« Goro's Classic Burger | トップページ | フォーチーズ »

2008年2月 2日 (土)

手打蕎麦割烹 日和

今日は、新年会+歓送迎会ということで渋谷の手打蕎麦割烹 日和へ。渋谷から歩いていくのが一般的なんだろうけれど、自分は代々木八幡駅から代々木公園に沿って南下していく感じで歩いてみた。駅から15分くらいだったかな。

Hiyori1

最初は蕎麦の実、白子の茶碗蒸し。蕎麦を実の状態で食べることは今まで無かったけれど、食べてみると上品な甘さが口の中を広がっていく。これから出される料理への期待感が一気に高まった。

Hiyori2

穴子の白焼き。添えられている山葵と一緒に食べる。表面が軽く炙られた穴子はホクホクとした食感。素材の良さが感じられる一品。鰹節で味付けされている竹の子も、表面の鰹節のザラザラした食感と、竹の子内部までよーく染み込んでいる出汁の味わいがベストマッチ。

Hiyori3

自家製ソーセージとポテトサラダ。お蕎麦屋さんなのに何故、という意外性のある一品。ソ皮の内側には肉汁がしっかりと閉じ込められている肉々しいソーセージ。味付けも薄めで肉そのものの味わいを楽しめる。ソーセージの持つ肉々しさを、ポテトサラダで中和している、バランス的にも良い一品。

Hiyori4

豚の顔の部分の肉。左から頬肉、タン、そして耳の軟骨部分。頬肉はお箸で持ち上げようとすると切れてしまうくらい柔らかい。タンの部分は予想通りというかしっかりとした噛み応えが楽しめる。耳の部分は台湾風のタレに煮込まれていて、思ったほど硬くはなく、コリコリと柔らかい食感。

Hiyori5

牡蠣鍋。まさか、今日牡蠣を食べられるとは思わなかった。牡蠣が美味しいのはもちろんのこと、スープが絶品。スープを飲んでいるだけでも幸せになれる気分。

Hiyori6

牡蠣鍋と一緒に食べた青菜のおひたし。豪快に厚めに削られた鰹節がインパクトがある一品。口の中がサッパリとリセットされてメインの蕎麦を受け入れられる体制が完了。メインの蕎麦は暖かい蕎麦と冷たい蕎麦を選べたので、ここは冷たい蕎麦で。

Hiyori7

産地である音威子府(おといねっぷ)は北海道で一番人口が少ない村・・・らしい。

Hiyori8

綺麗な色をして、キュッっと締まっている蕎麦。最初はツユに付けずに頂くと、蕎麦の甘さというか香ばしさを味わうことが出来る。一番最初に食べた蕎麦の実に回帰した気分。ツユにつけて食べるとこれまた驚き。出汁の風味がドカンと口の中で大きなインパクトを発生した後、スーっと余韻を残しながら消えていく。今まで蕎麦を積極的に食べようと思わなかった(お腹の調子が悪かったり、軽いものが食べたいときくらいしか食べなかった)けれど、この一品で蕎麦の魅力に取り付かれ、蕎麦好きになってしまいそう。

Hiyori9

Hiyori10

デザートに蕎麦プリン。抜群に美味しい、とても不思議なプリン。フワっと蕎麦の香ばしさがプリンの甘みと一緒に広がって消えてしまう。最後の最後にまた蕎麦の持つ違った一面を感じさせてくれる一品でした。

月並みな表現だけれど、とても美味しかったです!蕎麦の持つ魅力を再確認できた品々で、いままでの蕎麦というもののイメージが一変しました。今度、代々木上原の「山せみ」にも行ってみなければ。

|

« Goro's Classic Burger | トップページ | フォーチーズ »

30. 夜ご飯系」カテゴリの記事

44. Nikon D300写真」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。今日は雪が降り寒いですね。
渋谷にこんな素敵なお蕎麦屋さんがあるんですね!おいしさが写真からも言葉からも伝わってきて、こんな夜ですがおそばが食べたくなりました。牡蠣鍋やデザートのプリンもかなりおいしそうですね・・・お腹も心も満たされそうな品ばかりですね。
女性のそば好きは比較的少数派なのかなと感じることも多いのですが、臆せず?今度是非行ってみたいと思います。代々木上原にもおいしいおそばやさんがあるのですか?
ちなみに・・・本気で胃腸の調子が悪いときは、おそばよりも消化のよい温かいおうどんの方がいいかもしれませんネ。

投稿: Winter | 2008年2月 4日 (月) 00:07

こんにちは。

いろいろ調べてみたところ、お昼時はかなり賑わっているようです。代々木上原の「山せみ」と関係あるお店のようです。今度いってみたいと思います。

寒いと温うどんも食べたくなりますね~。温まりますし。

投稿: w-ice@管理人 | 2008年2月10日 (日) 13:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/17945216

この記事へのトラックバック一覧です: 手打蕎麦割烹 日和:

« Goro's Classic Burger | トップページ | フォーチーズ »