« 峰屋のパン | トップページ | ヴォーナボッカ »

2007年3月 4日 (日)

WBCを求めて 4

来週は大変そうなので、気分を紛らわすためにWBCを求め駒澤大学のAS CLASSICS DINERへ。前回行った時は場所が分からなかったので不安感を持ちながら道を歩いていたけれど、今回は目標に向かって一直線に歩いていった。

店に着いて、最初から決めていたベーコンチーズバーガーにBBQソース掛けを頼もうとすると、ベーコンが品切れとのこと。確かに、メニューには自家製と書いてあるものの、本当に品切れになるとは予想していなかったので、ちょっとテンパる。代替の品を選ぶべく、メニューを見渡すと、オニオン&マッシュルームバーガーが目に留まる。グリルされたオニオンが乗っているとのことなので、これにBBQソースをトッピングすればある程度WBCを再現できるだろうと思い、プラスBBQソース(105円)でオーダー(1,470円)。

200703006

暫くして、オーダーした品が登場。

200703007

スイスチーズの上にBBQソースがドカドカと乗っかっている。ここで、チェダーチーズではないことに気づく。紙袋に収めて食べてみると、ちょっぴりスパイシーな甘みを控えたバーベキューソースの味わいがガツンと来る。しかし、チェダーに比べれば控えめなスイスチーズに加え、やっぱりベーコンが無いと全体的な味のバランスが取れない。例えるならば、若き日のマイケル・ジョーダンが一試合35点を取り続けてもチームは勝てなかったのと同じで、やはり脇を固める役者が揃って絶妙なバランスを作らないとWBCは作れないことを実感。もしかしたら、バーベキューポークリブ&ビーフバーガーをベースにした方がWBCっぽくなったかも・・・と色々なことを考えてしまった。昨日テレビで直感の70%は正しい、って言っていたけれど、今日はハズレの30%を引いてしまったみたい・・・。

また近いうちに出直して、AS CLASSICS DINERさんのWBC(ベーコンチーズバーガー(チェダーチーズ)+オニオン+BBQソース)をオーダーすると固く誓って、店を出ました。

|

« 峰屋のパン | トップページ | ヴォーナボッカ »

02. チーズ系ハンバーガー」カテゴリの記事

05. 特製ハンバーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105143/14135903

この記事へのトラックバック一覧です: WBCを求めて 4:

« 峰屋のパン | トップページ | ヴォーナボッカ »