« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

Goro's Avocado Burger

昨日、Authenticのアボカドチーズバーガーを見て、何故か無性にアボカド系のハンバーガーが食べたくなってしまった。そこで、会社を早めに切り上げて外苑前のGoro's Dinerへ直行。よくよくメニューを見てみると「アボカドチーズバーガー」はあるけれど、「アボカドバーガー」が無いことに気づく。そこで、プレーンバーガーにアボカドトッピングしたものを頼む(1,200円)。

Gorosavocado

キレイに積み重なっているGoro's Dinerのハンバーガー。

Gorosavocado2

横から見ると、トマトの直径とオニオンの直径が殆ど同じで、とても均衡の取れているハンバーガー。チーズで覆い隠されていない分、大きめに見えるパティの上にはスライスしたアボカドが。バンズのヒール部分に塗られたタルタルソースも含めて、見た目からして非常に美味しそうなハンバーガー。

食べてみると、素材の美味しさをガツンと味わえるハンバーガー。隠し味のカレー粉の持つ独特の美味しさに、アボカドのほのかな甘さ、そして、グリルされたオニオンを初めとしてシャキシャキ噛み応えの良いレタス、そして文字通り味の底上げをしているタルタルソース。レギュラーメニューのアボカドチーズバーガーも捨てがたいけれど、普通のアボカドバーガーも十二分に美味しいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月29日 (木)

Authentic Bacon Cheeseburger

今日は仕事を終えて帰ろうとすると、S氏から久しぶりに連絡が入り、赤坂のAuthenticに行きたいけれど店が見つからないとのこと。まだ夜ご飯を食べていなかったので急遽溜池山王の駅から歩いて赤坂まで歩いていく。10ヶ月ぶりかぁ・・・。

店内に入って、ベーコンチーズバーガーをオーダー(1,235円)。S氏と氏の後輩さんはそれぞれアボカドバーガーとブロッコリーチーズバーガーをそれぞれオーダー。久しぶりに会ったので話しながらハンバーガーを待つ。ハンバーガーが運ばれてきて、いざ写真を撮ろうと思ったけれど、デジタルカメラを忘れたことに気づく。そこで、昨日購入したP905iのカメラを試してみる。

2007112920560000

マクロモードにして撮影。Powershot G9の画質と比べてしまうのは酷だけれど、ケータイのカメラにしてはそれなり、かな?

2007112920560001

横から一枚。トロリとしたチーズにAuthenticさん特製のオーロラソースがパティとベーコンに絡んでいる。パティはちょいジューシー、ベーコンは薄切りのしっかりとした歯ごたえ。チーズとオーロラソースが優しくハンバーガー全体を包み込んでいる。ベーコンチーズバーガーというと肉々しい感じのハンバーガーが多いけれど、Authenticさんのハンバーガーはどこか爽やかな感じがした。果たして、これは全体のバランス+オーロラソースの成す業なのだろうか・・・。今度行くときは、アボカドバーガーを試してみます。

しかし、初恋の人と10数年ぶりに偶然入った飲食店で隣の席になって再会し、そして付き合うって・・・なんて羨ましいシチュエーションなんだ・・・。S氏は生まれ持っているオーラが違うのか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

P905i

本日はドコモ905シリーズのPとNの発売日。ドコモPHSサービスが終了するのに伴い、現在のPHS契約者には無料で機種変更できる優待キャンペーンを活用すべく、向かった先はドコモショップ。二日前からD、SHの二機種が発売されていて、今日PとNが発売された関係か、店内は大混雑。札をもらったけれど、20分近く待たされるらしい・・・けれど、待つことに。

待っている間、ホットモックを触ってどの機種に変更するか考えてみる。昨日の時点ではDが良いかなって思っていたけれど、やっぱりニューロポインタのN、そしてあの怪しいギミックを搭載したPが気になってしまう。現在使用しているのがNのニューロポインタとT9入力が心地いいのでNから離れる気は無かったんだけれど、あのP905iの動きを見てしまうとね・・・。結局、P905iに機種変更。905シリーズからは割賦販売がメインになっているけれど、PHSからの優待キャンペーンでは料金プランはベーシックプランのみ。しかし、通常のベーシックプランで発生する2年以内の途中機種変更ペナルティーは無いそうなので、これなら906シリーズにクラっと来てもすぐに変更できる。

P905i

まず、液晶がキレイ、そして縦に長い!早速Jigブラウザを使ってみたけれど、今までとは比べ物にならないくらい表示範囲が大きいのに驚く。ちょっとオススメ表示モードのチューニングが必要かと思うけれど、縦長の画面を隅々までフルに使った表示はクセになりそう。P伝統のワンプッシュで開くボタンも健在。

帰りの電車内でワンセグを見ていたけれど、マナーモード消音時でも音量を調整するボタンを押すと一気にスピーカーから音が出てきて慌てた。auでも横に開くギミックを持った機種があるけれど、あちらはヒンジの横にアタッチメントみたいのが付いていたけれど、こちらはその様なデッパリは無いのが良い感じ。これ考えた人、凄いなぁ。

Pに戻ってきました。ちなみに、ドコモケータイ遍歴はD502i(カラー液晶搭載機)⇒D503i(iアプリ初搭載)⇒P504i(神機)⇒N900i(普及版FOMA)⇒N901iS(モバイルフェリカ搭載)⇒N902iX(初のHSDPA端末)⇒P905iです。これから色々試してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Outback Steakhouse

今日も品川で研修・・・ランチは昨日下見をしてハンバーガーがランチメニューにあることを確認しておいたOutback Steakhouseへ。ちょっと遅めの時間に入店したので、テーブル席は満席でカウンター席に案内される。ランチタイムはセットメニューのみみたいなので、チーズバーガーにサラダをオーダー(1,100円)。シーザーサラダを食べながらハンバーガーを待つ。

Outbackscheeseburger

チーズバーガーにフレンチフライとコールスロー。チーズの上にはオニオンが乗っている。

Outbackscheeseburger2

パテイが楕円形で横に長く、バンズからはみ出しているハンバーガー。野菜部分を載せた後、はみ出している部分から食べ始める。パティはよく焼いてあり、ウェルダン状態。レタスは刻んであるけれど、個人的には刻みレタスじゃない方が好きだな・・・そういえば、TGIFのハンバーガーも刻みレタスだったような気がするけれど、アメリカンステーキハウス系のハンバーガーは刻みレタスが多いのかな。コールスローはちょっと甘めの味わいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

Nathan's Cheeseburger

今日と明日は品川で研修・・・。なので、ランチは品川で。ってことは、あの店に行くしかない!っと、向かったのはアトレ品川内のNathan's。ここのアイダホバーガーを食べてからハンバーガー熱が本格化したんだなぁ・・・。運良く、すぐに席をゲット。お昼のハンバーガーはセットメニューのチーズバーガーのみなので、それを頼む(1,200円)。メニューにはサラダ又はスープって書いてあるけれど、今は両方付いてくるみたい。ドリンクはアイスコーヒーで。

Nathanscheeseburger

木製のお皿に乗って登場。左にチーズバーガー、真ん中にランチドレッシングが掛かったサラダ、そしてベーコンとチーズがトッピングされたクリスカットポテト。写真に納まりきってないけれど、その右にはスープが付いてきてます。

Nathanscheeseburger2

ハンガーがー近影。チーズのトロけ具合が美味しそう~。

最初の一口で、なにか懐かしい感じがした。アメリカのハンバーガーの味というか・・・なんだろう、と考えながら食べ続ける。フカフカのバンズ、そしてそうだ、これはIn-N-Outのハンバーガーにかなり近い味わいだということに気づく。もちろん、Nathan'sのこのチーズバーガーとIn-N-OutのDouble Doubleと構成が違うけれど、完成されたハンバーガーの醸し出す味わいは極めて似ているような気がする。サウダンアイランドに似たソースが決め手なのかな。付け合せのベーコン+チーズがトッピングされたポテトはかなりジャンキーで良い感じです。

日本でも結構有名(らしい)In-N-Outのハンバーガー。かなり近い味わいをこのチーズバーガーは持っていると思います。全く同じとは言えないけれど、あの懐かしい味わいを味わいたければ、このNathan'sのチーズバーガーを是非試してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

I-Kousya Salsa Burger

今日は久しぶりに水道橋のI-Kousyaへ。16時過ぎと狭間の時間帯だったので先客は無し。いつも座っている禁煙席の一角をゲット。頼むハンバーガーはサルサバーガーと決めてある(997円)。ドリンクをセットにしてしばらく待つと肉を焼く音が聞こえてくる。

Ikousyasalsaburger1

運ばれてきたサルサバーガー。ゴツゴツとしたサルサソースが美味しそう。

Ikousyasalsaburger2

具材を近影。いつもケチャップとマスタードが運ばれてくるけれど、よく考えてみると一回も追加で掛けたことないな・・・。

Ikousyasalsaburger3

レタスとクラウンを乗せた完成形のハンバーガー。ハンズは軽く焼かれている程度でフカフカ。ゴツゴツとしているパティは噛み応え充分。そして、ダイスされた野菜を使ったサルサソースの辛さが生のオニオンの辛さといい感じで相乗効果を生み出している。レギュラーサイズ150グラムのハンバーガーだけれど、一気に食べてしまった。とても肉汁が多いハンバーガーなので、早めに食べたほうがいいかも。

帰りは百貨店でセーターを買って帰宅。某ドーナッツ店の並び時間が1時間40分になっていたのに驚き。もう寒い季節ですな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

Chelsea Cafe

今日の会社帰りに新宿のChelsea Cafeへ。西口の改札を出て、京王デパート横の小田急ミロードの坂を上がったところに目的のお店はある。夜なのに店内は満席。なので、入り口近くのカウンター席に座る。夜なので、店内は暗めで落ち着いた雰囲気。なんか女性率が異様に高いなぁ・・・。男の一人客なんて自分くらいだ。

最初なので、チェルシーカフェ特製ハンバーガーを頼もうかと思ったけれど、チリコンカルネバーガーが気になって仕方が無い。店員さんに聞いてみると、やはりチリを使ったちょっとスパイシーなハンバーガーであるとのこと。チェルシーカフェ特製ハンバーガーは次回にするとして、チリコンカルネバーガーをオーダー(1,020円)。プラス210円でドリンクを付けてくれるみたいなので、アイスコーヒーも一緒にオーダー。

Chelseachilicarnet

少しして、運ばれてきたハンバーガー。これは期待が持てそうだ。

Chelseachilicarnet2

レタスの上はチリビーンソース。その上には厚切りのトマト、ビーフパティ、チーズ。その上にはエッグとベーコンが乗っかっている。バンズは意外にフカフカ。最初からバーガー袋に入っているので、形を整えて一気に食べ始める。とてもスパイシーなチリソースの辛さが心地よい。個人的にはかなり好きな味わい。疲れていたので、この濃厚な刺激はちょっと嬉しい。パティはハンバーグのようによーくコネられているので、評価が分かれそう。所々アクセントとしてマスタードが使われている。ハンバーガーを食べながら、サクサクのフレンチフライをチリソースに付けて食べるのも美味しい。

店名には「カフェ」って入っているけれど、夜になるとアルコール類も充実しているみたい。濃い目の味付けってことは、きっとビールがグイグイいけるんだろうなぁ。今度行くときは特製ハンバーガーをビールと一緒に頼んでみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

スペシャルチーズバーガー

今日は買い物をしに新宿高島屋へ。相変わらず某ドーナッツ屋の行列が凄いことになっていた。飽きないねぇ・・・。百貨店では既にクリスマス商戦が始まっているらしく、店内は激混み。ハンズではクリスマスツリーが売られていた。

買い物を済ませた後向かったのは代々木駅近くのZats Burger Cafe。高島屋からは歩いて5分程度。いつも中央線に乗っているときに看板が気になっていて、いつか行ってみたいと思っていた店舗。

いつもなら佐世保バーガージャンボサイズを頼むところだったけれど、今回はスペシャルチーズバーガーをレギュラーサイズで(530円)。濃厚なチェダーチーズと鉄板焼きチーズの合わせ技のハンバーガーらしい。店内はこじんまりとしていて、一階でオーダして二階で待つ形式。一応、一階にも席があるけれど、なんとなく落ちつかなそうなので二階へ。二階は全部で12席ほど。席に座って待っているとハンバーガー登場。

Zatsspecialcheeseburger

これがスペシャルチーズバーガー。

Zatsspecialcheeseburger2

もう少しアップで。佐世保系のハンバーガーらしく、レタスにはたっぷりとマヨネーズが絡んでいる。その下にはトマト、オニオンそして二種類のチーズ。完全に隠れてしまっているけれど、チーズの下にはビーフパティ。店員さんから、押しつぶして食べてくださいと説明が入る。

早速食べてみると、甘い味わい。二種類のチーズも豊かな味わいで、チーズ好きとしては満足な味わい。しかし、見た目からも分かるように完全体の佐世保バーガーのような迫力、具材の豊かなハーモニーが無い。例えるなら、ウッズの居ない中日打線、か。唯一の肉であるパティがチーズや野菜に負けてしまっている。Zats Burger Cafeに行ったときは素直に佐世保バーガーを頼んだほうが無難だな、と思った次第でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

Oriental Chicken Salad

CPKのオリジナルサラダを食べに、今日もラゾーナへ。年末が近づいてきたので、徐々にクリスマスデコレーションが進んでいる。着席して頼んだのはOriental Chicken Salad(1,280円)。

Cpkorientalchicken1

スウィートサワーセサミドレッシングが美味しそうに掛かっているサラダ。オリエンタルってことでシラントロが使われているので苦手な方は注意。アメリカ人の考えるアジア料理っぽい味付けです。どこか懐かしい、大好きな味です。

Cpkorientalchicken2

カメラをCanonのPowershot G9に変えてから、写りが良くなったような気がする。もちろん、ボディが大き目なのでポケットに収めるのは無理があるけれど、カバンの中に入れても気にならないサイズなので、どこにでも持っていける。カメラ設定をいじれるので、いろいろカメラについて勉強して遊んでみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

焼肉くにもと

今日は、仕事帰りに焼肉。浜松町の焼肉くにもと(新館)へGO!予約必須、そして入店時には全員揃っての入店しか認められてなく、途中参加は不可のお店。お肉はお任せの盛り合わせ(3,600円、5,000円、10,000円)の三種類から選び、足りなくなったら追加注文する形式。予約時に5,000円のお任せをオーダしていたので、ドリンクを頼んで肉が運ばれてくるのを待つ。

Kunimoto1

これがお任せ5,000円分を四人前。今日のお肉は巻ロース、リブロース、ウデロース、ハネシタ、ハラミの五種類。この内、リブロースとウデロースは松阪牛、それ以外は淡路牛。

Kunimoto2_2

唯一の塩で味わう巻ロース。それ以外はタレでの味付け。

Kunimoto3_2

お肉を焼く七輪。早速焼き始める。とりあえず、最初は塩の巻ロースから。一発目から、厚切りでジューシーなお肉の味わいにノックアウトされる。とてもジューシーで脂の乗っているお肉なので、焼き加減には気をつけて焼いていく。続けてリブロース、ハラミ、ウデロースと食べていく。どれも、口のなかでトロけていく絶品のお肉。厚切りなのでフワっとした噛み応えも味わうことが出来る。途中で、上ミノを追加オーダー(1,200円)。

Kunimoto4

これが上ミノ。赤身肉はあまり焼き過ぎないように気をつけていたけれど、ホルモン系はちょっと長めにじっくりと焼いていく。

Kunimoto5

最後には、ハネシタを一枚一枚丁寧に焼き上げていく。ハネシタだけは薄切りだけれど、非常に面積の広いお肉。網全体を使って焼き上げていく感じ。薄切りなので、焼く時間は短めでOK。

これだけ美味しいお肉を食べて、一人およそ8,000円。非常にお得感のある、大満足の焼肉でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

Honey Pumpkin Burger

今日は未知なるハンバーガーを食べに、向かった先は外苑前のご存知Goro's Diner。恐る恐る目的の品、ハニーパンプキンバーガー(1,000円)を頼んでみる。名前の通り、ハチミツを使ったハンバーガー。一体どういう味になるのか想像がつかないので、ワクワクしながら待つ。

Honeypumpkin1

運ばれてきたハニーパンプキンバーガー。Goro'sさんのハンバーガーはビッグサイズなのが多い中、このハニーパンプキンバーガーは小ぶりな部類に入る。

Honeypumpkin2

横から撮影。味のシャープネスの確保のため、トマト・レタスは使われていない。上からチーズ、シナモン、カボチャ、ビーフパティ、グリルドオニオンのトッピング。透明なので分かりにくいけれど、全体をハチミツがコーティングしている。

不安と期待が交錯しつつ、まずは一口。カボチャの持つ甘くて香ばしい味わいがストレートに舌を刺激する。マスター曰く「Goro's Burgerに使われているBBQソースの比で無いくらい使っている」ハチミツとパティの下に敷かれているオニオンがカボチャの味わいを深めるためのアシスト役として活躍している。風味豊か。もちろん、パティも存在感を失ってはいなく、パティをかみ締めることによって、「ああ、これはハンバーガーなんだ」という現実を感じ取ることが出来る。

不思議な味わい・・・似た料理を挙げるとしたら、肉じゃが、かな?ジャガイモの代わりにカボチャを使った甘めで、どこか和風な味わいがするハンバーガー。肉じゃがを白いご飯と一緒に食べたときのような、家庭的な感覚に陥るハンバーガーです。「騙されたと思って」食べてみて、ハンバーガーの持つ意外な一面を堪能してみては如何?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

'55 Bettie Burger

今日は久しぶりに下北沢のVillage Vanguard Dinerへ。前回と同じく、カウンター席に着席。今回は通常メニューにあるハンバーガーを頼もうと思ったけれど、新しく期間限定のハンバーガー、「'55 Bettie Burger(ナインティーン・フィフティファイブ・ベティーバーガー)」が販売されている模様。前回のHawaiian Rollercoaster Burgerも独創的なハンバーガーだったので、今回もスペシャルハンバーガー(1,300円)を頼むことに。

どうやらこのハンバーガー、12月から公開される映画、The Notorious Bettie Pageとのタイアップハンバーガーであるとのこと。メニューを見るとトッピングはレットチェダーチーズ、チリソース、ガンボ(オクラ)、スパム、ビーフパティ、ハラペーニョ、トマト、レタスと盛りだくさんであるらしい。ビールを飲みながら、マッタリとハンバーガーが運ばれてくるのを待つ。

Bettieburger1

これがそのハンバーガー。緑色のオクラが独創的な色合いを出している。

Bettieburger2

大きさ的には、前回のハンバーガーに比べると若干小ぶりなコンパクトサイズ。色合い的に目立っているオクラの下には薄切りのスパムとチリソースが見える。いざ、備え付けのハンバーガー袋に移してみる・・・前回とは違い、意外とアッサリと収まる。食べ始めると、まずはオクラのネバネバした食感が伝わってくる。チリソースは若干のピリ辛。途中、パティの下に隠れるように配置されているハラペーニョが突然その辛さを発揮して辛さがブーストされる。全体的な纏まりもよく、崩れそうな見た目だけれど意外と簡単に食べられるハンバーガー。心地よい辛さなので、ビールとの相性も抜群!

フレンチフライはちょっと塩加減が強め。きっとこれもお酒をグイグイ飲むための演出なのかな。次は、通常メニューで一番気になっているクラッシュドペッパーを使ったハンバーガーが食べたいな・・・別の期間限定ハンバーガーがあったら話は別だけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

改装中

ふと思い立って、このブログのカテゴリを調整してみました。今までのカテゴリ分けがかなりテキトーだったので。

いろいろ考えてみて、ハンバーガーはトッピング毎に括り分けてみました。その中で、「チーズ」、「ベーコン」、「アボカド」はハンバーガーの三大トッピングなので、独立させたカテゴリを用意し、それ以外のトッピングやお店のコダワリのトッピングを使ったハンバーガーは「特製」として表記しました。

なので、ベーコンチーズバーガーは「チーズ系」及び「ベーコン系」の両方に分類されることになります。ゴルゴンゾーラバーガーは「チーズ系」と「特製」の両方に入る・・・ってこんな感じで分類しています。

徐々に改装していくので、見苦しい点があるかもしれませんが、ご容赦ください・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Grilled Vegetable Salad

時間が無かったので記事をアップできなかったので、事後報告でアップ。

10月9日に、CPKのGrilled Vegetable Salad。グリルされたアスパラガスにナスなどを盛り付けした、栄養価の高いサラダ。今回はシュリンプをトッピング(1,690円)。

Cpkgrilledvegetable

グリルされた野菜がコッテリしているサラダ。見た目よりもお腹が一杯になる感じ。ただし、フレッシュな野菜ではなくグリルされた野菜であるため、味の変化があまりなく、ちょっと単調かも。複数人で軽くつまむ程度の食べ方が丁度いいかも。(まぁ、CPKに一人で行く人なんて珍しいと思うけれど・・・)

よくよくメニューをみたら、Oriental Chicken Saladっていうメニューも存在しているんだね・・・最初からあったのかな?見落とし?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

Thai Crunch Salad 再び

CPKのThai Crunch Saladが食べたくなってので、今日のランチはCPKへ。迷わずThai Crunch Salad(1,480円)を頼む。少し待った後にサラダが登場。

Cpkthaicrunch1

あれ・・・?

Cpkthaicrunch

なんか、以前に比べて色鮮やか+量が多くなったような。味付けは前と変わらないピーナッツ系のオリエンタル味わいだけれど、全体的なボリュームがアップしたような気がする。今回はアボカドをトッピングしなかったけれど、アボカドが無くても充分にお腹いっぱいになるサラダでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

Fellows Chili Cheese Burger

珍しく(?)二日連続の更新。
だって、最近更新が少ないからつまらない、って言われてしまう位だからね。

本日向かったのは、駒澤大学駅のFellows。頼むハンバーガーは既に決まっている。チリビーンチーズバーガー(1,500円)。ランチタイムには提供されていなくて、17時以降しか頼めない一品。奥のテーブル席に座って、ハンバーガーが運ばれてくるのを待つ。このお店はパティの焼き加減について選ぶことが出来るけれど、チリソースも辛さ加減を選ぶことが出来る。「普通」がどれくらい辛いか分からなかったので、今回は「普通」の辛さでお願いする。

Fellowschillicheese

チリビーンソースとパティ、チーズが一体化されたとても存在感の強いハンバーガーが登場。

Fellowschillicheese2

一体どこまでがビーフパティで、どこからがチリビーンソースなのか分からない、この塊。トロットロに溶けて絡み付いているチーズのツヤが更に食欲をソソる。チリチーズバーガーにした理由は、チリソースはとても流動性のあるソースであるため、具材の接着剤的な役割をチーズに期待して頼んだのだけれど・・・このトロトロに溶けたチーズにはアツアツのチリソースの一部として取り込まれてしまっていて、接着剤的な効果はもう消えていた。

クラウンを乗せて、一気にかぶりつく。チリビーンのシャープでキレの良い辛さが心地良い一品。トロトロのチーズ、グリルされたオニオンなど、火の通った具材が絶妙の味のハーモニーを奏でている。通常はハンバーガーを食べてからフレンチフライを一気に食べる自分だけれど、途中フレンチフライをチリソースに付けて食べてみたけれど、これも絶品。辛さは「普通」にしたけれど、個人的には丁度良い辛さだった。アツアツのソースに悪戦苦闘しながらも、ペロリと完食。いやぁ~、美味しかった!

頼む際は、この流動性から食べにくいハンバーガーの部類に当たるということを気をつけた方がいいかも。口の周りだけでなく、バーガー袋に付いたチリソースが顎や頬に当たって、思わぬ所にチリソースが付いてしまうことを覚悟したほうがいい。つまり、デートとかでこのハンバーガーを頼んでしまうと、意図しない姿を相手に見せてしまう可能性があるので、スタイリッシュに行くのであれば前回頼んだアボカド系のハンバーガー等にしておくほうが無難・・・だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

ソテードオニオンバーガー

先週末から風邪に悩まされて、今日も完全に治りきっていないので、早めに帰宅。山手線で寝ていると、大崎駅に着いたところで電車が動かないことに気づく。どうやら、浜松町の駅で人身事故が発生したらしく、電車が止まっている模様。さて、どうするか。埼京線は動いているので、埼京線に乗って帰るという手もあるけれど、事故直後だけに激混みの列車であることが予想される。体調が悪いので、すし詰めの電車にだけは乗りたくない。

待てよ、大崎・・・Franklin Ave.に歩いて行ける距離ではないか。大崎からFranklin Ave.に行ってハンバーガーを食べれば、食べ終わった頃には電車が運行を再開しているんじゃないか。
体が勝手に自動改札を抜け、Franklin Ave.の方に向かっていった。お店は劇団四季のキャッツ・シアターのすぐ近くなので、キャッツシアターへ誘導している矢印に従って歩いていく。夜のFranklin Ave.はとても落ち着いた雰囲気で余裕で席を確保。

メニューを一読して、ここは定番のCheeseburger w/baconをラージで(1,250円)。店員さんは普通にベーコンチーズバーガーって言っていたけれど・・・。頭が痛いので、ドリンクはチェリーコークで。

Franklinbaconc1

相変わらず、スタイリッシュな外観。フレンチフライなどの付け合せは無し。

Franklinbaconc2

クラウンを乗せ、横からの一枚。パティの上に薄いベーコンが確認できる。

程よい弾力のバンズを掴み持ち上げると、顔に近づけるだけでベーコンチーズバーガーの美味しそうな匂いが漂う。この匂いで、おおよその味の見当は付く。パティはレアに近いミディアムレア。全体的に柔らかい噛み応えの中で唯一カリカリに焼かれたベーコンが存在感を示している。ちょっぴり辛いオニオンは苦手な人もいるかもしれない。苦手だったら、予め取ってしまうのも一つの手。

さて、良く考えてみると、このお店のベーコンチーズバーガーは既に食べていた。サイドオーダーを全くしていないので、ミディアムサイズだったらもう一つイケると思い、再度メニューを貰う。ベーコンチーズバーガーとはベクトルの違うハンバーガーってことでGolden Brown Sauteed Onions Burgerを頼む(950円)。日本語訳はシンプルにソテードオニオンバーガー。

Franklinonion2

斜め上からだと、区別がつかないかも・・・。

Franklinonion1

横からみると、違いが分かる。ソテーされたオニオンが主役なので、生オニオンは省かれている。ミディアムとラージの違いはパティの厚さで、ハンバーガーの直径が違うわけじゃない模様。さてこのハンバーガー、ソテーされたオニオンからは辛さが消えていて、香ばしさで影から支えている。ちょっと優等生すぎて、ガツンとした特徴がちょっと無いかも。

そういえば、某所でハンバーガーの食べ方でバンズを潰す・潰さないで議論が行われているけれど、個人的な食べ方としては、口に収まるギリギリの所まで圧縮して食べます。必要以上に圧縮することは無いです。ハンバーガーというのは基本的にはフランクな食べ物、自分の食べたいように食べれば良いと思います。自分の食べ方以外の食べ方を貶すなどナンセンスだと思います。

食べ終わって大崎駅に戻ってみると、山手線が運転再開していた。作戦成功。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »