« 自作バーガー3 | トップページ | ベーコンチーズバーガー@六本木 »

2007年6月19日 (火)

四川風オレンジチキン・レタス・ラップ

先週CPKのサラダを全部制覇したので、今日はアペタイザーの方に目を向けてみる。アペタイザーだけでも結構な種類があるけれど、ネーミングでグッと来たのはSzechuan Orange Chicken Lettuce Wraps。オレンジソースで炒め上げた具材をレタスに包んで食べるものらしい。+200円でシュリンプも追加できるみたいなので、追加してみる(1,680円)。オーダするときに、「量は充分ありますよね?」って聞いてみたら「充分ありますよ」とのことだったので、安心してアペタイザーだけをオーダー。

度肝を抜かれた。

Szechuan_orange_chicken_lettuce_wrapsshr

山盛りになった炒め物。サラダ一人前の量もかなり多いCPK。店員さんが笑顔で「充分ありますよ」と言った瞬間に半端ない量が来ることを予想しておけばよかった。

Szechuan_orange_chicken_lettuce_wrapsshr_1

メニューによると、椎茸・クワイ・青ネギがチキンとシュリンプと一緒に炒めてあるらしい。アメリカの四川料理店を思い出す柑橘系の甘い匂いのソースが食欲を一気に増進させる。

Szechuan_orange_chicken_lettuce_wrapsshr_2
ほぼレタス丸々一個運ばれてくる。ちゃんと一葉一葉分かれているけれど・・・それにしても量が多すぎ。これで1,680円はかなりお手ごろな値段のような気もするけれど、一人で全部食べるのにはちょっと無理がある・・・ってか、アペタイザーじゃない。充分メインディッシュです。

気合を入れて食べ始める。レタスは一葉そのまま使うとちょっと包みにくいので一葉を二つに分けて食べる。スプーンで炒め物をすくってレタスの中に入れて、添えられた揚げ春雨とオレンジソースを少し加えてグルグル巻いて食べる。うん、日本の四川料理店ではまず食べることのできない、甘いソースが特徴的なアメリカ式四川料理の味わい。「こんなものは四川料理じゃない!」という人もいるだろうけれど、自分にとってはとても懐かしい味わい。そういえば、自分の一番好きだった料理は「Beef with Orange Peel」だったっけ。辛さが足りないのでソレとは違うけれど、充分に懐かしい味わい。こういう味わいの中華(?)、久しぶりに食べたなぁ。

気合を入れてガンガン食べたら、かなり危なかったけれどなんとか完食。手づかみで食べるので、途中店員さんがお手拭を複数もって来てくれたのは嬉しかった。前にも書いたけれど、やはり日本でも一人ランチ用にハーフポーションを用意すべきだと思う。かなり美味しいだけに、量の多さで逆にちょっと損をしているような気がする。いろいろな魅惑的なメニューを試すことができないから。

|

« 自作バーガー3 | トップページ | ベーコンチーズバーガー@六本木 »

10. California Pizza Kitchen」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/15494295

この記事へのトラックバック一覧です: 四川風オレンジチキン・レタス・ラップ:

« 自作バーガー3 | トップページ | ベーコンチーズバーガー@六本木 »