味の変化を楽しみながら食べることができる。

それにしても、トマトソースが美味しい。最後に袋に残ったソースをフォークで食べてしまうくらい美味しかった。Goro'sの看板バーガーはガンボバーガーだけれど、Killer Burgerのトマトソースも負けず劣らずいい味を出している。多分、「チラシの裏」に載っていたキラーバーガーの組み合わせ、って注文したら通じると思います。ガンボバーガー好きには是非とも試していただきたい一品です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »