« The Works | トップページ | FUNGO Bacon Cheeseburger »

2007年8月16日 (木)

C4U 150g Bacon Cheeseburger

今日は前から行きたかった竹芝にあるホテルインターコンチネンタル東京ベイのC4Uへ。ゆりかもめの竹芝駅から道案内に従って歩いていく。三階の綺麗なポスターが目印。夜にハンバーガーが無かったらどうしよう、とちょっと不安になったけれど受付カウンターに大きなハンバーガー専用メニューを見て一安心。とりあえず先にブルックリンラガーを頼んで、どのハンバーガーを頼むか作戦を練ってみる。

このお店の特徴は100%の淡路和牛を使ったパティ。お好みに応じて100グラムから500グラム(!)の大きさから選べる。パティの大きさを決めたら、四種類のバンス+ベーゲルからお好みのバンズを決める。付け合せのポテトも四種類の調理方法から選べる。最後に、ハンバーガーのトッピングを選ぶことが出来る。

結局自分は150グラムのパティをグラハムブレッドで。ポテトの種類はマッシュポテト。トッピングはチーズとベーコンを足して、ベーコンチーズバーガーに(2,350円)。少し待っていると、ハンバーガー登場。

C4ubaconcheeseburger

ハンバーガーはクラウンが外された状態で登場。野菜類はオニオン、レタス、トマト。ハンバーガーとは別にコールスローが付いてくる。

C4ubaconcheeseburger2

肉肉しい部分を接写。ピッタリと肉に絡み付いているチーズに、いい感じで脂が乗っているベーコン。

C4ubaconcheeseburger3

野菜類を肉類の上に乗せて、完成。グラハムブレッドは思ったよりもフカフカの感触。このお店ではバーガー袋が提供されないので、もしかするとナイフとフォークで上品に食べろ、暗に言われているのかもしれないけれど、構うことなく両手で押さえていざ勝負!

一見バランスの悪いそうな高さのあるハンバーガーだけれど、フカフカのバンズの中での収まり具合はなかなか良い。淡路和牛100%のパティはミディアムレア状態で焼かれている。ポタポタとちょっと赤い肉汁が白いお皿の上に落ちていく。味付けは全体的に薄めで、肉と肉汁の繊細な味わいを楽しむことが出来る。オニオンは生でピリっとしたちょっと刺激的な味わい。お皿の上に落ちた肉汁は、グレイビー代わりにマッシュポテトと絡めて食べると、肉の味わいを残すことなく味わえる。最初は何も考えないでマッシュポテトを選んだけれど、肉汁と絡めて食べるのは個人的にかなりのヒット。150グラムのハンバーガーだったけれど、重さを感じることなくペロっと完食。

ハンバーガーを食べた後は、珍しくカプチーノとデザートを。フレッシュストロベリーバニラアイス添えベリーソースをオーダー。英語表記のメニューを日本語訳すると味気なくなる気がするけれど、気にしないでおこう。同時に頼んだカプチーノはフォームの部分とコーヒーの部分の比率がカフェラテっぽいような気が・・・。

C4u

帰るときに店員さんに500グラムのハンバーガーはどうなっているのか聞いてみたら、パティは複数枚重ねではなくて、大きな一枚のパティで提供されるとのこと。ただし、その分ハンバーガーの直径は大きくなる模様。しかし、500グラムって・・・やっぱり、複数人で切り分けてシェアして食べるものなのかな。

|

« The Works | トップページ | FUNGO Bacon Cheeseburger »

02. チーズ系ハンバーガー」カテゴリの記事

03. ベーコン系ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/16141529

この記事へのトラックバック一覧です: C4U 150g Bacon Cheeseburger:

« The Works | トップページ | FUNGO Bacon Cheeseburger »