« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

自作ハンバーガー5

週末はいつの間にか食べに行くのではなくて、自分がハンバーガーを作っている生活に。今週はハラペーニョを使ったハンバーガーに挑戦。

200706082

今回の特別素材はこちら。メキシコからお土産として持ってきてもらったハラペーニョ。これをベーコンチーズバーガーの上に乗せてハラペーニョベーコンチーズバーガーを作ってみる。

作り方は、いつもと同じなので、割愛。で、出来上がったのがコチラ。

200706083

チーズの色が左右で若干違うのは、二種類のチェダーチーズを使っているから。上に乗っかっているのが缶詰からそのまま取り出したハラペーニョ。これをギュッと纏めて食べると、ハラペーニョの心地よいけれど強い辛さが口の中に広がる。とてもクセになる味わいで、ハンバーガーだけじゃなくて普通のサンドウィッチに一枚ハラペーニョのスライスを挟むだけでも美味しいだろうなぁ。

ハンバーガー店で使われている紙袋ってどこに売っているんだろう・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

Thai Chicken

今日のお昼はまたCPKへ。ピザ屋に行っているのにピザを食べないという妙な現象が続いているので、今日は久しぶりにピザを頼むことに。オススメマークの付いているThai Chickenピザを頼むことに(1,580円)。いつもサラダを頼んでいるので、待ち時間はちょっと長め。

200706078

トッピングはチキン、青ネギ、モヤシ、ニンジン、ローストピーナッツ、シラントロ。お好みでホットソースを掛けて食べる。それにしても、ピザのトッピングとしては珍しいものばかりがトッピングされているなぁ。

200706079

CPK名物のBBQ Chickenに比べると、ガツンとした味のインパクトは無い。ピーナッツ・ジンジャー・セサミソースは名前から想像できるように、若干甘めの味わい。ローストピーナッツの香ばしい味わいがアクセントとなっている。先日食べたレタスラップの量が半端なかったせいか、今日のピザは割とすんなりと完食。さて、次回はクリスピータイプのピザに挑戦してみようかな。

夜は東京ミッドタウンへ。父親が日本に帰国しているので、奢ってもらえることに。本当は行きたいお店があったけれど、予約で満席だったので、泣く泣く諦める。そのお店は後日リベンジするとして、向かったのはUnion Square Tokyo。ニューヨークにある本店Union Square CafeはあのZagat Surveyで常に上位をキープしているかなりの人気店。ここも満席だったけれど、入り口のバーカウンターで軽く飲みながら、席が空くのを待つ。席に案内された後はシーザーサラダとスモークステーキをオーダー。いやぁ、参りました。美味しいです。肉は勿論のこと、付け合せのマッシュポテトのきめ細かさとほのかな甘さに感動。

どうやら、昼間はこのお店でもハンバーガーを提供している模様。近いうちに行くしかない!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

自作ハンバーガー4

先週末から弟が一時帰国してきた。話の流れで自作ハンバーガーの話になって、食べてみたい、ということだったので今週末も作ってみることに。今週新たに調達した材料は下記のとおり。

Photo_2

スーパーに「ハンバーガーバンズ」が売っていたので、それを購入。ただ、初回に使ったよもぎパンの方が形と大きさ的にはハンバーガーっぽかったなぁ。今回の変更点は三種類の肉を使うことと、ホワイトチェダーチーズを使うこと。前回まで使っていたレッドチェダーと合わせて、ダブルチーズ仕様に改良。

普通のひき肉に加えて、カレー用の脂身が多い肩ばら肉のブロックと切り落としの肉を合わせてみる。今回は牛脂は使用せず。肩ばら肉そのものにかなりの脂が乗っているので、ちょうどいいかも。

2_1

手前が切り落とし肉を刻んだもの、左上がばら肉、右上がひき肉。

今までと同じように、ほかの具材を用意して、ハンバーガーを作っていく。前回の教訓を受けて、塩コショウの味付けは濃い目に。

4

こちらが出来上がったハンバーガー(弟撮影)。食べてもらったら、好評だったので少しずつ美味しくなってきたのかなぁ?あとで自分も食べてみたけれど、やはりバンズが違う。美味しいハンバーガーには美味しいバンズが不可欠。まぁ、これが専門店の美味しさと素人作の味の違いなんだろう。

調達が難しいのなら、自分で焼くしかないのかなぁ。でも、どうやって?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

Stone Burg@ラゾーナ

いつも行列が出来ていて、賑わっているラゾーナ内のStone Burg。最近のCPKのペースが速すぎていることもあって、今日は試しにStone Burgへ行ってみる。ハンバーグのお店、ってことでちょっと期待したけれど、ハンバーガーは無いらしい。

ハンバーグは一番小さいサイズで180グラム。それにセットでパン、サラダ、スープをつけることが出来る。注文後、「トッピングはいかがですか」とテーブルの上のトッピングリストを見たら、オニオンリングがあったので、それとチーズをトッピング。ソースリストにBBQソースがあれば完璧だったけれど、さすがにBBQソースは置いていなかったので、普通にデミグラスソースを選択。全部で1,530円。

Stone_burg1

アツアツの鉄板の上に乗っかって、ハンバーグが登場。店員さんから、オージービーフ100%のハンバーグであることが伝えられる。レア状態で運ばれてくるので、店員さんがまず半分に切った後、好みの焼き加減になったところで食べるのがこのお店の流儀らしい。

Stone_burg2

ホームページで紹介されているように、とてもフワフワとしたハンバーグ。ある程度焼かないと、崩れてしまう位、柔らか。軽くデミグラスソースを振りかけてから頂く。ハンバーグ+デミグラスソース+チーズの複合した味わいは至福の味わい。オニオンリングはケチャップで食べる。

締めは、残しておいたセットのサラダでサッパリと。メニューをよく見たら、和風セットではサラダがついて来ない模様。ガッツリ肉類を食べた後はサラダが欲しくなると思うんだけれど。

行列が出来ているので、食べ終わった後はサッサと退店。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

ベーコンチーズバーガー@六本木

今日は会社が午後休みだったので、六本木のThe Hamburger Innへ。お店に張り出された求人募集を見ると、少なくとも2店舗これから早急に出店するらしい。店舗ごとに限定のハンバーガーを出したりするのかな?

さて、今日頼んだのはベーコンチーズバーガー(1,000円)。よく考えると、前回食べたハンバーガーからBBQソースを抜いただけなのだけれど、ある意味ベーコンチーズバーガーがハンバーガーの基本だと思うので。チリバーガーもかなり気になったけれど、ソース類を使っていないハンバーガーが食べたかったので、それはまた後日、ということで。

The_hamburger_inn_bacon_cheeseburger

中身がよく見える状態で登場。今回は、レタスが折り畳んであって、下のビーフパティの様子がよくわかる。

The_hamburger_inn_bacon_cheeseburger2

ハンバーガーのアップ。チーズの上にはケチャップが少々。バンズのクラウンの部分を乗せて、軽く圧縮する。前回みたいにオニオンリングなども乗せていないので、普通に食べやすい大きさ。

食べてみると、まずはベーコンのカリカリのエッジ部分によって、確かにこれはベーコンチーズバーガーだ、と認識することができる。かなり焼かれたベーコンだけれど、パティの中心部に乗っているベーコンにはジューシーさが残っている。生オニオンをはじめとする野菜類と肉類の味わいを直に感じることができる。バンズについては、どこか懐かしい食感と味わい。モッチリとしていない食感なので、どこかアメリカのレストランハンバーガーのような懐かしさを感じた。きっと、この懐かしさ感がこのお店の特色となっていくんだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

四川風オレンジチキン・レタス・ラップ

先週CPKのサラダを全部制覇したので、今日はアペタイザーの方に目を向けてみる。アペタイザーだけでも結構な種類があるけれど、ネーミングでグッと来たのはSzechuan Orange Chicken Lettuce Wraps。オレンジソースで炒め上げた具材をレタスに包んで食べるものらしい。+200円でシュリンプも追加できるみたいなので、追加してみる(1,680円)。オーダするときに、「量は充分ありますよね?」って聞いてみたら「充分ありますよ」とのことだったので、安心してアペタイザーだけをオーダー。

度肝を抜かれた。

Szechuan_orange_chicken_lettuce_wrapsshr

山盛りになった炒め物。サラダ一人前の量もかなり多いCPK。店員さんが笑顔で「充分ありますよ」と言った瞬間に半端ない量が来ることを予想しておけばよかった。

Szechuan_orange_chicken_lettuce_wrapsshr_1

メニューによると、椎茸・クワイ・青ネギがチキンとシュリンプと一緒に炒めてあるらしい。アメリカの四川料理店を思い出す柑橘系の甘い匂いのソースが食欲を一気に増進させる。

Szechuan_orange_chicken_lettuce_wrapsshr_2
ほぼレタス丸々一個運ばれてくる。ちゃんと一葉一葉分かれているけれど・・・それにしても量が多すぎ。これで1,680円はかなりお手ごろな値段のような気もするけれど、一人で全部食べるのにはちょっと無理がある・・・ってか、アペタイザーじゃない。充分メインディッシュです。

気合を入れて食べ始める。レタスは一葉そのまま使うとちょっと包みにくいので一葉を二つに分けて食べる。スプーンで炒め物をすくってレタスの中に入れて、添えられた揚げ春雨とオレンジソースを少し加えてグルグル巻いて食べる。うん、日本の四川料理店ではまず食べることのできない、甘いソースが特徴的なアメリカ式四川料理の味わい。「こんなものは四川料理じゃない!」という人もいるだろうけれど、自分にとってはとても懐かしい味わい。そういえば、自分の一番好きだった料理は「Beef with Orange Peel」だったっけ。辛さが足りないのでソレとは違うけれど、充分に懐かしい味わい。こういう味わいの中華(?)、久しぶりに食べたなぁ。

気合を入れてガンガン食べたら、かなり危なかったけれどなんとか完食。手づかみで食べるので、途中店員さんがお手拭を複数もって来てくれたのは嬉しかった。前にも書いたけれど、やはり日本でも一人ランチ用にハーフポーションを用意すべきだと思う。かなり美味しいだけに、量の多さで逆にちょっと損をしているような気がする。いろいろな魅惑的なメニューを試すことができないから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

自作バーガー3

先週ハンバーガーを作ってみて、作ることの難しさが分かったハンバーガー。難しいからこそ楽しいわけなので、今日も作ってみることに。今日はアボカドベーコンチーズバーガーを作ってみることに。食材は新宿の小田急ハルクで調達。全部で3,000円ほど。

200706056

やはり、バンズはちゃんとしたハンバーガー用のバンズが無かったので、市販のバターエッグロールを使用。どこかにハンバーガー用のバンズが売っていないものか・・・?

200706058

先週と違うのは、パティに使う肉を挽肉だけでなく、モモ肉のブロックを買って、それを包丁で細かく切ってから挽肉に混ぜて使うことに。

200706060

挽肉、先ほどのモモ肉を細かく切ったもの、そして牛脂を少々。これを先週と同じく軽く混ぜてた後に丸く整形する。肉のボリューム感を出すために、先週よりも大きめに整形。

200706061

こんな感じに整形。先週の反省を生かして、今日使わない分は一つ一つサランラップで包んで、冷蔵庫で保管しておく。

200706062

野菜類も切り分けて、仕込み完了。ただ、アボカドはすぐに色が変化してしまうようなので、乗せる直前まで切らないで置いておく。

200706063

先にバンズを軽く焼いた後、タルタルソースと野菜類を乗せて準備しておく。今回のトマトも美味しそうだ。

200706064

バターを敷いた後、フライパンでオニオンとパティを焼いていく。塩胡椒、カレー粉、オレガノ を振る。

200706065

片面が焼きあがったら、他のフライパンで焼いておいたベーコンとチェダーチーズを乗せて、蒸し焼きに。

200706066

フライパンがいい音を立てながら、チーズが徐々に溶けていく。

200706067

チーズがいい感じになったら、蒸し焼き終了。冷めないうちに、パパっとハンバーガーを完成させていく。

200706069

トマトの上にオニオン、パティの順番で乗せていく。(先週は逆の順序だった) そして、切っておいたアボカドを乗せて完了。うーん、美味しそう!

200706073

また、食べる直線に横からのショット。

食べてみると、アボカドの包み込むような味わいによって、かなり味が薄まってしまうので、もう少し塩胡椒を強めに振っておけばよかったとちょっと後悔。ベーコンが先週の寄りも塩気の強いものだったので、助けられたところはあるけれど。やはり、街の巨匠のレシピ通りに塩胡椒は強めに振っておいた方が美味しくなる。先週よりもパティ部分はゴロっとしたような食感になった。

ハンバーガーショップ巡りも楽しいけれど、ハンバーガー作りも同じくらい楽しい。ハンバーガー用のバンズを売っているお店どこかにないかなぁ?

そういえば、もう少しで通産100個目のハンバーガーを食べることになるなぁ・・・。100個目はどこにしようかな・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

Original Chopped

今日もラゾーナのCPKへ。ラゾーナのエスカレーターって場所によって稼動している向きが違うから、ちょっと戸惑う。上に行きたいのに、下方向に動いている方に歩く人をよく見かける(自分もその一人だったり)。なにか意図があってああいう設計なのかなぁ?

今日頼んだのは、Original Chopped(1,380円)。これで、CPKのサラダを全てコンプリート。

200706053

このサラダにはチキンではなくターキー、ベーコンではなくてサラミを使っている。細いモッツァレラチーズも添えられている。他のサラダと変わらず、ボリュームがかなりある。

200706055

特徴的なサラダがウリのCPKにとって、このサラダはごく普通のサラダ。特にクセもなく、サッパリとしたドレッシングで締められている。濃い味付けのピザの口直しとして、丁度いいサラダかも。

アメリカのCPKでは、日本にはない種類のサラダも提供しているみたいなので、早く日本にもメニューに追加してくれないかなぁ。さて、来週はどうしよう・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

The Hamburger Inn

天気も悪くて精神的な疲れがピークに達してきたので、今日も早めに退社。って、気づいたら7時には部の人間は自分ひとりだった。こういう日は堂々と帰ろう・・・。

向かった先は、六本木の最近復活したThe Hamburger Inn。公式ブログを見ると、昨日バーベキューバーガーが完成したらしい。もしかしたら、WBCに出会えるのではないかと思い、大雨という悪天候なのにも関わらず、いざ出陣。店の場所を完璧に暗記していなかったので、「通り過ぎたかな」とちょっと不安になるころにありました、The Hamburger Inn。

ざっとメニューをみると、一番東京バーガーが800円。これがこのお店の基本バーガーなのだろう。店員さんの話を伺うと、今日からチリバーガーも提供可能になったとのこと。恐る恐るバーベキューソースのことを聞いたら、「できますよ~」ってことだったので、ベーコンバーガーにチーズ+バーベキューソースをトッピング。トッピング類は100円と良心的な値段設定。それにオニオンリング(200円)とバドワイザーを頼んで、準備万端。

200706049

まずはオニオンリングから。自家製タルタルソースにつけて食べる。衣がいい感じにクリスピーで、WBCに適しているものだと言うことを確認。三つ残しておく。

200706050

丸いお皿に乗ったベーコンバーガー+チーズ+バーベキューソース。バンズよりも大きなレタスが特徴。レタスの上には生オニオンとトマト、ピクルスが乗っている。バンズのエッジ部分はカリカリになるように焼いてある。

200706051

一枚葉のレタスの下はこんな感じ。薄めのビーフパティの上にトロリとバーベキューソースが掛かっているのが分かる。バーベキューソースによってベーコンとチーズがちょっと隠れてしまっている。

200706052

トマトの上に先ほど残しておいたオニオンリングを乗せて、バンズを被せて一気に押しつぶす。オニオンリングの衣がカリカリっと砕ける音が心地良い。バーガーの中に敷き詰めてあったバーベキューソースも押し出されて、お皿の上は大変なことに。手づかみで、そのまま食べる。

甘くて若干スパイシーなBBQソースで疲れが吹き飛ぶような感覚に襲われる。砕けたものの、確かな食感を残しているオニオンリングも最高。疲れたときのバーベキューソース、コレが自分にとって一番の疲労回復方法かも。落ちたバーベキューソースはあとで周りのフレンチフライにつけて食べた。無駄なくペロリと全て食べてしまいました。

まだまだメニューも洗練されていくであろうお店。初回がWBCと勝手にアレンジしたハンバーガーを食べてしまったけれど、今度は普通のアボカドバーガーなど定番のメニューを頼んでみたい。近いうちにまた行きます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

王の帰還

6月8日に再上陸したバーガーキング。オープン時は大変な混雑だったようだけれど、流石に平日の夜は比較的空いているだろうと思って、いざ王と対面するために出陣。新宿駅西口から歩いて10分くらいで到着。平日とは言ってもオープンして一週間が経っていない状況には変わりなく、長い行列が出来ていた。最後尾には「待ち時間およそ1時間」の文字が。普通のハンバーガーなら馬鹿馬鹿しくて帰ってしまうけれど、今日はせっかく王と対面するためにココまで来たので、並ぶことに。

200706038

行列は少しずつ、確実に進んでいっている。カラス張りの店内なので外から様子を見ることが出来るけれど、意外に店内で食べている人は少ない。その代わり、すごく大きなプラスチック袋を複数手に持って出てくる人の方が多いかも。うーん、こういうファーストフードの場合、出来立てをすぐに食べないと美味しくないと思うのに。同じ希少価値商法のクリスピークリームドーナッツと同じ感覚なのかなぁ?あの大きな箱の。まぁ、外のフードコートで食べていたのかもしれない。

200706039

店の前の大きなロゴ。個人的には、昔のロゴの方が好きだったな。ギッシリと具材が入っているようなイメージだったので。

200706040

メニュー。やはり、Whopperが主力なんだろう。でも、自分はこのメニューをみて非常に悩んだ。定石なら、Whopper with Cheese and Baconなんだけれど、右端のBK Double Bacon Cheeseが気になってしょうがない。あの姿、まさしくアメリカの重量級ファーストフードのハンバーガーそのものなので。でもでも、正気に戻ってまずは看板メニューのWhopper with Cheese and Baconを頼むことに(750円)。どうでもいいけれど、Whopperの場合はCheese and Baconと表記して、BK系はBacon Cheeseって表記されているんだね。

200706041

まずは、トレイの姿から。包み紙にX印がついていて、Whopper with Cheeseにベーコンが追加されたものだということが確認できる。ピクルスを除く野菜類は全て国産である模様。

200706042

斜め上から見た図。やはり、日本の高く積みあがったハンバーガーに慣れた後だと、なんとなく物足りなく感じてしまう。これだけでは中身が見えないので、持ち上げてみる。

200706044

下からパティ、チーズ、ベーコン、オニオン、トマトにレタスの構造。中間点にはピクルスが忍ばせてある。バンズの大きさの関係上、トマトは二切れ入っている。

結局、並び始めてから丁度1時間後に食べることが出来た。意外に待ち時間の表示は正確だった。

で、待ち焦がれた瞬間、一気にガブリと食べてみる。やはり、高さが無い分だけ簡単に食べることが出来るけれど、一番最初に感じるのは直火で焼いたパティの味わい。これは鉄板では出せない独特のスモーキーさが味わえる。そんなに辛味を感じさせないベーコン、そして厚切りのトマト。ファーストフード系のハンバーガーとしては、間違いなく王と呼ばれても不思議ではない味わい。本国との味の違いは良く分からないので、後ほどレポートしたいと思います。本国のBKと一番違うのは、店員さんがカワイイこと。本国の方は色々あるからねぇ・・・。

王が帰還したので、今度は是非ともの降臨を希望します!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

CPK Cobb Salad

毎週火曜日はCPKの日・・・お蔭様で、サラダメニューは残すところあと二つ。いつもと同じ席に案内されて(指定席化してる?)、メニューを軽く流し見する。結局今日選んだのはCPKコブ・サラダ。コブ・サラダとはいろいろな具材をダイスして、盛ってあるサラダの種類。別名、賄いサラダ。このサラダもドレッシングをRanchドレッシングとブルーチーズから選べるみたいなので、ブルーチーズを選択。

200706033

なかなか豪快な盛り付けのサラダが登場。手前から時計回りでダイスされたチキン・ベーコン・トマト・アボカドがレタスの上に盛られている。一番上で異彩を放っているのはゴルゴンゾーラチーズ。

200706035

近影。ツブツブはブラックペッパー。結構強めに入れてもらった。盛られてきた時にはそれぞれ具が分かれているけれど、食べる時はフォークで軽く全体を混ぜて具が散らしてから食べ始めた。ゴルゴンゾーラチーズの味が強いので、最初に横に避けておいて、味にパンチが欲しい時にちょっとずつ食べていった。意外とチキンとベーコンが多めに入っているので食べ応えがあるサラダ。食べ終えた頃にはかなり満腹でした。

これで、最終的に残ったサラダは「Original Chopped」のみ。っていうことで、来週はそれを頼みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

自作バーガー2

昨日初めて作ってみた自作ハンバーガー。昨日仕込んだ具材が残っているので、今日のランチも自作ハンバーガー。昨日の反省点を生かしつつ、徐々に腕を上げていきたい。今日の特別素材はコチラ。

200706019

アメリカCarl's Jr.のバーベキューソース。この最強のバーベキューソースを加えて、BBQベーコンチーズバーガーを作ることにする。目指せ、自作WBC(Western Bacon Cheeseburger)。

200706021

昨日はレタスの積み上げを欲張ってしまい、バランスが悪かった。そこで今日はレタスの枚数は昨日より少なくした。そして、バンズを軽く焼いた後にすぐにマヨネーズ及びバター・タルタルソースを塗って、パティを乗せられる状態でスタンバイ。バンズはよもぎパンを代用したので、少し緑掛かっている。

200706022

蒸し焼きをしているところ。徐々にチーズがとろーりと溶けていくのが見える。上にあるのは同じく蒸し焼きになっている玉ねぎ。

200706023

焼きあがった玉ねぎとパティ部分を乗せて、先ほどのBBQソースを塗る。塗り終わった後にギュっと上から押さえ込んで、第二作目完成!

200706025

横から見た図。昨日よりバランスよく組みあがっている・・・かな?食べてみると、濃厚なCarl's Jr.のバーベキューソースの味わい。ちょっと蒸し焼きの時間を少なめにしたので、中身はミディアムレアの出来上がり。ただ、こねてから半日以上経っているので、少し肉の水分が抜けてしまったかも。普通に美味しく食べました。

今後の課題としては、もう少し大きなサイズのバンズに代用することの出来るパンを探すことと、肉厚のベーコンを探すこと。次は王道のアボカドバーガーに挑戦してみよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

チューボーですよ!より

先週の土曜深夜のチューボーですよ!で取り上げられた「ベーコンチーズバーガー」。いつも美味しく頂いているハンバーガーの作り方を見てしまうと、自分で作りたくなってしまう・・・そこで、具材を調達して作ってみることに。番組のレシピ通りに食材を買ってきた。

200706006

成城学園前駅のOdakyu OXでは、普通の牛100%の挽肉はあるものの、粗挽きの牛100%の肉が置いて無かったので店員さんに聞いたらわざわざ出してくれた。店員さんに感謝。一番困ったのがバンズ。ザイズ的に適したバンズが無かったので、成城石井で売っていたよもぎパンで代用。ちょっと小ぶりだけれど、形・フワフワ感が一番近かったので。

まずはパティ作りから。もちろん、作り方は先週の放送を参考にして。

200706010

ボウルに牛挽肉と牛脂を入れて軽く混ぜ合わせた後に、ボウルに軽く叩きつけるようにして整形する。

200706012

出来あがったパティの原型がコレ。焼く直前に引き伸ばす。いい感じにまとまっている・・・かな?

200706013

次は、タルタルソース作り。Goro's Diner流はタマゴを使わないけれど、タマゴ無しで美味く作る自信が無かったので、ゆで卵+玉ねぎ+マヨネーズ+ケチャップ+レリッシュで作成。塩胡椒での味の調整は無し。

200706014

ハンバーガーに挟む生野菜も用意完了。余ったトマト部分を食べてみたら、甘いっ!

200706015

ベーコン、チーズも切って、仕込みは完了。後は焼くだけ。

しかし、実際に焼く時は、色々と気にすることが沢山合って写真どころじゃなかった。手際よく次々と焼き上げていくのには熟練の技が必要だと実感。パティには塩胡椒を強めに振って、隠し味としてカレー粉とオレガノを忘れずに。蒸し焼きにしてチーズがいい感じになったら、焼きは終了。バンズの上にタルタルソースを塗った後、野菜を敷き、焼いたパティ+玉ねぎを重ねていく。

200706016

積み上げた完成系がコチラ。ハンバーガーっぽくなってる・・・かな?

200706018

最後は、いつも通り横からのショットで。トマトとレタスの位置が逆であったりするけれど、初めて作った割にはそれなりの姿になったかな?

早速食べてみると、カレー粉を使っているので、Goro'sで食べるハンバーガーのような味がした。しかし、やっぱりGoro's Dinerで食べた方が断然に美味しい(当たり前!)。

お店に行けば、10分くらいで出てくるハンバーガー。しかし、実際に一から作ってみることで、その仕込みの大変さ、焼き上げ・積み上げの繊細さを理解することができた。これからは、今まで以上にハンバーガーを美味しく頂き、そして時間があったら自分で色々なハンバーガーを再現していきたいと思う。ハンバーガーを作るのって、意外に楽しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴルゴンゾーラバーガー

今日も美味しいハンバーガーを求めて原宿へ。目指すは、美味しくてバンズの色が綺麗なThe Great Burger。ランチタイムだと1,000円でスープとドリンクが付いてきて、オトクな感じ。一部の重量級のハンバーガーは対象外だけれど、今まで食べたいと思っていたゴルゴンゾーラバーガーが対象メニューだったので、迷わずにそれをオーダー。ちなみに、お腹が空いている場合はポテトの増量も無料で出来るみたい。ランチタイムはオトクだね。

200706004

運ばれてきたのが、相変わらず綺麗なバンズが光るハンバーガー。

200706005

とろーり溶けているゴルゴンゾーラチーズが視覚的にも嗅覚的にも印象的なハンバーガー。一口目から、ゴルゴンゾーラの強烈な個性が光る。個人的にはこの手のクセのあるチーズが大好きだけれど、苦手な人もいると思うので、好き嫌いがハッキリしそうな一品。ガツンとクセのあるチーズで攻められたあと、肉汁溢れるパティと甘みのあるバンズの味わいがジワジワと効いていく。ハンバーガーの美味しさの組み立てとしては、かなりの正攻法の攻め。

店に入ったときは雨が降っていたけれど、この美味しいハンバーガーを食べて気分もスッキリしたせいか、その後は雨も降ることなく快適に過ごすことが出来た。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

California Club

今日は朝と夜に電話会議が二件。もちろん、朝の電話会議後はCPK@ラゾーナへ。最近、いつも同じ席に案内されるような・・・。この前、ふとCPKのホームページを見ていたらサラダ風のピザがもう一つあることに気づいたので、今日はCalifonia Clubを頼むことに(1,680円)。

Califonia_club

久しぶりにCPKのピザを頼んだけれど、デカい・・・。一瞬、夜食用に少し残してテイクアウトしようかと思ったけれど、やっぱり出来たてが一番おいしいと思うので、一気に食べることにした。事務所でピザ食べるのもヘンだしね。

Califonia_club2

下地のピザの部分はちゃんとモッツァレラチーズを使って焼かれていて、チーズピザ状態。その上に、マヨネーズで和えられたコールスロー状態のキャベツとトマト、アボカド。味に変化をつけるために、 グリルドチキンとスモークベーコンがトッピングされている。シラントロは使われていないので、香菜が苦手な人も大丈夫。

ピザ生地はノーマルなクラストのため、食べ応え充分。チキンとベーコンの肉の味わい以外はとってもサッパリした味わい。大きく大胆にカットされたアボカドがまろやかに全体を包み込むような感じ。野菜類のトッピングの量が多いので、最初に少しトッピング部分を食べてからピザ生地ごとガブリと食べたほうが食べやすいかも。

なんだかんだ言って、全部食べられた。夜の電話会議8時からだったので、ロクに夕食も食べられなかったことを考えると、昼食にガッツリと食べられたのが良かったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

空振り!!

先週の土曜日夜のチューボーですよ!で見事に三つ星を獲得することのできた「ベーコンチーズバーガー」。ベーコンチーズバーガーを作るに際して、「街の巨匠」として登場したのがGoro's Diner。店名と場所がバッチリ表示されたので、さぞかしテレビの効果で夜も混んでいるんじゃないか、と期待と不安が混ざった状態で夜の外苑前へ。いつも通りキラー通りを上っていって、お店に到着・・・けれど、いつもとちょっと雰囲気が違う・・・入り口を塞ぐように椅子が置いてあるけれど、なんだろう?

Goros

よく見てみると・・・

Goros2

ガーン。う、売り切れですか?

軽く店の前で固まっているところをマスターに見つかり、中に入れてもらう。どうやら、バンズが全て捌けてしまい、今日はもうハンバーガーが作れなくなってしまったとのこと。恐るべし、テレビの力・・・。どうやら、放送後翌日の日曜日は夕方に、今日は7時頃に全て売り切れてしまったとのこと。視聴率も良い番組なので、やはり宣伝効果は抜群なんだろうね。そして、試しに食べた人たちの口コミで更に広がっていくことを考えると・・・。気軽に行けなくなるかも。

結局、ハンバーガーを食べることはできなかったけれど、コロナを飲みながらマスターから色々お話を伺うことができたので、とても楽しかったです。でも、お腹すいた・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

VGN-TZ90NSのカバン

到着してから一週間経って、徐々に動作が安定してきた新しいVAIO。VISTAはXPのように完全にシャットダウンさせないで、スタンバイ→復帰させるような使い方なので、慣れてくると意外に快適。

基本的にAeroなどのエフェクト系はデフォルト設定(オン)のまま、Firefox+iTunes+メッセを起動させている使い方で、メモリ使用量は55%(2GB中)。やっぱり、Vistaを使うときは1GBでは足りないのね・・・。DVDを視聴中はメモリ使用量は80%に跳ね上がる。メモリにキャッシュしているからかな。。ReadyBoostも使いたいけれど、適切なフラッシュメモリを手に入れていないので、今のところは保留。思ったより快適だから必要ない、っていう話もあるけれど。

ノートPCは外出させてこそ存在価値がある(特に、スリムモバイルのVAIO Tシリーズは)けれど、適切なカバンが無かった+設定中なのでお出かけは今のところなし。ただ、友人のT氏がサンフランシスコに遊び受験しに行っているので、VAIO用のカバンを買ってきてもらうことにした。TUMIのモデル26111。ほとんどPCしか入らないようなスリムなカバンなので、VAIO Tのコンセプトともピッタシ。アメリカでは235ドルで売っているらしい・・・日本価格、高すぎ!

ありえないとは思うけれど、VAIO TがTUMI26111に入らなかったらどうしよう・・・。一応カタログスペック上は大丈夫だけれど、キツかったら嫌だなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 1日 (金)

Mushroom Cheese Burger

会社帰りは、丸ビルのWeST PArK CaFEへ。ランチタイムもかなり活気があって混んでいるお店だけれど、夜になると入り口付近のスタンディングバーには人が群がるように集まっている。絶対座れないなぁ、と思いつつ席があるか確認してみると、奇跡的に席が開いていた。

メニューを見ると、チャイニーズチキンサラダ(ハーフ)があったので、それとマッシュルームバーガー(1,400円)を頼む。

West_park_cafe_chinese_chicken_salad

これがWeST PArK CaFEのチャイニーズチキンサラダ。それにしても、ハーフサイズを頼んだのに、お皿いっぱいに盛られてきて軽くびっくりする。クルクル巻かれた揚げワンタンや、ピーナッツ、甘めのドレッシングにシラントロ。CPKのに比べて、甘さ控えめ、シラントロの量も控えめかな。

West_park_cafe_mushroom_burger


そして、メインがこのマッシュルームチーズバーガー。代々木上原の本店に行ったときに、使われているバンズが違ったので、丸の内店も同じく変えたのかと思ったら、今までどおりのゴマたっぷりのバンズが使われていた。あの独特のサクサク感のあるバンズは本店限定なのかな?

ミディアムレアに仕上げてもらったこのハンバーガー。一口目からパティのスモーキーな味わいを楽しむことができる。ミディアムレアなので、噛んだときの肉汁もジュワっと。紙袋を上手く活用しないと、服にこぼしそうでちょっと怖い(店内が暗いこともあって)。パティの力強さに圧倒されて、ちょっとマッシュルームの存在感が隠れてしまったけれど、食べた後にとても満足感が残るハンバーガー。

ちなみに、丸の内店でもハバネロバーガーはメニューにあったので、代々木上原店限定ではないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Classic Ceaser Salad

今日も川崎に午前中用事があったので、ランチはCPKで。クラシック・シーザーサラダにチキンをトッピングしたものを頼む(1,400円)。本を読みながら、サラダが運ばれてくるのを待つ。

Classic_ceaser_chicken

これがCPKのシーザーサラダ。上に乗っかっているのがトッピングしたチキンだけれど、かなりのボリューム。同じ200円でも、アボカドのトッピングとチキンのトッピングだとボリュームがぜんぜん違う。

Classic_ceaser_chicken2

これぞシーザーサラダ、という味わい。シーザードレッシングもイイ感じにサラダ部分と和えてある。CPKのクルトンはちょっと大き目のサイズでちょっぴりガーリックの匂いがする。トッピングのチキンの効果もあって、食べた後はかなり満腹に。

まだ食べてないサラダはOriginal ChoppedとCobb Saladのみか・・・。本家アメリカのHPに乗っているサラダ、魅力的な響きのものばかりだけれど、日本には登場しないのかな・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »