« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

蜂の巣

(8月31日分)

この日は会社帰りに、北千住の「蜂の巣」へ。家への帰宅方向と真逆だけれど、金曜日の夜だし、別にいいかな、っと。北千住からは、徒歩5分程度。詳しい地図はオフィシャルホームページをご参照ください。

噂どおり、店内は大繁盛。偶然一席空いていたので、そこに着席。ギリギリセーフ。チーズバーガーにベーコンをトッピングしたベーコンチーズバーガー(1,050円)をオーダー。ドリンクはバス・ペールエールの1pintを。先にビールが運ばれてきたけれど、デ、デカイ・・・。ビールを飲みながらハンバーガーを待つ。

Baconcheeseburger

これが蜂の巣のベーコンチーズバーガー。付け合せにはフレンチフライとピクルス。

Baconcheeseburger2

横から見た図。小ぶりなバンズの間にはギッシリと具材が詰め込まれている。絶妙なバランス。チーズと一体化しているパティと、ピリっとした味わいのベーコンのコントラストが見事。お酒を飲んだ後に締めのハンバーガーとして丁度いいサイズかな。

ハンバーガーを食べながらビールを飲んでいたけれど、半分近くグラスに残ってしまった。ビールだけを飲むのもアレなので、追加の一品を頼もうとメニューを見渡す・・・カウンター真上のボードに「タコス」の文字を発見したので、2ピース(880円)を頼むことに。来週メキシコに行くというのに、何を頼んでいるのだろう・・・。

Hachinosutacos

レタスたっぷりのソフトシェルタコス登場。好みでソースを掛けてもいいけれど、自分はそのままガブリと。レタスのシャキシャキ感とトルティーヤ部分の柔らかがいい感じ。ビールも飲み干すことが出来た。

ほろ酔い気分で、気分良く帰宅。でも、バーだから一人じゃなくて複数人で行ったほうが楽しいんだろうなぁ。おつまみも充実しているみたいで、食べたいのあったし・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

Goro's Hawaiian Burger

今日は会社のフロア内引越しのため、18時に事務所から強制退去命令が出ていた。サクっと引越しを終えて、Goro's Dinerへ向かう。

頼んだのは、ガンボスープ(500円)とハワイアンバーガー(1,250円)。

Gorosdinerhawaiianchees

 

バーガー袋に隠れているけれど、ちゃんと付け合せのフレンチフライが付いてきてます。

Gorosdinerhawaiianchee2

横からの一枚。(Powershot G9での撮影に慣れていないので、試行錯誤中です)

いつも通りの焼き目カリっ、中身フワフワのバンズをかみ締めると何故か安心する。軽くグリルされているパイナップルは甘くて、スモーキーなBBQソースとの相性はバッチシ。疲れた体にはやっぱりBBQソースが効く。

次はスパムバーガーかなぁ・・・。スパムってあまり得意な食べ物じゃないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

完全アウェー

セ・リーグでは熾烈な首位争いが繰り広げられているため、今日の定時後はチケット屋でチケットを購入して、東京ドームへ直行。殆どチケットは売り切れていて、レフトスタンドのチケットと三塁側内野席しか残っていなかった。財布の中身と相談して、外野席のチケットを購入。

まぁレフトスタンドと言っても、読売ファンも居るだろう、と席に行ってみると・・・。

Tokyodome2

なんですか、この状況は・・・周りは95%中日ファン。ユニフォームの着用率が高すぎ!一番の井端の打席から大盛り上がり。しかも、1回表の攻撃から中日打線が爆発したこともあって、全身から嫌な汗がタラタラと・・・。水分補給と、周りからのストレスに対処するために、ビールを一気に飲んでほろ酔い気分で観戦。ここで読売の応援をしたら命が無いな、ってことで、大人しく観戦。

試合は2回まで完璧に抑えられるも、3回から小刻みに得点していって、6回には脇谷の奇跡の2ランも飛び出して、読売の大逆転勝利。上原が投げる頃には、先発が誰だか忘れてしまっているような、展開が読めない試合でした。ああ、ライトスタンドの近くだったら楽しかったんだろうなぁ・・・。

Tokyodome1

席から、Canon Powershot G9で撮影。(オート)

Tokyodome3

6倍ズームを使用したところ。打席には谷。

Tokyodome4

試合終了後のスコアボード。

試合内容も痺れるけれど、相手チームの応援席での観戦は精神衛生上良くないです。もう二度とゴメンだ・・・。これで負けていたら、明日が辛かっただろうなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

メキシコ6日目

メキシコ滞在も今日で終わり。ただ、飛行機が23:45発なので、昼間は自由に時間を使えるのが嬉しい。今まではアメリカ経由の便だったので、朝の7時にメキシコシティ発だったのに比べれば、かなりラク。

Mexico2007602

お手伝いさんが作ってくれたトスターダ。これがなかなか美味しいんだよなぁ。

Mexico2007603

時間があったので、家の付近を散歩してみる。写真は目的地のジュース屋。お目当てのマンゴージュースは35ペソ。日本円に換算してみると、日本のデパ地下のジュース屋とあまり変わらない?そういえば、メキシコシティの物価が最近上昇しているみたいだし・・・。

街中をみていると、マクドナルドより圧倒的にバーガーキングが多いことに気づく。他のバーガー系チェーンはたまーにウェンディーズとカールズジュニアを見かけるくらい。バーガーキングの前を通りかかると、美味しそうなバーガーの写真に引き寄せられてしまう。どうやら今は二種類の期間限定バーガーを提供しているらしい。一つはキノコを使ったバーガーで、もう一つはワカモレとハラペーニョを使ったハンバーガー。スペイン語を全く喋れないけれど、いざ店内へGo!2時頃だったので、ピークらしくかなり長い列が出来ている。

さて、オーダーしてみるけれど、やはりテキトーなスペイン語っぽい発音では通じなかった・・・。なんとか後ろのメニューを指差して、オーダー。受け取りは番号呼び出し制なので、スペイン語の3桁の数字の数え方を知らない自分はかなり苦労するけれど、なんとか品物を受け取る。アメリカと同じく紙コップを渡されるので、ドリンクバーでコーラを入れてから家に持って帰る。

Mexico2007605

これがメキシコのバーガーキングの紙袋。良く見ると、いろいろな言語でスローガンである「Have it Your Way」と書かれているみたい・・・でも、日本語が無いぞ?

紙袋からバーガーを取り出してみると・・・普通のワッパーじゃん・・・食べたかったのはワカモレとハラペーニョのハンバーガーだったのに・・・。自分のコミュニケーション能力の低さに呆れてしまう。仕方ないのでワッパーを食べる。これは、普通にワッパーでした。そう言えば、日本のバーガーキングが出来るときに、「テリヤキワッパーがBK本社が認めた初のローカライズ商品」とか言っていたような気がするけれど、僕が見たメキシコの期間限定バーガーは一体どういう扱いなんだろう?公式HPにも載っていないみたいだし。

気を取り直して、夜は前回も行ったことのあるタコス屋へ。タコスに始まり、タコスで終わる旅です。

Mexico2007607

店内の様子。

Mexico2007609

キッチンの様子。

Mexico2007610

ビール一杯目。
Mexico2007611

このトマトとオニオンをふんだんに使ったサルサが美味しいんだよなぁ。

Mexico2007612

定番のタコス。

Mexico2007613

トルティーヤ。

Mexico2007614

チキンとグリーンペッパーの炒め物。

Mexico2007615

チョリソを崩したもの。

Mexico2007616

チキンとオニオン。これもトルティーヤに巻いて食べた。

Mexico2007618

ビール二杯目。

Mexico2007620

店内に掲げてあるメキシコの旗。

Mexico2007625

この炙り焼きが美味しいんだよなあ。

Mexico2007627

外からの様子。

Mexico2007630

一旦家に戻ってちょっと休んだ後、飛行場へ。渋滞に捕まったけれど、フライトの2時間前にチェックイン完了。深夜のフライトなのに、飛行場はかなり混雑している。どうやら、南米行きのフライトは時差の関係上深夜帯に集中しているらしい。メキシコシティから3時間掛けてティファナに到着。メキシコシティから直接海外に出るときは入国時にスタンプを押されるカードを返却するだけだけれど、何故かティファナ経由の場合は新たに出国印が押してあるスタンプをパスポートに押される。

Img_0216

午前3時出発を示すボード。ティファナとメキシコシティは2時間時差があるので、メキシコシティ時間では午前5時出発・・・。眠いけれど、眠るわけにはいかない。夜だから当たり前だけれど、寒い。機内には毛布があるけれど、暖房も無い夜中の飛行場で半袖一枚は辛かった。

結局、成田に到着したのは日本時間朝の7:15。成田からは成田エキスプレス2号(成田始発)に乗って、帰宅。1週間ぶりの日本は蒸し暑かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

メキシコ5日目

今日は久日ぶりのゴルフ・・・の筈が、連日降っている雨のせいで芝のコンディションが悪いらしく、コースが閉鎖されていた・・・。どうも、芝の状態が回復するまでに一週間掛かるらしく、今回のゴルフは断念。念のために他のゴルフ場にも電話したけれど、どこも同じ状態らしい。

Mexico2007501

こんなに綺麗なのに・・・。

Mexico2007507

仕方ないので、クラブハウスでランチ代わりのシリアルを食べる。

Mexico2007510

一番ホール。芝の上を歩くと、スポンジのように水が噴き出てくる。確かに、こんな状態だったら芝を痛めるからダメだろうなぁ・・・。仕方なく、引き返す。途中、地元のスーパーに立ち寄ってお土産の品を物色する。

夜は、スペイン料理系のレストランLos Canarios De Masarikへ。入り口付近がバーになっていて、奥にはテーブル席がずらり。ちょうど、サッカーの親善試合(メキシコ対ブラジル)が放送されている。

Mexico2007523

Mexico2007524

ウェイターはサッカーの試合が気になっている?

Mexico2007525

アペタイザーのトスターダ。

Mexico2007526

ローストダックのタコス。

Mexico2007527

タコライス。

Mexico2007530

メキシコ独立記念日付近によく食べるという、Chile en Nogada。白いクリームの下にはピーマンのように大きい唐辛子の中にひき肉が詰まっている。白いソースがちょっと甘くて、不思議な味わい。

Mexico2007531

アッサリとしたヒレ肉のステーキ。まぁこれは見た目通りの味わい。

Mexico2007532

メキシコの独特のモレを使ったチキン料理。プエブラで食べたモレに比べるとちょっとドロっとした感じ。カカオから作られるので、口当たりはちょっと甘いけれど、一緒に煮込んであるスパイス類がジワジワとその辛さを発揮してくる。

Mexico2007533

ラズベリーを使ったタルト。

Mexico2007536

入り口のエレベーターから。

Mexico2007540

Mexico2007542

明日はついに最終日です・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

メキシコ4日目

今日は車でプエブラとチョルーラへの一日観光。メキシコシティの高速道路が大渋滞でシティから抜け出すのに時間が掛かるも、一旦抜けてしまえば綺麗な風景が広がる。

Mexico41

2時間くらいでプレブラに到着。

Mexico42

町の広場。平日なので、人は少なめ。

Mexico43

中心部。やはりプエブラも街中に緑と赤の飾りだらけ。愛国心が強い。

Mexico44

プエブラの大聖堂。

Mexico45

プエブラ名物の大きな大きなパイプオルガン。

Mexico46

Mexico47

徒歩でサントドミンゴ教会へ歩いていく。メキシコシティに比べるとのんびりとした街。

Mexico48

サントドミンゴ教会のロザリオ礼拝堂。金銀が贅沢に使われている礼拝堂は一見の価値あり。

Mexico49

礼拝堂の入り口から。圧倒される。

Mexico410

アキレス・セルダン邸。ここからメキシコ革命が始まったということで、現在は革命記念館として存続している。当時の銃撃戦の跡が今もそのまま残っている。

Mexico411

奥に見えるのが砂糖菓子の家。

Mexico412

タラベラ焼きのお店。ここで記念にタラベラ焼きのタイルを購入。

Mexico413

昼食を摂った後はチョルーラへ移動。遺跡の地下道を抜けて、街を一望できるところからの写真。気をつけないと天井に頭をぶつけてしまいそうなくらい、地下道は小さかった。

Mexico414

丘の上の教会。丘といっても、下には遺跡が眠っているのだけれど。標高が高く空気が薄いので、普通ならなんてことない階段でも結構苦しくなる。

Mexico415

教会から見える街の反対側。

Mexico416

さっきの教会がある遺跡跡。さっきの大きな教会があんなに小さく見える・・・そして、露出している遺跡の一部。あまりにも遺跡が大きすぎたので、上の部分しか破壊できなかったらしい。

Mexico417

天気はよかったのに、帰りにはまた大雨。向かった先はアルゼンチン料理店。

Mexico418

メキシコシティ内にあるEl Aasdo Argentino。Asadoとは、丸焼肉のこと。

Mexico419

Mexico420

店内の様子。お目当ては看板メニューである、このお店特製の焼肉。

Mexico421

3時間かけてゆっくりと焼き上げた骨付き肉。大きな肉の塊が運ばれてきて、店員さんが切り分けてくれる。

Mexico422

ゆっくりと焼きあがっているだけあって、表面はクリスピーで内部は肉汁は少ないけれど、とても柔らか。味付けは薄味で肉の味わいをじっくりと楽しむことができる。一応テーブルには塩コショウが置いてあるけれど、追加の味付けをする必要がないくらい美味しいお肉。

Mexico423

最後に、マンゴーをワインとバターで煮たデザートを頼む。最初に熱したバターの中にマンゴーを投入して、ワインで煮込んでいく。隠し味はコーヒー。目の前で店員さんがじっくりと煮込んでくれる。味わいはリンゴのような濃密な味わい。マンゴーのフレッシュさは煮込みによって消えているけれど、マンゴーの繊維質を楽しむことができる。

メキシコシティの繁華街からはちょっと離れているため、隠れ家的なお店。値段も、以前行ったことのあるアルゼンチン料理に比べて、リーズナブル。オススメです。

それにしても、長い一日だった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

メキシコ3日目

今日の午前中は家に篭りっきりでのんびりと。家にあるリクライニングチェアが秀逸で、それに座っているとウトウト眠くなってしまう。

夜になって、父親が会社から帰ってきた後に向かったのは、ホテル・インターコンチネンタル(InterContinental PRESIDENTE MEXICO CITY)内にあるAa Pied de Cochon。日本語に訳すと「豚の足」というお店。メキシコにいるのにフレンチ料理なのは気にしないでおこう・・・。

Mexico31

場所は、インターコンチネンタルの入り口のすぐ近く。可愛いブタのマークが目印。

Mexico32

Mexico33

店内の様子。メキシコでは夕食を摂る時間が20時以降なので、入った時間には店内はガラガラ。だけれど、時間が経つにつれて、徐々に席が埋まっていった。ホテルがホテルなだけに、メニューも英語対応になっていて、一安心。二品をオーダー。

Mexico34

軽く両面を焼いたマグロのサラダ。サラダに隠れているけれど、マグロのステーキは合計二枚。マグロと野菜を周りのバルサミコを使ったドレッシングと一緒に食べる。ソースの混ざり具合で味の変化するサラダで、ちょっと酸っぱくなったり甘くなったり味の変化を楽しむことができる。

Mexico35

このお店の名前にも使われている、ブタの足を使った一品。Pata de Cerdo Rellena "Perigourdine" yPolenta de Legumbres。付け合せには温野菜。脂の乗っていてとても柔らかくコクがある豚肉をフォアグラとトリュフで作ったペリゴール風ソースで味わう。とてもコッテリしていそうだけれど、意外にアッサリと食べられてしまう、この美味しさ。メキシコでこんな美味しいものを食べられるなんて。温野菜のポテトにはベーコンが巻きつけられているので、ポテト自身にベーコンのスモーキーな味わいが染み込んでいる。

Mexico36

これがデザートメニューの一部。どれも美味しそうなので迷うも、結局上から6つ目のラズベリーミルフィーユを頼む。

Mexico37

お皿の下半分ではバニラソースとラズベリーソースが敷かれている。オシャレな感じの水あめのトッピングのしたには、ミルフィーユとラズベリーのソルベが。

Mexico38

ふんだんに使われているラズベリーと、それと一体となっているクリーム。これを食後のカプチーノと一緒に食べて、気分はもう最高!

Mexico39

何故かメキシコではカプチーノを頼むと大体透明のカップに注がれていて、フォーム/エスプレッソ/ミルクの三層が綺麗に分かれているのを見ることが出来るけれど、このお店では普通のカップにて登場。

さて、明日はプエブラへの小旅行です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

メキシコ2日目

今日はバスツアーでメキシコシティ市内を観光。以前来たときは時間的制約や封鎖されていたりしていて行けなかったソカロ広場まで行ってみる。

Mexico21

ニッコウホテル付近のAuditorio Nacional。ここで例のミス・ユニバース大会が行われた所です。警察が警備をしているけれど暑かったのか、売店のアイスクリームを食べながらウロウロしていたのにはちょっと笑った。

Mexico22
そびえ立つホテル群。ニッコーホテルは、もちろん日航グループのホテルだけれど、他のホテルと違い、日本人客に頼った経営でないため常に安定した経営の模様。手首にチケットを巻いてもらって、いざ出発!イヤホンスピーカーが渡されて、席の前に差し込むことによって解説を聞くことができる。日本語にも一応対応している。

Mexico23

Monumento A La Independencia(独立記念碑)。

Mexico24

Palacio De Bellas Artes。段々と、天気が悪くなってきている・・・。

Mexico25

ソカロ広場に到着。写真はPalacio Nacional、国立宮殿。メキシコの独立記念日(9月16日)が近いため、街中装飾が派手になっている。独立記念日には大統領が中央の窓から頭上の鐘を鳴らすらしい。今は掃除中?

Mexico26

ソカロのCatedral(大聖堂)の様子。日曜日なので、人で溢れかえっている。とりあえず、ソカロ広場停留所で下車。お腹がすいたので、近くのレストランに入る。

Mexico27

Cafe de Tacuba。昔の修道院を改装たような雰囲気のお店。

Mexico28

天井が高く、窓が無いのにどこか開放的な店内。まだお昼にはちょっと早い時間なのに、店内は満席。今回オーダーしたのはケイセディーヤとポークのBBQ焼き。さて、どんなのが出てくるか・・・。

Mexico29

メキシコ本場のケイセディーヤとワカモレ。ちゃんとトウモロコシの香ばしい匂いが漂ってくる。ナイフとフォークで切り分けると、中からはトロリとしたチーズ(オアハカチーズ?)が顔を出す。これを、備え付けられているサルサやワカモレと交互に付けて食べるとチーズのコクやトウモロコシの甘さを味わえる。

Mexico210

ポークを切り開いて、BBQソースで味付けされたもの。見た目とは裏腹に、味付けは濃くなく、アッサリ風味。トルティーヤに巻いて一気に食べてしまう。シンプルな味付けだけれど、独特のメキシカン風味を味わうことができた。食後のカプチーノを飲んでいると、マリアッチのおじさん一行が登場。チップを渡すと、日本人だということを確認した後、「川の流れのように」を歌い始めた。1番はスペイン語で、2番は日本語で。しかしまぁ、現地では日本の曲=川の流れのように、という図式が出来上がっているんだろうか・・・去年のグワナファトでも歌ってくれたし。

Mexico211

入り口付近から一枚。

Mexico212

お店のロゴ。

Mexico213

どうやら、お昼を食べている最中に大雨が降ったみたいで、道路は全面的に濡れていて、非難していたと思われる路上店の人たちがまた品物を並べなおしていた。

Mexico214

写真はソカロ広場。独立記念日が近いので、ここでも当然のように派手な装飾がされている。

Mexico215

ソカロ広場の大聖堂の裏側からの一枚。大聖堂の下には遺跡が埋まっているという定説はここでも通用して、今現在も遺跡の発掘作業が行われている。すぐ近くに博物館がある(Museo Del Templo Mayor)。現在、上野で開催されているインカ・マヤ・アステカ展に貸し出されている展示品も多く、空の展示も多かった。少し広場を歩いた後、バス乗り場に向かう。

Mexico216

バスから撮影したメキシコ市街の風景。

Mexico217

Museo Franz Mayer

Mexico218

Mexico219

Monumento A La Revolucion。

Mexico220

Glorieta La Diana

Mexico221

チャプルテペックに戻ってきました。

Mexico222

これが観光バス。雨が降り出してきたので、近くのニッコーホテルに逃げ込む。

Mexico223

やはり、緑と赤で派手なホテル内のカフェ。結局、今日はホテル内のエル・ハルディンでご飯。

Mexico224

頼んだのはチーズバーガー。味のほうは・・・普通かな。ミディアムレアのパティにチーズがたっぷりと。もう少しアクセントのある味わいだったほうが良かったかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

メキシコ1日目

今日からメキシコシティへ。今まではユナイテッドでアメリカ経由でメキシコシティに行っていたけれど、昨年の11月から就航されたティファナ経由のアエロメヒコ航空で行くことに。銀色に光る機体が綺麗。

Mexico1

成田は快晴。機体はBOEING777-200ER。出発が若干遅れたけれど、飛び立った後は成田から10時間強でティファナに到着。機内食は・・・まぁノースウェストレベル、普通かな。かなり小規模の国際空港。簡単な入国審査を済ませた後、再搭乗して、メキシコシティに向かう。ティファナからメキシコシティまでは3時間弱。

Mexico2

Tijuanaの文字が見える。手前はローカル線。

Mexico3

機内からの景色。周りは何も無い・・・。

メキシコシティに到着後は、預けた荷物を回収して出口へ。珍しく、荷物の番号を照合された。LAとかSFOでは全くされたことがなかったのに。車で家まで行った後、ちょっと休んだ後に近くのローカルなタコスを食べに行く。

Mexico5

炭火の煙が立ち込めるお店。現地時間の6時頃に入店したけれど、ガラガラ。メキシコはお昼が長いため、8時以降にならないと混みださないらしい。メニューを見ても意味が分からない(スペイン語が読めない)ので、お任せで。

Mexico4

チキンコンソメスープ。それにアボカド、オニオン、そしてシラントロをお好みでトッピング。アッサリとしたスープで何杯でもイケそうな感じ。

Mexico6

初タコス。味付がされた豚肉に、豚肉と一緒にグリルされたパイナップルが乗っかっている。このまま食べても美味しいんだけれど、サルサを掛ける。

Mexico7

サルサを掛けるとこんな感じに。スパイシーなサルサソースが味を締めている。バーベキューの味わいとパイナップルの甘み、そしてサルサソースの味わいが一体になったときの感動っていったら、もう!これを食べてメキシコに来たことを舌で実感した。

Mexico8

サルサとワカモリを一緒に。流石アボカドの産地、アボカドが甘くてクリーミー。

Mexico9

味付き鶏肉にオニオンとシラントロをトッピング。サッパリとした味付けのトッピングにすると、下地のトウモロコシのトルティーヤの味わいが引き立って美味しい。

Mexico10

同じ具材に、違うトッピングで味の変化を付ける。

Mexico11

 

グリルされた牛肉。肉自体には味付けが薄いので、ワカモレソースを掛けて肉の味わいを味わう、

Mexico12

最後に、チーズでコッテリと。

Mexico13

先端の膨らんだ部分をカジって、中身の甘い部分だけを食べる。タマネギの層によって自然に蒸し焼きになっていて、柔らかく、タマネギの甘みが引き出されている。

Mexico14

今回飲んだビール。とてもライトな飲み心地で、グイグイ飲むことができる。日本でも有名なコロナと同じ会社、Groupo Modeloのビール。

Mexico15

最後に、ラズベリーソースがトッピングされたチーズケーキ。メキシコに来ると、ベリー系のデザートが豊富で、どれを選ぶか迷ってしまう。

・・・それにしても、一日目から沢山食べたなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

伊勢廣

久しぶりの銀座ランチの写真です。(ランチ自体は食べているけれど、お店選びがマンネリ化して、写真を撮っていませんでした)

撮影に使用したのは、昨日購入したIXY Digital 910IS。今日食べたのは、伊勢廣の焼き鳥丼3本、1,100円。

Isehiro

Isehiro2

さて、明日から一週間留守にします。PCは持っていくので、現地で更新できる環境が整ったら更新します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

Canon IXY Digital 910IS

今日は台風接近のため、「早く帰れ」指令が出たのをいいことに、かなり早めのアガリ。今日の夜やる予定だった仕事が明日にキャリーオーバーしただけだから、素直には喜べないけれど。明日は長くなりそうだ。

帰る途中に、ヨドバシカメラに寄ってデジカメを物色。数日前から色々カタログを調べていたりしていたけれど、今回は屈曲型レンズではないモデルにすることを決める。あとは、現在使っているCybershot T30が3型の液晶を使っていて、今更2.5型以下に戻るのは苦しいので、3型液晶搭載も条件に。そうすると、意外と機種は絞られてくるんだよね。

途中、CanonのPowershot A650ISにググっと引き寄せられたけれど、広角28mmでないことと、やはり本体が大きいということでパス。ポケットにすんなりと入らないと、ちょっと苦しいので。最終的にはパナソニックとキヤノンに絞られた。結局、心地よいレスポンスのCanon IXY Digital 910ISに決定。なんか、某社のケータイみたいな型番だけれど、気にしないでおこう。これで、Readyboost用に使おうとして放置されていた4GBのSDHCカードが使える。

Ixy
(撮影はCybershot T30)

今までずっと使っていたCybershotとは設定・操作が全然違うので、慣れるまでちょっと時間が掛かりそう。土曜日からのメキシコ旅行では、今回買ったIXY910ISとCybershot T30の二刀流で色々試してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »